北大とNIHが光免疫療法の仕組みを解明


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

光免疫療法のニュースが続いています。

光を当ててがんの治療を試みる「がん光免疫療法」の詳しい仕組みを解明したと米国立衛生研究所(NIH)や北海道大などのチームが6日、発表した。がん細胞にくっついた薬の形が光によって変形し、がん細胞の膜を傷つけ破壊していた。

新聞社のニュースでは簡単すぎて詳細が分かりませんが、こちらのサイトに詳しく書かれています。(北大はerrorになる)

光免疫療法は,全く新しい光化学反応を用いた細胞の殺傷方法であり,近赤外光が狙った細胞上にある「デス・スイッチ」をONにして選択的に殺すことができることを証明した論文を発表した。
光免疫療法ではIR700という化学物質を抗体に結合させた薬剤を用いる。研究グループは光反応によるIR700の化学構造変化に着目し,質量分析装置・原子間力顕微鏡などによる解析を行い、この結果,光化学反応によるIR700の化学構造変化とそれによる物性変化が,抗体の結合した細胞を殺す「デス・スイッチ」の本体であることを突き止めた。光免疫療法では,がん細胞膜上で近赤外光のリモコンでこのスイッチをONにすることで,がん細胞膜のみ殺傷することができる。

なお,本研究成果は,米国東部時間2018年11月6日(火)公開のACS Central Science誌に掲載された。

ACS Central Science誌に掲載された論文です。

光化学反応は、反応した分子の物理的特性を劇的に変える可能性がある。 この研究では、近赤外(NIR)光が、軸方向のリガンド放出反応を誘発し、シリコンフタロシアニン誘導体(IR700)色素の親水性を劇的に変化させて、コンジュゲートの形状の変化および凝集傾向水溶液中で行う。 この光化学反応は、分子標的癌治療薬として最近開発されたNIR光免疫療法(NIR-PIT)によって誘導される細胞死の主要なメカニズムとして提案されている。 抗体-IR700コンジュゲートがその標的に結合すると、NIR光による活性化は、細胞膜内に物理的ストレスを誘導すると考えられる抗体抗原複合体の形状の物理的変化を引き起こし、膜貫通水流の増加をもたらし、最終的に細胞破裂および細胞死を誘導する。

島津製作所のリアルタイム顕微鏡によって仕組みが解明された。

  • NIR光に曝露されると、標的細胞は高度に選択的に壊死/免疫原性細胞死(ICD)を迅速に受ける。
  • ICDは治療の1分後に早期に起こる。光照射の数分以内に標的細胞膜の腫脹、泡立ち、および破裂が観察された。
  • NIR-PITによって誘導されるICDは、死んでいる癌細胞に隣接する未成熟樹状細胞を急速に熟成させ 、宿主抗癌免疫応答を開始する。
  • これは、標的細胞および隣接する非標的細胞の両方において壊死とアポトーシスとの組合せを誘導し、免疫応答ではなく炎症を生じる傾向がある光線力学療法とは非常に異なる。

光線力学療法との違いも解明されつつあるようで、樹状細胞を急激に熟成させることによって、転移したがん細胞を攻撃できる仕組みの解明にもつながります。

ますます期待が大きくなります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「Love is Over」の替え歌「Love is Over」の替え歌 「Love is Over」の替え歌だけど、この人、上手いね。 笑いながら、忌野清志郎さんのことを思い出した。 「浪速の歌う巨人 […]
  • がん患者は、食品の放射能汚染をどこまでなら許容できるか?がん患者は、食品の放射能汚染をどこまでなら許容できるか? 明日から一泊で信州・渋温泉へ旅行です。紅葉はちょうど見ごろですが、あいにくの雨の予想です。29日のチェロ発表会に向けて練習にも熱を入れているので、ブログの更新が滞っています。 […]
  • 朝日がん大賞?山下氏受賞に福島県民ら抗議朝日がん大賞?山下氏受賞に福島県民ら抗議 日本対がん協会(垣添忠生会長)が9月1日、今年度の朝日がん大賞には長崎大学大学院教授で、7月に福島県立医科大学副学長に就任した山下俊一氏(59)を選んだと発表したことに対し、「子 […]
  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3)米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3) 米国対がん協会ガイドライン『「がん」になってからの食事と運動』では、がんの食事療法の有効性をきちんとした科学的方法で評価することは難しい、と言っています。第一版が発行されて以来新 […]
  • 人生に点数をつけない人生に点数をつけない 私たちの心のどこかに、点数をつけたがる自分がいる。今日の散歩の歩数を記録して「ま、今日は結構歩いた」とか、会社には売上目標があり成績グラフがある。役職があり、課長よりは部長の方が […]
  • 今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」 生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。 ’06年にコータ […]
  • イカサマ治療にだまされる患者イカサマ治療にだまされる患者 科学的根拠のない似非医療、いかさま治療に騙されて犠牲になる患者が後を絶ちません。 先日の記事『白衣を着た詐欺師』でも書きましたが、イカサマ免疫療法だけでなく、怪しげ […]
  • 里帰り里帰り 高知県安芸市土居の「野良時計」 週末に高知に里帰りしました。台風11号の接近で帰りの飛行機が欠航にならないかとやきもきしましたが、直前の便は欠航になったが私 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です