スポンサーリンク

このがん治療でよいのかーサライの記事

佐藤典宏先生の著書に『 「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本 』があります。

雑誌「サライ」の記事です。

「私は、がん治療は情報戦であると考えています」と述べるのは、産業医科大学の佐藤典宏医長。
佐藤医長は、「がんについての正しい情報を持っている人の方が、がんを克服できる可能性が高い」という事実を、「情報戦」という言葉を借りて説明する。

■手術を避け代替医療を選択すると死亡率は2.8倍

スポンサーリンク

■抗がん剤による好中球減少で死亡リスク低下

■ショウガは副作用の吐き気を軽くする

ショウガには、がんの成長を抑制する作用があることも示唆されている。
がん細胞を使った試験管の実験では、ショウガ(あるいはその抽出液や成分)は肝臓がん、膵臓がん、胃がん、大腸がん、胆管がんの細胞を直接殺したり、増殖を抑制したりすることが報告されています。(本書141pより)

この本もお薦めです。

次回は『ガンとわかったら読む本』を紹介しますね。

10月13日は、そんな佐藤典宏先生のお話を聞くことができる貴重な機会です。

 

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 笑いでがんを治す笑いでがんを治す 産経にこんな記事が載っていました。 大阪府立成人病センター(移転、改称して「大阪国際がんセンター」となる)が吉本興業などの協力を得て、月2回程度、漫才や落語を見る前後で […]
  • メラトニンについて(3) メラトニンについては前回で終わるつもりだったのですが、「米国統合医療ノート」にメラトニンに関する記事があったので紹介します。 メラトニンとがん治療 このブログでは、文献データを見 […]
  • マイクロサテライト不安定性検査がすべての固形がんに適用される:キイトルーダにもマイクロサテライト不安定性検査がすべての固形がんに適用される:キイトルーダにも マイクロサテライト不安定性検査については、従前、▼局所進行または転移が認められた標準的な治療が困難な固形がん▼手術後の大腸がん―において実施することが認められていました […]
  • 放射線に無知な「反原発」専門家が不安を煽る 25日、原子力規制庁からの発表で「北茨城市が北茨城市南中郷工業団地の走行サーベイを実施」との報があり、7μSv/hの放射線を検出したとのことでした。この発表と福島第一原発での原因 […]
  • 拾った命で9年目の京の旅拾った命で9年目の京の旅 京都は8年ぶりです。術後6ヶ月のころの2007年に嵐山と嵯峨野を6時間くらい歩き回ったのでした。宝厳院の紅葉ライトアップが素晴らしかったなぁ。もう京都には再び来ることはなかろうと […]
  • チェロの音程を確認 フリーウェア Tartiniチェロの音程を確認 フリーウェア Tartini MELODYNE […]
  • mFOLFIRINOX療法で71.4%が手術可能にmFOLFIRINOX療法で71.4%が手術可能に 4月16日から18日まで名古屋市で開催された第115回日本外科学会定期学術集会で、埼玉医科大学総合医療センター肝胆膵外科の二宮理貴氏の発表。 『Borderline […]
  • 明けましておめでとうございます。 新年 明けましておめでとうございます。 と書くには、いささか躊躇するような世相です。近所の公園には、解雇された 派遣社員らしき人が寒そうに横たわっています。まだホームレスにはなり […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です