スポンサーリンク

粒子線治療の新兵器

膵臓がんの方でも重粒子線、陽子線治療を考えたり、期待している患者は多いです。

しかし、腫瘍が消化管に近かい場合は適用が難しいと断られることがあります。

粒子線はそのエネルギーが高くピンポイントで首長を叩くことができるが、一方で消化管が粒子線に照射されると穴が開くなど損傷を受けやすい。

そのため腫瘍部と正常な組織の間にシートを挟む方法があるが、術前術後に回復してシートを置いたり撤去する必要があった。

神戸大チームは「ネスキープ」という手術で使う縫合糸と同じ成分でシートを開発した。

「ネスキープ」はそのまま放置しても水や二酸化炭素に分解される。

血管や神経に浸潤することが多い膵臓がんへの適用も期待される。

 


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 近年まれな痛快事近年まれな痛快事 あったりまえでしょ。4日の衆院憲法審査会で、自公の推薦した長谷部恭男・早大教授も含めた3人の参考人の全員が安全保障関連法案について「憲法違反」との意見を述べた。長谷部教授は明確に […]
  • 膵臓がんの早期発見法:MRCT膵臓がんの早期発見法:MRCT Medエッジの『膵臓がんを早期発見する新しい方法「MRCP」、3年間で10%が発症』が興味深い。 早期発見が難しい膵臓がんで、家族・親戚に膵がん患者がいて、膵臓がんの発症リ […]
  • 今日の一冊(42)『いのちの苦しみは消える』   元国立がん研究センターの内科医であり、現在は栃木県益子町・西明寺の住職と、境内にある普門院診療所の医師の二足のわらじを履いている田中正治医師。しかし、2 […]
  • 新たな光療法の開発新たな光療法の開発 小林久隆氏らが開発した光免疫療法の治験が、がん研究センター東病院で進んでいますが、甲南大学フロンティアサイエンス学部の三好大輔教授と川内敬子准教授らは、新たに光を利用して […]
  • ランチに釜揚げシラス丼ランチに釜揚げシラス丼 先日少し贅沢をしてランチに1000円使いました。 地元では人気の店です。ここの釜揚げしらす丼が絶品なんですね。 しかし、これがランチでしか提 […]
  • 速報! 児玉さんがリリー・オンコロジーで最優秀賞速報! 児玉さんがリリー・オンコロジーで最優秀賞 嬉しいニュースです。 旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)に参加してくださった児玉さんが、第6回リリー・オンコロジー・オン・キャンバスで最優秀賞(写 […]
  • 焼き場に立つ少年焼き場に立つ少年 戦争も核兵器も、二度とダメだ! […]
  • 今日の一冊(109)「がんと腹水治療 -末期がん・肝硬変 先端医療の現場-」今日の一冊(109)「がんと腹水治療 -末期がん・肝硬変 先端医療の現場-」 CART療法は、1981年に保険認可されているものの癌性腹水治療法として一般に普及していないのが現状です。癌細胞や白血球、フィブリンなどの細胞成分の多い癌性腹水では、狭いファイバ […]

コメントを残す