スポンサーリンク
Web交流会のご案内


【日 時】2021年4月18日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】
第一部 膵臓がん なんでも相談:佐藤典宏先生
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

良寛のこんな詩がいい

LINEで送る
Pocket

寝る前、まどろんでいると、

ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。

騰々(とうとう) 天真に任す
嚢中(のうちゅう) 三升の米
炉辺 一束の薪
誰か問わん 迷悟の跡
何ぞ知らん 名利の塵
夜雨 草庵の裡
雙脚(そうきゃく) 等閑(とうかん)に伸ばす

立身出世など考えもせずに、ただ万事なるがままにして生きてきたが、今こうしてひとり雨音を聞きながら炉辺で冷え切った足を伸ばして暖を取ることができることが至福の喜びだ。

頭陀袋(ずだぶくろ)には、乞食をしてもらってきた三升の米があり、暖を取る一束の薪がある。これ以上何が必要であろうか。

良寛のように飢餓の境で生きた真似はとてもできはしないが(しかし、大富豪のパトロンからもらった酒は飲んでいた)、名誉だの地位だの肩書きなど、競争や成果や他人の評価を気にして生きることが如何につまらないことかと思う。

今こうして痛みも悩みもなく、少し疲れた足を伸ばす気持ちよさをただ感じている。

二度もがんになると、人生で大切なものは何か、価値観もずいぶんと変わってくる。

良寛について多くの書籍を遺した中野孝次。彼の『風の良寛』にこの歌が紹介されている。

風の良寛 (文春文庫)

風の良寛 (文春文庫)

中野 孝次
発売日: 2004/01/09
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 血糖値が良すぎて、不思議?血糖値が良すぎて、不思議? 脊柱管狭窄症の手術後、どうも身体の異常を感じる。 術後副作用の神経性下痢が少なくなり、アヘンチンキの量を減らしている。便も軟便が少なくなり、紙おむつのお世話になる回数も減っ […]
  • 秩父・長瀞、桜山公園。温泉と紅葉撮影の旅:その1秩父・長瀞、桜山公園。温泉と紅葉撮影の旅:その1 土日に秩父・長瀞に行ってきました。がん患者には温泉はやっぱりいいですね。心が癒されます。加えてきれいな紅葉を見ることで「今年の紅葉も見ることができた」と、また来年の紅葉も見たいと […]
  • 光免疫療法の2つの記事光免疫療法の2つの記事 「近赤外光免疫療法後の腫瘍における超浸透性および保持(SUPR)効果の向上」 光免疫療法をDDS(Drag Delivery […]
  • ある闘病記「かわもと文庫」 つねづね私は闘病記は読まないと言っている。がんの闘病記はその多くがハッピーエンドに終わらない。最もハッピーエンドで終わるようながんなら闘病記を書こうかという患者はいないに違いない […]
  • 今日は「がん記念日」今日は「がん記念日」 12年前の今日、6月11日は私の「がん記念日」です。 当時、境界型の糖尿病と言われて治療を続けていたところ、体重が減り、血糖値が急激に上昇してきました。 ちょ […]
  • 心と癌と量子力学の関係(4) 私たちの常識では、「離れた場所にある別々の物体は、別のものである」と考えます。カラスと鳩が右と左の空に浮かんでいれば、別の鳥です。カラスが鳩を襲うためには、空を横切って鳩に近づか […]
  • ノーベル物理学賞:ペンローズ氏の心と量子の関係ノーベル物理学賞:ペンローズ氏の心と量子の関係 ノーベル物理学賞に、ブラックホールに関する研究で大きな貢献をしたイギリスのオックスフォード大学のロジャー・ペンローズ氏ら3人の研究者が選ばれましたね。 ペンローズ氏 […]
  • 今日の一冊(151)『がんを瞬時に破壊する光免疫療法』今日の一冊(151)『がんを瞬時に破壊する光免疫療法』 光免疫療法の開発者である小林久隆先生の初めての一般向けの解説書です。本日の発売です。 副作用や後遺症のないがん療法、体に優しくしかも経済的にもやさしい […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です