食事療法、運動療法そのつぎに薬物療法

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

先日の糖尿病内科の診察でした。HbA1cは 6.0% でした。前回は6.8だったから大幅に改善。
先生も「いいね、いいね」と連発。

低血糖のデータを見せて、インスリンを7単位から血糖値を見ながら6単位へと変更。

「地域の糖尿病医の中であなたのことが話題になっているよ。手術で膵頭部しかないのに9年間もインスリンなしで管理できてきて、インスリンを初めても極少量で済んでいる。こんな患者はめずらしいんだよ」

ってことらしい。

「不思議なんだよなぁ?」といつものように異邦人でも見るような眼で私を見る。

カロリー制限食だったらこんなに良好な血糖値管理はできなかったはず。糖尿病医の先生方もそろそろカロリー制限食の限界を認識してほしいものだ。

ま、いいじゃないですか。管理できているのだから。それなりに努力しているんだよね。私は。

医療は第一に「食事療法」、「運動療法」それで足りない部分を「薬物療法」だと考えている。薬が快刀乱麻の如く一切の症状を治してくれるなんて、期待してはいけない。薬は少なければ少ないほどよいという、私はミニマリストである。がん治療でも基本は同じだ。

病気は医者は薬が治すのではない。治すのは自分自身であり、医者や薬はその手助けをするだけ。手術ができた、抗がん剤をやっているからと、それで安心している患者は少ないと思うが、食事や運動、睡眠を疎かにしていては、治るはずもない。


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 体重が60キロを超えた体重が60キロを超えた インスリンを打ち始める直前の体重は55.4kgだったのが、徐々に増えて、2ヶ月あまりで60.3kgにと約5kgも増えた。 インスリンの効果ってすごいですね。これまで […]
  • ブラン入り食パンで血糖値が-50mg/dLブラン入り食パンで血糖値が-50mg/dL 最近のHbA1cは6.2%程度で推移しています。インスリンは、時効型のトレシーバを朝1回のみで8単位を打ってきましたが、現在は6単位に減量しています。 6月になれば […]
  • インスリン注射になるのかなぁ?インスリン注射になるのかなぁ? 「たくみの里 マッチ絵の家」にて […]
  • 血糖値が高いと、充分ながん治療が受けられない血糖値が高いと、充分ながん治療が受けられない がん患者は糖尿病を併発している 東京築地の国立がん研究センター中央病院でも、糖尿病を合併する患者は多いようで、入院病床600のうち、約60人は糖尿病を合併しているそうです。 […]
  • 糖質22gの、すき家のロカボ牛麺糖質22gの、すき家のロカボ牛麺 血糖値管理ではお昼の外食に悩みます。たまには奮発していきなりステーキに行きますが、毎日は無理です。 そこですき家の牛丼ライト(ご飯の代わりに豆腐)にしています。柚子の香りが […]
  • ビタミンDで2型糖尿病患者の血糖値が改善ビタミンDで2型糖尿病患者の血糖値が改善 ビタミンDの抗がん作用については、このブログでも何度も取りあげていますが、2型糖尿病の血糖値管理にも有効なようです。 血糖値とインスリン抵抗性が改善 2型糖尿病患者へ […]

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA