このがん治療でよいのかーサライの記事

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

佐藤典宏先生の著書に『 「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本 』があります。

「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本 ―読むセカンドオピニオン

「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本 ―読むセカンドオピニオン

佐藤 典宏
1,760円(07/13 15:59時点)
発売日: 2019/03/29
Amazonの情報を掲載しています

雑誌「サライ」の記事です。

「私は、がん治療は情報戦であると考えています」と述べるのは、産業医科大学の佐藤典宏医長。
佐藤医長は、「がんについての正しい情報を持っている人の方が、がんを克服できる可能性が高い」という事実を、「情報戦」という言葉を借りて説明する。

■手術を避け代替医療を選択すると死亡率は2.8倍

■抗がん剤による好中球減少で死亡リスク低下

■ショウガは副作用の吐き気を軽くする

ショウガには、がんの成長を抑制する作用があることも示唆されている。
がん細胞を使った試験管の実験では、ショウガ(あるいはその抽出液や成分)は肝臓がん、膵臓がん、胃がん、大腸がん、胆管がんの細胞を直接殺したり、増殖を抑制したりすることが報告されています。(本書141pより)

この本もお薦めです。

次回は『ガンとわかったら読む本』を紹介しますね。

10月13日は、そんな佐藤典宏先生のお話を聞くことができる貴重な機会です。

 

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です