スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

「膵臓がんの集い」どのような方が参加しているのか。

6月22日(土)は『膵臓がん患者と家族の集い』が開催されますが、初めて参加される方にとっては、「どんな雰囲気なのか?」「初めてで不安」とう想いでいる方もいるでしょう。

次回はサイモントン療法の講演がありますが、集いのメインは、患者さん同士の情報交換と懇談の部分です。ほかの患者がどのような経過で、どのような治療法を選択し、どんな問題や悩みを抱えているのか。

話し合うことで、いろいろな気付きを得ることができます。

これまで開催された集いの参加者の概要です。

患者、家族、遺族の構成比:約半数が患者さん御本人で、ご家族がそれより少し少ない45%、ご遺族の方が6%です。『膵臓がん患者と家族の集い』は、ご遺族の方が参加して、大切な方を失った悲しみ(グリーフ)を共有していることも特徴です。

参加回数:初めて参加される方は3分の1で、2回、3回と継続して参加される方が7割です。

多くの方が、一度参加されると、機会があればまた参加したくなるのです。

年齢層は、50歳代、60歳代で6割を占めますが、20歳代、30歳代のご家族の方も参加されています。

ステージ毎の構成では、膵臓がん患者全体の構成を反映しているようです。ステージ4が6割を占めています。

転移の有無:肝臓とリンパ節に転移した方が多いですね。これも膵臓がんの特徴です。

手術の適用:手術をしなかった(できなかった)方が3分の1ですが、最近はステージ4でも手術できる例も増えてきているので、6割近くが「手術をした」方です。

思い切って参加してみれば、希望とたくさんの情報、なによりも膵臓がんと闘うぞ!という闘士をいただくことができます。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • DWIBS(ドゥイブス法)DWIBS(ドゥイブス法) がんの治療においては、抗がん剤が効いているのかを早く判断し、再発や転移があれば、早期に見つけて次の治療法を考えることが大切です。 その判断には造影CTやPET(陽電子放出断層撮 […]
  • 膵癌診療ガイドライン2019膵癌診療ガイドライン2019   3年ぶりに膵癌診療ガイドラインが改定されています。 日経メディカルにその解説記事が載っています。 膵癌診断でPETは「行わないことを弱 […]
  • 膵臓がんの冊子が更新膵臓がんの冊子が更新 「がん情報サービス」のがんの冊子「膵臓がん」が更新されました。(1/30) 「膵臓がんの疑い」と言われたら、何よりもまず読んでおきたい冊子です。この際、内容の要点を記しておきます […]
  • このがん治療でよいのかーサライの記事このがん治療でよいのかーサライの記事 佐藤典宏先生の著書に『 「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本 […]
  • 今日からインスリン注射今日からインスリン注射 月曜日の血液検査の結果、C-ペプチド値(CPR)が0.8ng/mL(基準値 […]
  • 今日の一冊(42)『いのちの苦しみは消える』   元国立がん研究センターの内科医であり、現在は栃木県益子町・西明寺の住職と、境内にある普門院診療所の医師の二足のわらじを履いている田中正治医師。しかし、2 […]
  • 血糖値が下がらない !血糖値が下がらない ! 膵臓がんだって! 7年前に直腸がんの摘出をした私が、今度は膵臓がんになってしまった。 さまざまな出来事があり、悩みがあり、心の大きな葛藤があった。 そんなできごとを、淡 […]
  • がん患者に金を使うのは・・・がん患者に金を使うのは・・・ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です