そろそろ「休戦」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

梅澤充先生のブログが「休戦」になるようですね。

ときどきは書くかもと言うことなので、「終戦」ではなく「休戦」なのでしょう。

梅澤先生には町田で開院していたころにお世話になりました。セカンドオピニオンを受けたのです。PET-CTを受診したら「光ってるね」と言われ、一時は再発を覚悟したものでした。

そのときの想い出。

膵臓がんで使える抗がん剤はジェムザールしかない(当時の話)と言われ、私が以前に直腸がんもやっていると告げると、「それはラッキーだね」と言われました。

驚いて聞き直してみると、大腸がんで承認されている抗がん剤が使えるというのです。どういうテクニックを使うのかは分かりませんが、このように常識に捕らわれない先生でした。現在でもそうしたことが可能かどうかは確信はありませんが。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 世界初、がん患者のせん妄ガイドライン世界初、がん患者のせん妄ガイドライン 世界初のがん患者を対象としたせん妄ガイドライン 日本サイコオンコロジー学会が編集出版した「がん患者における せん妄ガイドライン […]
  • 「文春砲」が炸裂したね「文春砲」が炸裂したね 山中伸弥教授のiPS細胞への補助金が打ち切られるというニュースが流れて、どうしたことかと気をもんでいたが、元通りに落ち着いたとの報道があり、ホッとしている。 この間何があっ […]
  • 風邪の対処法から国家論まで。木村知医師の本風邪の対処法から国家論まで。木村知医師の本 インフルエンザが流行っていますね。 主治医:Aさん、久しぶりですね。たしか先週は抗がん剤の予定でいしたが、来られませんでしたね。 患者:はい、そうです。前回の […]
  • 今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』 緩和ケア医の大橋洋平さんは、ある日大量の下血で胃の上部にジストが見つかります。gist(消化管間質腫瘍)は10万人に1人という希少がんです。 ジストの中でも […]
  • 市販薬類似薬を保険適用から外す方向市販薬類似薬を保険適用から外す方向 産経新聞の報道です。以前から小出しに報じられてはいるのですが、 政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市 […]
  • 今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』 乳がんが肝臓に多発転移して、主治医からは「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われている哲学者の宮野真生子さんと、文化人類学者である磯野真帆さんの往復書簡です。 磯野真穂さんは […]
  • 今日の一冊(126)『がん外科医の本音』今日の一冊(126)『がん外科医の本音』   こんなことを書けば同業の医者からは反発を喰らうのではないか、そういう著者の本音も書いたと述べています。 「医者は自分ががんになったら抗が […]
  • 当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院 CT検査の予約が取れない 膵臓がんの疑いがあると言われ、大きな病院で検査を受けようとしても、造影CTの予約は2週間先、結果が出るのはさらに2週間から1ヶ月先と言われることが多い […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です