ペグコンポジションー調弦が劇的に楽になった。

空気が乾燥していると、チェロのペグが固くなって回しづらい。弦を調整しようとしても糸巻きがパキパキとする。

チョークを塗ればよいとも言われるが、ネットで評判が良さそうな糸巻き潤滑剤(ペグコンポジション)を買ってみた。形は口紅のよう。

W.E. Hill ペグコンポジション 糸巻き潤滑剤

W.E. Hill ペグコンポジション 糸巻き潤滑剤

1,600円(01/27 17:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

ここまで劇的に変わるとは、思っていなかった。

最初は塗りすぎて、糸巻きがするすると回転して緩んでしまう。一度拭き取ってやり直し。

ペグとペグ穴の円周上の3ヶ所程度に軽く塗るのがコツのようだ。

スムーズに軽く回るのに、ピタッと固定して緩んでこない。

これまでは、楽器を1週間も出さないでおくと、相当緩んで調弦の必要があったのだが、これを塗ってからは、チェロを出してすぐにレッスンを始めることができる。

一個あれば、一生もちそうだ。

バッハの「アリオーソ」カンタータBWV152を軽くおさらい。

 


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す