今日の一冊(130)『キュア』田口ランディ

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

がん患者にとって生とは、死とは? どのような治療法を選ぶべきなのかを問いかける田口ランディの小説です。

キュア cure

キュア cure

田口 ランディ
2,479円(11/20 12:59時点)
発売日: 2008/01/11
Amazonの情報を掲載しています

他人の意識に同調したり、波動を感じてエネルギーを注入することで他人の体内の「情報処理」回路を整理して病気を治す特殊な能力を持ち、「神の手」と呼ばれる辣腕の青年外科医 斐川竜介。しかし彼自身が末期の肝臓がんになり余命1年を告げられ、「医師」から「患者」の立場になる。

リストカットの少女・キョウコに支えられながら、自らの運命に立ち向かう。

東大病院らしき病院の相談室。冒頭にステージ2期のすい臓がん患者 川村達男が登場する。斐川や上司の井沢医師は手術を勧めるが、「この病院が好きではないのです」と言って、川村は手術を拒否してさっさと帰ってしまう。

田口ランディのがんの知識も相当なものだ。巻末の参考書籍を見ても良く調査したことが分かる。

肉体は一つの情報系だ。トラブル対応の素早さ適切さには感服する。だがもうソフトが古い。まだ石器時代のソフトを使っている。環境の変化が速すぎて、大脳皮質コンピュータのヴァージョンアップが追い付いていない。それが多分「病い」の原因だ。古いソフトを使っているので、ときどきチグハグな対応をしてしまう。ストレスを感じただけで血小板を増やしたりする。石器時代のストレスは猛獣との格闘。すぐに止血準備。そんなことを今でもするから血が固まって動脈硬化が起こる。古い情報で組まれたソフトが作動しているからだ。

と、こんな調子で人間の限界を見る。

石器時代にはたまにしか起きなかった「闘争か逃走」反応が、現在人には常時生じている。そして慢性的なストレスにさらされているのだ。

人間は自然の一部なのだから、自然・環境を破壊し続ける限り、人のがんも増え続けると訴える。そして、がんを生み出す生き方が、いつか地球を滅ぼすのだと警鐘を鳴らす。

「がん」を通して現在医療の問題点も指摘する。

医療現場で病とたたかってきた斐川だが、自分のがん治療には科学的に考えながらも、スピリチュアルのカリスマ、最新がん治療を受ける青年実業家、放射線生物学者との出会いを通して、がん治療のあり方を模索する。

病院と医師の閉鎖性、専門化した医者の視野狭窄した意見に振り回され、莫大な金と労力をかけて新しい治療法を追いかけまわし、そして絶望して疲れ果てて死んでいくがん患者たち。

自身もがん患者となった特殊な能力を備えた斐川竜介が、ヒトの「命と意識」を救うために彼の考えたキュア(治療)で多くの患者を救っていくが、彼の特殊な能力は彼自身には適用することができない。「神の手」を持つ外科医でも自分の体を手術することはできないのと同じように。

末期がんになれば、私も無駄な延命の治療や手術はしたくないと考えている。人はいつかは死ぬんだから、その時期が数年早く来るか遅く来るかの違いだと思っている。その数年を伸ばすのに抗がん剤と放射線照射の副作用に耐え、体と意識がぼろぼろになっても生きていることが大事なのだろうか。がん患者と家族にとっては永遠の難問だが、この本でそうした問題に別の視点が見えてくるかもしれない。多くのがん患者に勧めたい良書だ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(111)『すべての医療は「不確実」である』今日の一冊(111)『すべての医療は「不確実」である』 21世紀に入り、漢方医学は「科学的根拠に基づく医療」の仲間入りをするようになった。ランダム化比較試験も多数実施されるようになり、医療ビッグデータを用いた漢方研究も徐々に進められて […]
  • 今日の一冊(126)『がん外科医の本音』今日の一冊(126)『がん外科医の本音』   こんなことを書けば同業の医者からは反発を喰らうのではないか、そういう著者の本音も書いたと述べています。 「医者は自分ががんになったら抗が […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 今日の一冊(85)『日米がん格差』今日の一冊(85)『日米がん格差』 医療ビッグデータによる日米の医療比較 しばらく「積ん読」だったものをやっと読了することができました。 本書は米スタンフォード大学で医療政策部を設立し、医療ベン […]
  • 今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』 緩和ケア医の大橋洋平さんは、ある日大量の下血で胃の上部にジストが見つかります。gist(消化管間質腫瘍)は10万人に1人という希少がんです。 ジストの中でも […]
  • 今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』 乳がんが肝臓に多発転移して、主治医からは「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われている哲学者の宮野真生子さんと、文化人類学者である磯野真帆さんの往復書簡です。 磯野真穂さんは […]
  • 『決められない患者たち』『決められない患者たち』 医療において、患者の意志決定はどのようにされているのか、治療において唯一の正しい答えはあるのだろうか。 そうした疑問に答えてくれる一冊です。 […]
  • 医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか?医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか? 医療において、患者の意志決定はどのようにされているのか、治療において唯一の正しい答えはあるのだろうか。 治療をすべきかどうか、いくつもの治療法があり、それぞれにリスクとベネ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です