中村祐輔先生の『がん消滅』


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本屋にも平積みされていましたね。読了しました。

がん消滅 (講談社+α新書)

がん消滅 (講談社+α新書)

中村 祐輔
990円(09/19 04:36時点)
発売日: 2019/09/21
Amazonの情報を掲載しています

遺伝子治療について分かりやすく説明をされていますが、専門用語が出てくるのはしかたないですね。しかし遺伝子、ゲノム、DNAなどの区別が曖昧であっても、分かるように丁寧に説明されています。

リキッド・バイオプシーによってさまざまなことが可能になる、そうした展望も期待が膨らみます。

がんの早期発見にも使え、卵巣がんや肝臓がんの検出率は、ほぼ100%です。しかし、膵臓がんでは30~40%と、高くありません。

がんの話しからはズレますが、受精卵を操作するゲノム編集には反対の立場を明らかにしています。ゲノム編集が本当に他の遺伝子に影響がないかどうか疑問視されているからと書かれています。

一方で、中村先生のブログでは、

私は国際的な食糧事情を考慮すれば、遺伝子操作であれ、ゲノム編集であれ、食料を確保する観点で、そして、健康寿命を延ばす目的でも、機能性食物の生産や効率的な食糧生産体制は、国として取り組むことが必要だと思っている。

と書かれていますが、私にはこの違いがよく分からない。食品は良いが、受精卵はダメなのだろうが、食品でも本当に他の遺伝子に対して影響がないのだろうか。ヒトも植物も同じ生物なのだから。

期待を集めているネオアンチゲン療法ですが、その原理を生かした「オーダーメイド樹状細胞ワクチン療法」について、福岡がん総合クリニックでの腎臓がんの肺転移が、6クールの投与後にほぼ消失したという例を、画像付きで紹介されています。


スポンサーリンク

数百億円が必要となる臨床試験を行うことができないから、こうした自由診療で実績を積んでいこうという考えのようです。

できればその自由診療の費用も紹介して欲しかったのですが、福岡がん総合クリニックやビオセラ・クリニックのサイトでチェックすると、「2クール(8回)の目安 310万円程度(税抜)」とされています。

遺伝子解析の結果から、ネオアンチゲン候補となるタンパクを推定し、さらにそこから患者一人一人の遺伝子型(HLAタイプ)に合わせてネオアンチゲンペプチドの候補を、選び出すという膨大な作業が必要になります。高速コンピューターの助けを借りないと、なかなかできるものではありません。

そのために費用が膨らむのです。コンピューターがより高速になれば費用も下がるのかもしれません。

画像の腎臓がん患者は6クールで消失した例ですが、それには約1000万円必要だったわけです。

免疫療法は効果が出るまでにある程度の時間が必要です。樹状細胞の培養にも数週間かかるので、その間に亡くなる方もいると書かれています。

効果が出ても消失までに到らなければ、治療を延々と続けることになりますから、相当の資産のある患者でなければ難しいでしょうね。数年間続けるといくらの費用になるのか。

また、新鮮な腫瘍組織が必要なことも、対象となる患者が限られる原因となっています。

大きな期待が持てるゲノム医療ですが、まだまだ課題は山積しています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(54)『期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! 』今日の一冊(54)『期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! 』   久しぶりの「今日の一冊」ですが、まだ発売前の本です。膵臓がんへのナノナイフ手術の第一人者森安史典医師へのインタビューをまとめた本です。 森安史典( […]
  • 膵臓がんにゲルソン療法は危険です。膵臓がんにゲルソン療法は危険です。 がん患者に人気のあるゲルソン療法 がん患者の中には、ゲルソン療法に関心のある方、ゲルソン療法をやっておられる方も多いのでしょう。 済陽式や星野式のゲルソン療法などは結 […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(2)エビデンスだけでがん治療ができるのか?(2) ガイドラインにはエビデンス(科学的な根拠)・レベルが、質の高いものから、 Ⅰ システマティック・レビュー/RCT のメタアナリシス Ⅱ 1 […]
  • ビタミンCビタミンC Linuxの開発者リーナル・トーバルズは、彼の父親がライナス・ポーリングの信奉者だったことから命名されたそうです。ポーリングは個人で二つのノーベル賞(化学賞、平和賞)を受けた数少 […]
  • 3件の膵臓がんの臨床試験結果3件の膵臓がんの臨床試験結果 久しぶりに、オンコロで膵臓がんの記事がアップされています。それも3件同時に。しかし、肯定的な結果は1件のみとなりました。 ・転移性膵がん患者が対象の第1/2 […]
  • 治らなくても「敗北」ではない治らなくても「敗北」ではない 秋明菊(シュウメイギク)<群馬県・赤城自然園にて> 土日には赤城ー四万温泉ー吾妻渓谷ー榛名湖を回ってきました。 榛名湖と榛名富士:紅葉ピーク。 […]
  • ビターチョコで血管新生を押さえる 【2月12日 AFP】赤ワインとチョコレートはがん治療薬になりうるとする研究結果が、米カリフォルニア(California)州ロングビーチ(Long […]
  • また低血糖、何か身体のシステムが変わった予感が・・・また低血糖、何か身体のシステムが変わった予感が・・・ 先月低血糖になったので、朝一回だけの持効型のインスリンを7単位から6単位に減らしたのですが、それでも夕食前にまた低血糖の予感。 測定してみると51mg/dL ブドウ糖 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です