「膵臓がんの集い」どのような方が参加しているのか。

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付までもうしばらくお待ち下さい。
LINEで送る
Pocket

6月22日(土)は『膵臓がん患者と家族の集い』が開催されますが、初めて参加される方にとっては、「どんな雰囲気なのか?」「初めてで不安」とう想いでいる方もいるでしょう。

次回はサイモントン療法の講演がありますが、集いのメインは、患者さん同士の情報交換と懇談の部分です。ほかの患者がどのような経過で、どのような治療法を選択し、どんな問題や悩みを抱えているのか。

話し合うことで、いろいろな気付きを得ることができます。

これまで開催された集いの参加者の概要です。

患者、家族、遺族の構成比:約半数が患者さん御本人で、ご家族がそれより少し少ない45%、ご遺族の方が6%です。『膵臓がん患者と家族の集い』は、ご遺族の方が参加して、大切な方を失った悲しみ(グリーフ)を共有していることも特徴です。

参加回数:初めて参加される方は3分の1で、2回、3回と継続して参加される方が7割です。

多くの方が、一度参加されると、機会があればまた参加したくなるのです。

年齢層は、50歳代、60歳代で6割を占めますが、20歳代、30歳代のご家族の方も参加されています。

ステージ毎の構成では、膵臓がん患者全体の構成を反映しているようです。ステージ4が6割を占めています。

転移の有無:肝臓とリンパ節に転移した方が多いですね。これも膵臓がんの特徴です。

手術の適用:手術をしなかった(できなかった)方が3分の1ですが、最近はステージ4でも手術できる例も増えてきているので、6割近くが「手術をした」方です。

思い切って参加してみれば、希望とたくさんの情報、なによりも膵臓がんと闘うぞ!という闘士をいただくことができます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です