スポンサーリンク

Eテレ:サイエンスZERO「生命維持の要 エクソソーム」

LINEで送る
Pocket

今夜23時放送のEテレ、サイエンスZERO「生命維持の要 エクソソーム」、リキッド・バイオプシーで遺伝子異常を検出して、キイトルーダが使えるようになるのですが、リキッド・バイオプシーはそれだけではなく、さまざまな応用が期待されています。

医療に大変革を起こすであろう「エクソソーム」とは、各臓器の細胞がお互いにやりとりするためのメッセージカプセル。そうした最先端の話題をわかりやすく解説しています。

金魚さんが詳しく紹介してくれていますが、この番組は今年の3月に放送されたものの再々放送です。

なので、私は録画をしてありました。そこから、がん患者に有益な部分を画像付きで紹介します。遺伝子医療が本格化する今だからこそ、見ておきたい番組ですね。

エクソソームとは、ほとんどの細胞で分泌される直径 50nm ~ 150nm 程度の膜小胞です。 脂質二重幕で構成されていて、その中にはmRNA(マイクロRNA)が入っています。

近年、エクソソームは、離れた細胞や組織に情報を伝達するための役割を担っている可能性が指摘されています。

mRNAはアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、ウラシル(U)の4種、22個の塩基で構成され、その組み合わせで伝える情報が変化します。

がん治療への期待

がん細胞自身もエクソソームを分泌していて、二つの役割を果たしていると考えられています。一つはエクソソームを使って、血管新生を促し、がん細胞に酸素や栄養を供給しやすくすること。

もう一つは、免疫細胞にエクソソームを送って、がん細胞を攻撃しないように指令を伝えること。

このがん細胞がエクソソームを使う特徴を逆に利用して、がん細胞の転移を押さえ込むことができるかもしれない。

がん細胞に特殊な抗体を張り付けると、

がん細胞が免疫細胞を騙すために放出したエクソソームが、逆にがんの目印となり免疫細胞によって攻撃されやすくなる。

この方法をマウスを使って行った実験では、抗体の目印のあるがんを持ったマウスの転移がん細胞の数は、持たなかったマウスと比較して90%も減少した。

がんの早期発見

一滴の血液のエクソソームを分析することによって、膵臓がんなど13種類のがんを早期に発見できる。これがいま、リキッド・バイオプシーと言われているものです。

全世界でその研究開発が進んでおり、さまざまな方式がありますが、国立がん研究センターのmRNAを使ったものは2020年を目標に開発がされています。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • iPad狂想曲 Googleリーダーに登録してあるパソコン関係の記事は、このごろiPad一色の様相である。しかし、私にはiPadの使い道が分からない。いや、新しいデジタル機器は嫌いな方ではないし […]
  • 丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法 話題の丸山ワクチンですが、なかには「主治医が協力してくれない。そのような治療をするのなら、別の病院に行ってください」と言われたという例があります。 また、治験担当医 […]
  • 非小細胞肺がんの体幹部定位放射線治療非小細胞肺がんの体幹部定位放射線治療 非小細胞肺がんに対する体幹部定位放射線治療の使い方について、アメリカ臨床腫瘍学会(ASCO)が推奨を出しました。 肺がんの治療にも使われる体幹部定位放射線治療は、狙った場所 […]
  • 憲法九条と「イカの哲学」 中沢新一が、太田光との共著「憲法九条を世界遺産に」のあとがきで、「生命論とのかかわりで見たとき、憲法九条はそのような別種の生命原理に対応しているのではないか・・・」といったと […]
  • 膵臓がんの記事が豊富な佐藤典宏先生のブログ膵臓がんの記事が豊富な佐藤典宏先生のブログ 次回の『膵臓がん患者と家族の集い』で講演をお願いしている佐藤典宏先生のブログ『「がん」をあきらめない人の情報ブログ』を閲覧されている方は結構多いですね。 なにしろ、 […]
  • アメリカにも見放された!アメリカにも見放された! アメリカ大使館が、日本にいる米国人に対して帰国準備を急ぐようにとホームページで呼びかけています。 この中でアメリカ大使館は、「日本政府が広範囲に検査を行わないと […]
  • 玄米は炎症を抑え、がんに効く玄米は炎症を抑え、がんに効く 安西さんの「米国統合医療レポート」の紹介です。「全粒穀物で炎症レベルが低下」で、体内の炎症レベルを反映するCRP値と全粒穀物の摂取量との関係を調べたメリーランド州の研究者の調査結 […]
  • ファシズムは笑顔でやってくるファシズムは笑顔でやってくる ショスタコーヴィチの交響曲第7番『レニングラード』を聴いている。バーンスタイン指揮のシカゴ交響楽団の名演奏。世界一パワフルなオーケストラといわれるシカゴ交響楽団の第1楽章は、消え […]
LINEで送る
Pocket

Eテレ:サイエンスZERO「生命維持の要 エクソソーム」” に対して2件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    PCが突然のご臨終を迎え、ブログ巡りもままならなかったのですが、ようやく回復しました。
    今更ですが、再放送だったのですね~
    さすが師匠!
    ご紹介ありがとうございます。
    エクソソームは、ますます研究されていく感じですが、がんの目印をつけて攻撃の効率を上げる方向と、転移を抑制する方向の双方向に発展してほしいものですね。

    無事に新しいPCに慣れつつあり、古い2009年のものがバッテリーも快調なので、ついでにSSDに変えて、何かの時には使いやすくしておこうとチャレンジ中です。OSは8.1じゃないと10は無理そうですが、予備なら十分かなと。
    どうやら前機のレッツノートAX3は完全に外れのPCだったみたいで、バッテリー替えるくらいではどうにもならなそうなダメージがありそうです。。。放電しても動かないので(とほほ)。
    機械おんちなので、何かと大変です。。

    1. キノシタ より:

      金魚さん。ブログで拝見してまして、PCの寿命ですかね。それとお友達の不幸もあり、続きますね。
      私も2009年製の富士通ノートPCを使ってますが、OSは7から10へ無料アップグレードして、SSDに載せ替えメモリも追加したら、起動も速いし快適に使えています。主にデジタルオーディオ用ですが、たまには持ち出してパワポを使ったりします。

      Windows8.1から10へは、アップグレードツールを使えば今でも可能かもしれません。敷居は高いですが、可能なら試しても良いかも。でも失敗したときの回復がたいへんですかね。
      https://eizone.info/windows10-free-upgrade/

      寒くなりました。体調にお気を付けて活動してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です