生きているのじゃなく、生かされている

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ゴーギャン:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

若きにもよらず、強きにもよらず、思い懸けぬは死期(しご)なり。
今日まで遁(のが)れ来にけるは、ありがたき不思議なり。
(徒然草第137段)

明日が今日と同じように続くはずだと、誰もが疑ってはいないけれど、本当のところ、明日が今日と同じであるなんてことは決まったことじゃないんだ。誰にとっても死は目の前にあるということでは、年齢にも社会的地位にもよらない、当たり前のことだ。

以下は、膵臓がんの手術後初めて食事を摂ったときの感想である。

まずはジュースから始めた。ところが、飲んで5分もするとトイレに走る込む状態だ。そしてたった今体内に入れたものを全部流し出してしまう。すい臓を摘出した患者のほとんどがこうした症状を持つという。整腸剤と食事量をコントロールしながら、徐々に食事に慣れていくしかないようだ。

昼食から3分粥。まだだめだ。トイレに二回駆け込んでみんな流れてしまった。痛みも激しかった。

しかし、人間の体って精巧で緻密にできていることに感心する。

私がまずジュースを飲むと、しばらくして『雷様』が活躍し始める。ガスが腸をごろごろという音と立てて駆け巡るのがわかる。角に突き当たり、隘路を押し込むように潜り抜け、おなかの中を二回転する。その間激しい痛みを伴うこともある。

手術によって失われた機能を探し出し、自己修復をしているようにも感じられる。実際、腸の位置なども微妙にずれているのだろうから、ガスを通して『座りのいい位置』を探すのは理にかなった方法かもしれない。

夕食も3分粥で同じ。今度はさらに時間をかけてゆっくりと磨り潰すようにして飲み込んでいく。いいぞ、今度は痛みも「雷神」も出てこない。

私の体には生物の全歴史が畳み込まれている。

生きているのじゃなく、生かされているのだと強く感じる。

さてこの命、どのように使おうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ASCO2019 膵癌の話題2件ASCO2019 膵癌の話題2件 POLO試験 […]
  • がん:手術ができなければ「死」なのかがん:手術ができなければ「死」なのか 膵臓がんでは手術ができない場合が多いのですが、そうしたとき、どのように考え、治療に臨めばよいのでしょうか。 佐藤典宏先生のユーチューブ動画が、希望を与えてくれます。 h […]
  • 歯周病は膵臓がんの危険因子歯周病は膵臓がんの危険因子 久留米大学がんワクチンセンターの「週刊 […]
  • がんは遺伝子の異常以外でも、エピジェネティックに生じるがんは遺伝子の異常以外でも、エピジェネティックに生じる 近藤誠氏の「がんもどき理論」の根幹は、がんは遺伝子の病気であり、遺伝子は細胞分裂で子孫に継承されるのだから、発生の初期に転移するかどうかは決まっている、というものです。が […]
  • ブックストッパー どれが使い勝手がよいかブックストッパー どれが使い勝手がよいか お茶を飲みながら読書をしたり、本の内容をブログに書き写すときなどに重宝するのが、ブックストッパーです。 キーボードに入力するときには、両手で本を押さえておくことができないので、 […]
  • おかえり、寅さんおかえり、寅さん 川崎チネチッタで『おかえり、寅さん』を観てきました。 満男も後藤久美子の演じるイズミも、みんな上手に歳をとったなぁ。一方でおいちゃん、おばちゃんをはじめ、歴代のマドンナの何人か […]
  • 『がんは自宅で治す』を読む『がんは自宅で治す』を読む 石原メソッドを勧めているムラキテルミ氏の『がんは自宅で治す』を読んでみた。 予想はしてたが、何とも現在医学の常識を無視した記述の満載。 万病の原因は「血液の汚れ」 […]
  • 規則正しい睡眠でがんを治す規則正しい睡眠でがんを治す 大西睦子さんの「夜更かしは遺伝子の働きを乱す!」 体温、血圧などのリズムを調整している体内時計が乱れが、がんや糖尿病などの疾患のリスクに関係しているようです […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です