ストレスはがん患者の死亡率を高める

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付までもうしばらくお待ち下さい。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

「海外がん医療情報リファレンス」のこの記事、よく読むと子宮頸がん以外のがんもストレスで死亡率が高くなると読めます。

「がんと診断された患者は、うつ、不安、ストレス反応および適応障害など、ストレスに関連したさまざまな精神的障害のリスクが上昇します」とストックホルムのカロリンスカ研究所、疫学・生物統計学科の博士課程修了後研究者で本研究の筆頭著者であるDonghao Lu医学博士は述べた。「実験的研究および疫学的研究両者の新たなエビデンスは、精神的苦痛が多くのがん種の進行に影響する可能性を示しています」。

家族の死や重篤な病気、離婚、失業など、ストレスの多い生活上の出来事を経験した患者はがんによる死亡率が高い。

ストレスを報告しなかった患者よりも33%多く病気で死亡した。ストレス関連の障害を有する患者は、子宮がんで死亡する割合が55%高く、またストレスのかかる生活の出来事を経験している患者では20%高かった。

その原因として、精神的障害に苦しむ患者は、治療法を探すことが少なく、病期が進んでから診断される。

慢性的ストレスは細胞免疫反応を低下させる、等が上げられています。

キラーストレスなどとも言われていますね。

ストレスは膵臓がんも助長するのです。

リンパ節を介した転移も増える。

ストレスでDNAも損傷を受ける。

どうすればよいか。よく言われているのが、瞑想やヨーガ、太極拳、座禅などがストエスに効果がある。

マインドフルネスストレス低減法という、そのものずばりの方法もある。

がん患者の多くはうつなどの症状を呈することが多い。そんなときには緩和ケア医、心療内科医などを受診しましょう。

患者は精神的な苦痛は我慢しがちです。早く治療をすれば楽になります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ストレスは膵臓がんを助長するストレスは膵臓がんを助長する ストレスは膵癌を加速させるアクセル やはりストレスは膵臓がんには悪い影響を与えますね。 2018年1月の "Cancer Cell" […]
  • NHKスペシャル 「キラーストレス」(2)NHKスペシャル 「キラーストレス」(2) ストレスによる体の不調が起こっても「根性でなんとかしよう!」とするのではなく、科学的メカニズムにのっとったストレス解消法を実践すれば、脳の構造をガラリと変えられて、ストレスから心 […]
  • ストレスがあるとリンパ系を介したがんの転移が増えるストレスがあるとリンパ系を介したがんの転移が増える このところストレスとがんの話題が続きます。 ストレスホルモンは、リンパ系に悪影響を及ぼすことによって、がんの転移を促進することがマウスの研究で明らかになった、との記事です。 […]
  • 瞑想とストレス、遺伝子、炎症の関係瞑想とストレス、遺伝子、炎症の関係 早朝あるいは寝る前にマインドフルネス瞑想をやっています。ストレス低減効果があると言われているマインドフルネス瞑想法です。ストレスとがんの関係は、多くの研究があり、ほぼ確か […]
  • がんと自律神経ー国立がん研究センターがんと自律神経ー国立がん研究センター 国立がん研究センターのプレスリリースです。 がん組織内に自律神経が入り込む 本論文では、がん組織内に自律神経系が入り込むことで、その患者の予後を左右することを世界に先 […]
  • NHKスペシャル 第2集は「エピジェネティクス」NHKスペシャル 第2集は「エピジェネティクス」 がんの進行の第一段階はエピジェネティックな変化であり、それは逆行させることもできる。相当進んだがんでも、適切な条件を整えれば、エピジェネティックに逆行させることが可能である。微小 […]
  • 今日の一冊(112)「神経免疫学革命」今日の一冊(112)「神経免疫学革命」 脳(神経系)と免疫系は密接に連携しており、むしろ免疫系が脳をコントロールしていることを、ミハル・シュワルツの著作を通じて、最新の神経免疫学の発展から明らかにすること。また、脳の健 […]
  • がんと心の関係~サイモントン療法~がんと心の関係~サイモントン療法~ 私の実感としては、すぐにサイモントン療法を始めたことで、膵臓がんを治癒に導くことができたと考えています。もちろん、私の個人的な実感ですから、エビデンスはありません。しかし、サイモ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です