スポンサーリンク

粒子線治療の新兵器

LINEで送る
Pocket

膵臓がんの方でも重粒子線、陽子線治療を考えたり、期待している患者は多いです。

しかし、腫瘍が消化管に近かい場合は適用が難しいと断られることがあります。

粒子線はそのエネルギーが高くピンポイントで首長を叩くことができるが、一方で消化管が粒子線に照射されると穴が開くなど損傷を受けやすい。

そのため腫瘍部と正常な組織の間にシートを挟む方法があるが、術前術後に回復してシートを置いたり撤去する必要があった。

神戸大チームは「ネスキープ」という手術で使う縫合糸と同じ成分でシートを開発した。

「ネスキープ」はそのまま放置しても水や二酸化炭素に分解される。

血管や神経に浸潤することが多い膵臓がんへの適用も期待される。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 3年前の奇跡3年前の奇跡 東日本大震災から明日で3年になります。「福島は忘れられようとしているのではないか?」マスコミでもあまり取り上げられなくなりました。土曜日のETV特集「ネットワークでつくる放射能汚 […]
  • がんと食事(1)がんと食事(1) どのような食事をすべきかは、がん患者にとって切実な問題です。食事で治ることはあるのだろうか? […]
  • シグマ SPP5.5 のモノクロモードシグマ SPP5.5 のモノクロモード 心待ちしていたSIGMAのSPP5.5がダウンロードできるようになり、早速使ってみた。私はデジカメの初期からデジタル・モノクロに関心を持っていたので、エプソンのインクジェットプリ […]
  • 膵臓がんで手術ができるのならするべきか?膵臓がんで手術ができるのならするべきか? 前回の投稿の続きになります。 手術が怖い いつかの旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)でも、表題のような同じ質問を受けたんですね。 お母 […]
  • 写談「撮んぼ」写真展写談「撮んぼ」写真展 写真家の入江進さんに誘われて、東京芸術劇場で開催されている写談「撮んぼ」写真展に行ってきました。 東京芸術劇場。こんなところで私も個展をやってみたいものです。 […]
  • 膵がんの多剤併用療法は有効か?膵がんの多剤併用療法は有効か? 23日、パンキャン主催の「膵がん勉強会 X'mas スペシャル […]
  • NHKがICRP基準の欺瞞性を検証!NHKがICRP基準の欺瞞性を検証! 昨夜の、NHK […]
  • オメガ3サプリメントを摂ってみるか。オメガ3サプリメントを摂ってみるか。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です