「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


7/7『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2024年7月7日(日) 14:00~16:00(開場:13:45)
【会 場】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円
【対 象】膵臓がん患者とその家族、ご遺族
【定 員】60名
【内 容】
   第1部 「臨床現場における膵臓がん治療~患者・家族に知っておいて欲しいこと~」
    東京都立荏原病院 外科 藤田 泉先生
   第2部 患者・家族の交流会
申込締切は7月4日(木)19:00です。

詳しくはオフィシャルサイトで

粒子線治療の新兵器

膵臓がんの方でも重粒子線、陽子線治療を考えたり、期待している患者は多いです。

しかし、腫瘍が消化管に近かい場合は適用が難しいと断られることがあります。

粒子線はそのエネルギーが高くピンポイントで首長を叩くことができるが、一方で消化管が粒子線に照射されると穴が開くなど損傷を受けやすい。

そのため腫瘍部と正常な組織の間にシートを挟む方法があるが、術前術後に回復してシートを置いたり撤去する必要があった。

神戸大チームは「ネスキープ」という手術で使う縫合糸と同じ成分でシートを開発した。

「ネスキープ」はそのまま放置しても水や二酸化炭素に分解される。

血管や神経に浸潤することが多い膵臓がんへの適用も期待される。

 


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です