今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

膵臓に関心がない糖尿病専門医

「20年間も大病院の糖尿病専門外来に通っていたのに、気づいたら膵臓がんの末期でした」とか、「糖尿病の治療はずっと続けていたけれど、膵臓の検査を受けたことは一度もありません。まさか自分が膵臓がんになるなんて」という方がたくさんいます。

こうした患者さんを、たくさん見てきた長尾先生が、糖尿病もすい臓がんも両方見てきた町医者だからこそ言えることがあるのではないか。そして、少しでもすい臓がんで命を落とす患者さんを救いたいという思いで書かれた本です。

ですから、糖尿病やすい臓がんに関する知識があまりない人でも、読みやすいように書かれています。

前半は糖尿病と膵臓がんの密接な関係とか、そもそも糖尿病とは何か、そうした話が分かりやすくまとめられています。

しかし、すでに膵臓がんになってしまった患者さんにとっては、今更という感じがするかもしれません。

膵臓がん患者の血糖値対策にも

ですが、膵臓がん患者さんでは、血糖値の管理に気を遣っている方も多いでしょう。そうした場合に、9系統もある糖尿病の薬の違いだとか、低血糖が起こりやすい薬と起こりにくい薬があること、あるいはHbA1c  は低いほど良いわけでもない、そうした知識は役に立つはずです。

この前、私は久しぶりに低血糖になりましたが、低血糖になるとどんなことが起きるのか、自覚症状はどういうものがあるのか、そうしたことを知っておけば、「あっ、これは低血糖だな」と早めに気付いて、ブドウ糖や甘いものを摂るなどの対策をすることができます。低血糖で命を失わないためには大切な知識です。

糖尿病治療でのカロリー制限食と糖質制限食が論争になっていますが、長尾先生のこの問題に対する考え方も紹介されています。結論から言えば、糖質制限は必要だけれども、行き過ぎた糖質制限で逆にリスクの高まる病気があるということです。中庸が一番です。

ナノナイフは根治をめざす治療法ではない

膵臓がん患者さんにとってもいくつかの役立つ話題が書かれています。


スポンサーリンク

膵臓がんは手術後の再発が多いこと、そして手術ができない膵臓がん患者さんの抗がん剤治療に対する考え方、腫瘍が局所に止まっている場合の新しい治療法であるナノナイフに対する考え方書かれています。

ナノナイフは、がん細胞を死滅させることが目的であって、その治療法だけで根治が望める治療法ではありません。

ナノナイフ治療は、あくまでも延命もしくはボーダーラインの患者さんの術前治療として、ダウンステージングを目指して行われる治療法です。腫瘍を小さくして手術ができるように持ち込むことが主な治療目的です。これは重粒子線治療や陽子線治療などにも当てはまる考え方だと言えます。

高カロリー輸液+抗がん剤で命を縮める

膵臓がんの末期の患者さんの場合、食べることができないからと、高カロリー輸液をしながら抗がん剤を続けている方もいますが、それはかえって命を縮めることになります。

高カロリー輸液には高濃度のブドウ糖が含まれています。ブドウ糖はガンの大好物なのです。口からあまり食べられないからと言って、高カロリー輸液に頼れば、がん細胞の方が先にブドウ糖取り込んでしまい、がんを喜ばせるだけになることがあります。酸素吸入も同様です。

「高カロリー輸液を追加すると、水分過剰により咳や痰で苦しむだけでなく、さらにそこに抗がん剤を加える行為は、ブドウ糖でがん細胞を喜ばせて毒物で全身を鞭打ちしているような状態だと思います」と書かれています。

延命治療のはずが宿命になる、そうしたリスクがあることを覚えておいてください。抗がん剤治療でも言えることですが、無理な延命治療は逆効果になる場合が多いのです。

高カロリー輸液を中止しただけで、ご飯が少し食べられるようになる患者さんも多くいます。色々な延命処置をこらえて自然に任せていれば、たとえ死期が近づいても、脱水による咳や痰に苦しむこともなく、穏やかに過ごすことができます。たとえがん性腹膜炎であっても、亡くなるその日まで、何かしら口から食べて、トイレで排泄して、話ができることがいくらでもあるのです。

腹部超音波検査で膵臓がんを早期発見

糖尿病で専門医にかかっている患者さんは、過度の飲酒、喫煙、慢性膵炎、家族歴、肥満の項目に注目して、それらが当てはまる人は、年に1回の腹部超音波検査を受けるべきです。そうすれば一センチ以内で初期の膵臓がんを見つけることができ、膵臓がんで亡くなる方がずっと減るに違いありません。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』 膵癌の腫瘍内部は低酸素状態になっているために、通常の放射線では効果が限定的です。しかし、重粒子線は拡大ブラッグピークという現象もあって、膵癌の腫瘍細胞を効果的に死滅されることがで […]
  • 期待の膵臓癌治療-ナノナイフ期待の膵臓癌治療-ナノナイフ ナノナイフではステージ4aの膵がんの治療できますが、膵がんの場合は局所にあると思われても、実際には目に見えないがん細胞が広がっている場合が多い。そのために、ナノナイフで局所のがん […]
  • 大腸がんと膵臓がんの経験をした大学教授の本大腸がんと膵臓がんの経験をした大学教授の本 帯に『大腸ガンと膵臓ガンの経験を踏まえ、「賢いガン患者」になるための秘訣を伝授』と書かれている新書を本屋で見つけました。なんとまぁ、私は直腸がんでしたが、この方はS字結腸 […]
  • 今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」 生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。 ’06年にコータ […]
  • 今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」 「自分も自分の治療チームの一員として参加したい」。この言葉をブログでも何度か使ってきました。西先生も、この本の中で同じことを言われているので嬉しくなりました。 また「医療の民主 […]
  • 今日の一冊(112)「神経免疫学革命」今日の一冊(112)「神経免疫学革命」 脳(神経系)と免疫系は密接に連携しており、むしろ免疫系が脳をコントロールしていることを、ミハル・シュワルツの著作を通じて、最新の神経免疫学の発展から明らかにすること。また、脳の健 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です