スポンサーリンク

今日の散歩 食い倒れ横町、バーボンロード

LINEで送る
Pocket

リハビリを兼ねて今日もGRⅢ片手に散歩。

ジョーズの滑り台。

食い倒れ横丁へ

蒲田駅西口は飲んべえの天国です。東急線の下はほとんど飲み屋で、ここが食い倒れ横丁、その先がバーボンロードと、酒に縁のある名前が続きます。

松本清張の「砂の器」の書き出しはこの蒲田から始まります。「国電蒲田駅の近くの横丁だった。間口の狭いトリスバーが一軒、窓に灯を映していた。十一時過ぎの蒲田駅界隈は、普通の商店がほとんど戸を入れ、スズラン灯の灯だけが残っている。これから少し先に行くと、食べもの屋の多い横丁になって、小さなバーが軒をならべているが、そのバーだけはぽつんと、そこから離れていた。」

ちょうど五反田からの電車が上を通ります。その下で楽しげそうなカップルが呑んでます。まだ五時前ですよ。当時とあまり雰囲気は変わっていないと思います。

昭和横丁、店員さんが客引き。

「どらいち」の看板にネコが・・・。看板どら猫??

蒲田には他にも、スペインのバル文化と日本の横丁を融合させた、その名も「蒲田バル横丁」。施設内の1階、70坪もあるフロアに計9店舗の飲食店がひしめき、そこはまさに「ひとつの街」となっています。BARと書いて「バル」。スペインでは「立ち飲み居酒屋」とか。

今年の春にリニューアルしてオープンしました。

飲み屋を梯子してくださいという趣向。まだ行っていないがそのうちに探索します。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 夢枕獏『大江戸恐竜伝』夢枕獏『大江戸恐竜伝』 夢枕獏の『大江戸恐竜伝』全五巻を読み終えた。昨年9月より一巻ずつ発売されて、1月に第五巻が刊行されたものです。いや~、おもしろかった。彼の小説を読むのは『神々の山 […]
  • 手術が終わった!手術が終わった! 手術が無事に終わった。今日ICUから一般病棟に戻ることができた。 膵頭部を残して後はすべて切除 […]
  • すい臓がん治療の実力病院すい臓がん治療の実力病院 日経実力病院調査2011のデータが公開。手術例50以上。 脾(ひ)臓を含む膵臓のがんの「手術あり」が2010年7月から11年3月に136例と全国で最も多かったのは大阪府立成人病セ […]
  • 今日の一冊(96)『美しき免疫の力』今日の一冊(96)『美しき免疫の力』 『美しき免疫の力』人体の動的ネットワークを解き明かす 読み応えのある本でした。読み終わるのに1週間かかりました。免疫学者たちの探究が、まるでシャーロック・ホームズの活躍を見 […]
  • 一連のがんペプチドワクチン報道へ疑問一連のがんペプチドワクチン報道へ疑問 ご存じのように、東京大学医科学研究所のがんペプチドワクチン臨床試験において、膵臓がん患者に出血した事例があったのに隠していたのではないかと報道されました。 東京大学医科学研 […]
  • ペットの安楽死は中止 我が家のヨークシャーですが、なんとか安楽死を免れています。先の日曜日には、獣医の先生からも「そろそろご相談をしなければと思うのですが・・・」と言われました。しかし、次回の検査結果 […]
  • がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」 がんは摩訶不思議な病で、自然治癒することがたまにあることは、よく知られている。しかし、それを系統だって研究しようとする研究者は、最近ではいなかった。何故だろうかと不思議に思ってい […]
  • 免疫細胞治療 『免疫細胞治療』は最近出版された本で、癌研有明病院の名誉院長が監修しているというので手に取ってみた。本屋では結構売れているようでした。 読んだ印象を先に書けば、「免疫療法」 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です