樋口強「いのちの落語」今年は場所が変わります。

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付までもうしばらくお待ち下さい。
LINEで送る
Pocket

樋口強さんの「いのちの落語独演会」、今年も開催されます。今年は、これまでの深川・江戸資料館から日本橋に場所を移し、8月開催と少し早くなります。

以下、樋口さんのサイトより

■「第19回いのちの落語独演会」

撮影:写真家 内田雅子氏Ⓒ

全国のがんの方と家族をご招待いたします。仲間たちと思いっきり笑って、生きる希望と勇気を分かち合いましょう。私たちのいのちにはオリンピックの金メダルよりはるかに重い価値があります。だから、『生きてるだけで金メダル』です。

今年から会場を日本橋に移します。場所は下町人形町、日本橋小学校のビル内です。今年のテーマは、「直感で生きる」。甘酒横丁至近、有名なたい焼きも親子丼もここです。 楽しいことをたくさん用意してお越しください。毎年早い時期に満席になります。早目にお申し込みください。

■日時:令和元年 8月24日(土) 午後1時~(約3時間)
■木戸:ご招待 (対象:がんの人とそのご家族に限定 優先枠内で先着順)
■会場:東京・日本橋社会教育会館ホール
(東京メトロ日比谷線「人形町」駅徒歩4分)

申込先はこちらです。↓


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • PET-CTによる被ばく量はどのくらいか?PET-CTによる被ばく量はどのくらいか? PET-CTとは? PET-CTとは、代謝を画像化するPET検査と、CT検査を同時に行うことができる、がん診断のための装置です。 がん細胞は正常細胞よりも多く […]
  • 「がん治験情報サービス」が始まります。「がん治験情報サービス」が始まります。 がんサポートを運営する株式会社QLifeでは、がんの治験情報を提供する「がん治験情報サービス」を開始しました。 がん種やステージに合わせて最新の治験情報をご案内 近年 […]
  • 光免疫療法は動物実験レベル?光免疫療法は動物実験レベル? 光免疫療法が10ヶ所で治験開始 光免疫療法の再発頭頸部がんに対する治験が、国内10ヶ所の医療機関で始まるようです。 この治療法は、驚くほど即効性があり、近赤外線を […]
  • 治らなくても「敗北」ではない治らなくても「敗北」ではない がんが治らなければ「敗北」でしょうか。がん患者なら、あわよくば自分だけは奇跡的にでも治って欲しい、と考えることは当然でしょう。しかし、あまりにも「治る」ことにこだわりすぎ […]
  • 6月1日から医療広告規制が始まった6月1日から医療広告規制が始まった 前回の『比較:免疫細胞療法クリニック』では代表的な免疫細胞療法クリニックを取りあげましたが、それら以外にも本当にたくさんのクリニックがあります。 Webサイトの片隅に「延命 […]
  • 良寛と多元宇宙論良寛と多元宇宙論 量子力学におけるシュレーディンガーの猫の問題を解決するための仮説として、エベレットの「多世界解釈」というものがあります。そのひとつの多元宇宙論(マルチバース)が、初期宇宙や宇宙の […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 再発したら抗がん剤は使わない 再発・転移したときの選択肢としては、抗がん剤を使うのかどうかです。手術できない場合は、抗がん剤で転移したがんが治ることはほとんどありません。乳 […]
  • がんで死ぬのが最高の死に方がんで死ぬのが最高の死に方 百まで生きてがんで死ぬ 上昌広氏が表題の記事をアエラに書いています。 私のこのブログも「今ここに」を生き、「百まで生きて、がんで死」ねれば本望です。」とタイト […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です