スポンサーリンク

「膵臓がんの集い」どのような方が参加しているのか。

LINEで送る
Pocket

6月22日(土)は『膵臓がん患者と家族の集い』が開催されますが、初めて参加される方にとっては、「どんな雰囲気なのか?」「初めてで不安」とう想いでいる方もいるでしょう。

次回はサイモントン療法の講演がありますが、集いのメインは、患者さん同士の情報交換と懇談の部分です。ほかの患者がどのような経過で、どのような治療法を選択し、どんな問題や悩みを抱えているのか。

話し合うことで、いろいろな気付きを得ることができます。

これまで開催された集いの参加者の概要です。

患者、家族、遺族の構成比:約半数が患者さん御本人で、ご家族がそれより少し少ない45%、ご遺族の方が6%です。『膵臓がん患者と家族の集い』は、ご遺族の方が参加して、大切な方を失った悲しみ(グリーフ)を共有していることも特徴です。

参加回数:初めて参加される方は3分の1で、2回、3回と継続して参加される方が7割です。

多くの方が、一度参加されると、機会があればまた参加したくなるのです。

年齢層は、50歳代、60歳代で6割を占めますが、20歳代、30歳代のご家族の方も参加されています。

ステージ毎の構成では、膵臓がん患者全体の構成を反映しているようです。ステージ4が6割を占めています。

転移の有無:肝臓とリンパ節に転移した方が多いですね。これも膵臓がんの特徴です。

手術の適用:手術をしなかった(できなかった)方が3分の1ですが、最近はステージ4でも手術できる例も増えてきているので、6割近くが「手術をした」方です。

思い切って参加してみれば、希望とたくさんの情報、なによりも膵臓がんと闘うぞ!という闘士をいただくことができます。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • モーツァルト ピアノ協奏曲第20番モーツァルト ピアノ協奏曲第20番 内田光子のピアノ、ジェフリー・テイトがイギリス室内管弦楽団を指揮したモーツァルト […]
  • ひとり茶 午前10時頃から、蒲田の上空には、これまでに経験したこともない15機ほどのヘリコプターが旋回していた。オームの高橋容疑者逮捕の取材ヘリだ。Twitterで二度もつぶやいたけど、泳 […]
  • 膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大 膵がん腹膜播種治療の新たな治療戦略 膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大 名古屋大学は11月21日、プラズマ活性乳酸リンゲル液が、膵がん腹膜播種治 […]
  • がんになったら肉を食え 『がんになったら肉を食べなさい』という本がある。実は詳らかには読んでいない(安倍晋三流に)。ビタミンC点滴療法とかオーソモレキュラー療法を勧めるなど、怪しげな […]
  • 心が免疫系に与える影響 心と免疫系との関係を研究する「精神神経免疫学(PNI)」に関する、信頼のおける科学的な情報が、最近では殆ど発表されません。そうしたなかで、1986年初版の『精神生物学―心身の […]
  • ASCO2013 膵癌の概観ASCO2013 膵癌の概観 JASPAC試験の結果が報告され、治癒切除後膵癌に対する術後補助化学療法として、ゲムシタビン単独と比べてS-1が全生存期間(OS)を改善することが示されていました。 […]
  • 今日の一冊(23)『がんに負けるな!』 落語家の林家木久扇師匠と日本医科大学名誉教授の吉野槇一氏の共著。といっても林家師匠は冒頭の対談の部分に登場するだけで、吉野教授の「脳内リセット」の話がメインのテーマです。 […]
  • 今日の一冊(71)『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』今日の一冊(71)『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』 第15回『このミステリーがすごい!大賞』の大賞受賞作です。作者の岩木一麻氏は、国立がん研究センター、放射線医学研究所を経て、現在は医療系出版社勤務とのことですから、医療には従 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です