スポンサーリンク

2000万円、どうやって貯めろと言うんだ!

LINEで送る
Pocket

久しぶりにチェロケースを開けた。

この前チェロを出したのはいつだっただろう。半年前か1年前か。いずれにしろ2年以上前から脊柱管狭窄症にかかったので、ずいぶんと弾いた記憶がない。

まだ手術跡の傷が少し痛いが、恐る恐る弾いてみた。

おっ、いいじゃん。腰の痛みがない。背筋がピンと伸びている。音程もあまり狂わない。元気な頃の感覚そのままのような気がする。

易しい曲を30分ほど弾いて、あまり調子に乗るとぶり返しが怖いので、満足してケースに戻した。

ヘタはヘタなりに腕は落ちていないような気がする。またぞろ自己満足に浸りながら、練習を再開するとしようか。

あったまにくるなあ。

老後を安心して暮らすためには、公的年金だけでは足りないから2000万円を貯めなさいという金融庁の発表です。麻生大臣が後押ししているのは間違いないでしょう。

「100年安心」の年金はどこに行ったんですか。確か小泉内閣のころに打ち出したはずですが、まだ100年も経ってないでしょ。

非正規雇用がどんどん増えて実質賃金は目減りしているのに、さらにお金がないから年金保険料を滞納している人もたくさんいるのに、どうやって2000万円を貯めろというのですか。

「つみたてNISA」や「iDeCo」は税制優遇されてるからお得ですよと言うが、元本の保証のないことには一切触れない。

なけなしのタンス預金も株につぎ込めということですよ。国民が納めた年金保険料をどんどん株式につぎ込んて11兆円も赤字を出した責任はどこにあるんですか。その上さらに株につぎ込む。何を考えてんのか。

がん患者は治療や通院のために仕事を休む。正社員のサラリーマンならまだいいですよ。非正規雇用で日給月給のような状態で暮らしている方が沢山いるんですよ。

この先、がん患者でももらえる傷害年金保険だって、どんどん減らされることは間違いありません。自分が死んだ後、家族の生活は遺族年金でと考えて計画していても、それもあてにならなくなってきます。

週刊誌の「女性自身」までもが記事を載せていますが、その中に経済ジャーナリストの荻原博子氏の発言が載っています。

「『年金では足りないから自分の資産は自分でどうにかしましょう』というのは国が責任放棄している。株は今やおそらく半分以上の人が損しているだろう。なぜ国が『投資しないと安全じゃない』というのか、わからない」

この30年間で国民年金保険料が2倍以上となったことについてふれ、「家計を、じわじわと苦しめてきた大きな要因」と指摘。「しかし、年金財政のひっ迫は変わらず、16年には、年金受給額を抑えるルールを強化しています」と語り、「“100年安心”はもはやどこにもありません」と警鐘を鳴らしていた。

10年にはフランスで、18年にはロシアで年金支給年齢の引き上げへの怒りからデモが発生したが、現在ついに日本でも同様の動きがネットを中心に現れ始めている。

戦闘機を爆買いするとか、イージス・アショアだとか言っていますが、国防は大事ですよ。それは間違いないです。しかしね、頑丈な鎧を着たその当人は、風邪を引いて高熱で倒れる寸前なんですよ。鎧なんぞにかける金があるのなら、まずは病院に駆け込むことが先ではないですか。

ネットでも反対の声一色です。そう、日本の労働者も年金デモくらいしないと駄目でしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • サイモントン療法とは?(5)サイモントン療法とは?(5) シュピーゲル博士らの設定したカウンセリング併用群の平均余命は36.6ヵ月であり、対照群では18.9ヵ月でした。同時に行ったサイモントン博士らの設定したカウンセリング併用群の平均余 […]
  • 代替医療をどのように選ぶ?代替医療をどのように選ぶ? 紫陽花も色づいてきた。紫陽花には雨がよく似合う。生き生きとしている。 雨の週末です。レインコートを着て屋上の排水溝を掃除しました。風で運ばれてきた埃が、詰 […]
  • 臨床試験のデータ捏造疑惑とEBMの危機臨床試験のデータ捏造疑惑とEBMの危機 京都府立医大の松原弘明教授による臨床試験のデータねつ造疑惑が話題になっている。毎日新聞「バルサルタン:京都府立医大の効果に関する論文3本撤回」。朝日新聞デジタ […]
  • 心で願っただけでがんは消えるのか?心で願っただけでがんは消えるのか? タイトルの問題ですけども、普通は「そんなバカなことはないよね」という答えが返ってきます。 一方でプラシーボ効果という現象があります。偽薬を、それを伏せて投 […]
  • 今日の一冊(17)『がんとの賢い戦い方』 先月24日に肝内胆管がんで亡くなった川島なお美さんが、近藤誠氏のセカンドオピニオンを受けていたらしいという記事がありますね。 『川島なお美さん […]
  • 論文代筆は保険財政からの詐欺論文代筆は保険財政からの詐欺 日報を書き換えたり、ないと言っていたものがあとで出てきたりと、この国の政府と官僚は壊れてしまっていますが、製薬業界でも論文を都合良く書き換えることが茶飯事のようです。 バイ […]
  • 「医療危機」を解決する、上手な医者のかかり方「医療危機」を解決する、上手な医者のかかり方 あなたの主治医が、毎日あるいは毎週「自殺」や「死ぬかもしれない」と考えているとしたら、どうしますか? あるいは、うつ病の傾向のある主治医だったら? […]
  • 競馬予想とがん治療競馬予想とがん治療 競馬は先週で最後と書いたのですが、JRA-VANの無料試用期間がまだ残っているようだったので、今日の安田記念に挑戦してみました。 1着10番モズアスコット、2着4番 […]
LINEで送る
Pocket

2000万円、どうやって貯めろと言うんだ!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 通りすがりの現役就労者 より:

    世代間で支える賦課方式なので今の人口構成では年金はこうなることは仕方ないと思います。
    問題は若い人がなけなしの給料から高い年金保険料を「今の」高齢者に払っていて、自分の時にはもらえなくなるというこの矛盾に対する怒りです。 70前後の高齢者は3000万円以上のもらい得なので、本当はもっと減らして若者を助けてほしい。政治に文句言っても子供が少ないので変えようがないですよ。
    自分たちの取り分はそのままでやれ武器で無駄使いなどいってますが、そんなのわずかでしょ。GRIFの運用割合も全体から見たらわずかです。現役世代の私から見たらもう払い込んだ年金返してほしいくらいの気持ちです。日本は年配の人の声が大きすぎて若者がつぶされるのがたまらないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です