中村祐輔先生の『がん消滅』

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

本屋にも平積みされていましたね。読了しました。

遺伝子治療について分かりやすく説明をされていますが、専門用語が出てくるのはしかたないですね。しかし遺伝子、ゲノム、DNAなどの区別が曖昧であっても、分かるように丁寧に説明されています。

リキッド・バイオプシーによってさまざまなことが可能になる、そうした展望も期待が膨らみます。

がんの早期発見にも使え、卵巣がんや肝臓がんの検出率は、ほぼ100%です。しかし、膵臓がんでは30~40%と、高くありません。

がんの話しからはズレますが、受精卵を操作するゲノム編集には反対の立場を明らかにしています。ゲノム編集が本当に他の遺伝子に影響がないかどうか疑問視されているからと書かれています。

一方で、中村先生のブログでは、

私は国際的な食糧事情を考慮すれば、遺伝子操作であれ、ゲノム編集であれ、食料を確保する観点で、そして、健康寿命を延ばす目的でも、機能性食物の生産や効率的な食糧生産体制は、国として取り組むことが必要だと思っている。

と書かれていますが、私にはこの違いがよく分からない。食品は良いが、受精卵はダメなのだろうが、食品でも本当に他の遺伝子に対して影響がないのだろうか。ヒトも植物も同じ生物なのだから。

期待を集めているネオアンチゲン療法ですが、その原理を生かした「オーダーメイド樹状細胞ワクチン療法」について、福岡がん総合クリニックでの腎臓がんの肺転移が、6クールの投与後にほぼ消失したという例を、画像付きで紹介されています。

数百億円が必要となる臨床試験を行うことができないから、こうした自由診療で実績を積んでいこうという考えのようです。

できればその自由診療の費用も紹介して欲しかったのですが、福岡がん総合クリニックやビオセラ・クリニックのサイトでチェックすると、「2クール(8回)の目安 310万円程度(税抜)」とされています。

遺伝子解析の結果から、ネオアンチゲン候補となるタンパクを推定し、さらにそこから患者一人一人の遺伝子型(HLAタイプ)に合わせてネオアンチゲンペプチドの候補を、選び出すという膨大な作業が必要になります。高速コンピューターの助けを借りないと、なかなかできるものではありません。

そのために費用が膨らむのです。コンピューターがより高速になれば費用も下がるのかもしれません。

画像の腎臓がん患者は6クールで消失した例ですが、それには約1000万円必要だったわけです。

免疫療法は効果が出るまでにある程度の時間が必要です。樹状細胞の培養にも数週間かかるので、その間に亡くなる方もいると書かれています。

効果が出ても消失までに到らなければ、治療を延々と続けることになりますから、相当の資産のある患者でなければ難しいでしょうね。数年間続けるといくらの費用になるのか。

また、新鮮な腫瘍組織が必要なことも、対象となる患者が限られる原因となっています。

大きな期待が持てるゲノム医療ですが、まだまだ課題は山積しています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 市民公開講座「ゲノム医療が導くがん治療の未来」市民公開講座「ゲノム医療が導くがん治療の未来」 台風19号の影響で中止になっていた国立がん研究センター東病院の『市民公開講座「ゲノム医療が導くがん治療の未来─国立がん研究センター東病院の取り組み─」』が改めて開催されま […]
  • 市民公開講座 動画配信市民公開講座 動画配信 6月に行われた「第17回日本臨床腫瘍学会学術集会における市民公開講座」の動画が、YouTubeに8月21日に公開されていますね。私も申し込んだのですが、ちょうどSmile […]
  • 遺伝子解析は全ゲノム検査へ遺伝子解析は全ゲノム検査へ 日経の記事を見ると、遺伝子検査でイギリスは一番進んでいる。 日本の遺伝子パネル検査はせいぜい数百の遺伝子解析だが、イギリスは 国民医療制度(NHS)の下で […]
  • 臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える 転移・再発した膵臓がん患者の方に朗報です。 NTRK融合遺伝子陽性の固形がんに対する国内で初めての治療薬 中外製薬の9月4日付ニュースリリースによると、 「NTRK融合遺伝 […]
  • GI-SCREENからMONSTAR-SCREENへGI-SCREENからMONSTAR-SCREENへ 産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」の第三期プロジェクトを開始すると、国立がん研究センターのサイトに発表されています。 消化器がん […]
  • 今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔 岩木一麻の小説に『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』という作品がありましたが、こちらは中村祐輔先生が、ゲノム医療やリキッド・バイオプシー、ネオアンチゲンについて解説した著作です […]
  • ウイルス療法の第3相試験に中止勧告ウイルス療法の第3相試験に中止勧告 腫瘍が縮小=延命効果がある、とはならないのががん治療の世界です。 (T-VEC)も、無増悪生存期間(PFS)については統計学的有意差はなく(従って、全生存期間(OS)の延長 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です