スポンサーリンク

樋口強「いのちの落語」今年は場所が変わります。

樋口強さんの「いのちの落語独演会」、今年も開催されます。今年は、これまでの深川・江戸資料館から日本橋に場所を移し、8月開催と少し早くなります。

以下、樋口さんのサイトより

■「第19回いのちの落語独演会」

撮影:写真家 内田雅子氏Ⓒ

全国のがんの方と家族をご招待いたします。仲間たちと思いっきり笑って、生きる希望と勇気を分かち合いましょう。私たちのいのちにはオリンピックの金メダルよりはるかに重い価値があります。だから、『生きてるだけで金メダル』です。

今年から会場を日本橋に移します。場所は下町人形町、日本橋小学校のビル内です。今年のテーマは、「直感で生きる」。甘酒横丁至近、有名なたい焼きも親子丼もここです。 楽しいことをたくさん用意してお越しください。毎年早い時期に満席になります。早目にお申し込みください。

■日時:令和元年 8月24日(土) 午後1時~(約3時間)
■木戸:ご招待 (対象:がんの人とそのご家族に限定 優先枠内で先着順)
■会場:東京・日本橋社会教育会館ホール
(東京メトロ日比谷線「人形町」駅徒歩4分)

申込先はこちらです。↓


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 一年経ちました。一年経ちました。 このブログを書き始めて、今日がちょうど一年目です。 膵臓がんのことを知れば知るほど、一年間も元気で生きながらえてきたことに感謝の気持ちでいっぱいです。癌患者はどうしても悪いほうへ […]
  • がんサバイバー5年相対生存率がんサバイバー5年相対生存率 曾野綾子氏の産経新聞に掲載された「アパルトヘイト支持」コラムが話題になっている。正確に言えば、ネットで炎上したが一般のマスコミは無視か小さい扱いである。私は曾野綾子氏も、夫である […]
  • 微小カプセルで膵がん治療 東大チーム、マウス実験微小カプセルで膵がん治療 東大チーム、マウス実験 ナノキャリアを利用したドラッグデリバリシステム(DDS)で、膵臓がんのマウスの70日後の生存率が100%という驚くような成績の記事が各社に載っています。膵臓(すいぞう)がんの細胞 […]
  • 百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする 私は最近になって、ドクター(シーゲルのこと)が書いている次の一節の本当の意味が少しだけ分かったような気がしている。というより、この一節の意味を心底理解できれば、自分のがんを完全に […]
  • 膵癌患者の糖尿病対策:緩やかな血糖値管理で良い膵癌患者の糖尿病対策:緩やかな血糖値管理で良い 膵臓がん患者にとっては、がんの治療と同時に糖尿病対策も大切です。糖尿病を併発する場合が多いからです。膵臓を全摘出している場合はインスリンの注射が欠かせませんし、部分摘出あるいは手 […]
  • 第8回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会を開催します。第8回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会を開催します。 コロナ禍で2回めの緊急事態宣言が発令されました。しかしコロナ禍であってもがんとの闘いが中止されるはずもありません。 まして、この1年で膵臓がんを告知された方にとって […]
  • 権現堂堤の桜権現堂堤の桜 今年の桜にはやきもきさせられる。どうやら満開の時期には曇りか雨になりそうなので4日に行ったのだが、快晴で桜のバックに青空はばっちり。しかし、花がまだ少なく、枝が目立つ。なるべく花 […]
  • 「生きることについて」「生きることについて」 40年ほどの昔、よく口ずさんでいた歌があった。確か高校生の頃、社会科の先生から教えてもらった歌だった気がする。「死んだ女の子」である。トルコの詩人ナジム・ヒクメットの名前が、今で […]

コメントを残す