スポンサーリンク

ペグコンポジションー調弦が劇的に楽になった。

空気が乾燥していると、チェロのペグが固くなって回しづらい。弦を調整しようとしても糸巻きがパキパキとする。

チョークを塗ればよいとも言われるが、ネットで評判が良さそうな糸巻き潤滑剤(ペグコンポジション)を買ってみた。形は口紅のよう。

W.E. Hill ペグコンポジション 糸巻き潤滑剤

W.E. Hill ペグコンポジション 糸巻き潤滑剤

1,399円(10/16 08:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

ここまで劇的に変わるとは、思っていなかった。

最初は塗りすぎて、糸巻きがするすると回転して緩んでしまう。一度拭き取ってやり直し。

ペグとペグ穴の円周上の3ヶ所程度に軽く塗るのがコツのようだ。

スムーズに軽く回るのに、ピタッと固定して緩んでこない。

これまでは、楽器を1週間も出さないでおくと、相当緩んで調弦の必要があったのだが、これを塗ってからは、チェロを出してすぐにレッスンを始めることができる。

一個あれば、一生もちそうだ。

バッハの「アリオーソ」カンタータBWV152を軽くおさらい。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • BRCA遺伝子変異のある膵癌にオリパラブが有効BRCA遺伝子変異のある膵癌にオリパラブが有効 これもASCOで発表された演題ですが、BRCA遺伝子の変異がある膵癌患者に、PARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)阻害剤のオリパラブが有効との発表です。 転移 […]
  • 『サイレント・ブレス』を読んで『サイレント・ブレス』を読んで 『サイレント・ブレス』の作者南杏子さん(ペンネーム)は都内の終末期医療専門病院に勤める現役の内科医師で、この小説がデビュー作です。この病院では、末期の患者にはタバコもアル […]
  • 「クローズアップ現代」とがん医療「クローズアップ現代」とがん医療 だらしない写真です。大寒のこのごろですが、窓からの陽をいっぱいに受けて裸足のままクラシックに陶酔しています。 ぽかぽかと暖かくて、音楽をバックにいつのまにかうとうと […]
  • シュレベールの箴言(10)シュレベールの箴言(10) 私たちの貴重な白血球を強化できるものはすべて、腫瘍の成長を拒むこともできる。 要するに、免疫細胞を刺激し、(食事療法、運動、感情のコントロールによって)炎症と闘い、血管新生 […]
  • 今日の一冊(116)「医者の本音」今日の一冊(116)「医者の本音」 医者は患者の前でいったい何を考えているのか?そうした医者の本音をズバリと書いた本です。中山裕次郎さんは、Yahoo!ニュースなどでも積極的に発信しています。 いつ死んで […]
  • 野菜を摂れば膵臓がんになる?野菜を摂れば膵臓がんになる? 果物を食べ過ぎると、糖質が多いので膵臓がんになりやすい。野菜特に黄緑色野菜を多く摂れば、がんのリスクが下がる。そう理解しているのですが、もしかすると違うかもしれない。とい […]
  • がん医療対談「膵臓がんは最も大きな変化が期待できるがんです」がん医療対談「膵臓がんは最も大きな変化が期待できるがんです」 「癌Experts」の本日付に非常に興味深い記事が載りました。 膵臓がんの遺伝子改変マウスモデルを確立したことで有名な、英国Cambridge大学Cambridge研究所のDav […]
  • NTRK融合遺伝子保有の膵癌に新しい薬が認可NTRK融合遺伝子保有の膵癌に新しい薬が認可 2021年1月29日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部は、新薬3製品の承認の審議を行い、承認を了承しました。 その中には、NTRK融合遺伝子陽性の固形が […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です