オニバイドは一次治療から使っても効果は同じで副作用は少ない

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

オニバイド(ナノリポソーム型イリノテカン製剤(nal-IRI)、一般名:イリノテカン塩酸塩水和物)が、がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な膵がんに対して承認され、使われ始めています。

現状では、アブラキサン+ジェムザールで効果がなくなったあとの二次治療としての承認ですが、バーチャル形式で開催されたWCGC2020で、進行膵がんの一次治療としても有効であるとの発表がありました。

nal-IRIと5FU/LV、オキサリプラチンの併用療法(NALIRIFOX)の安全性と有効性を評価する第一、二相試験において、 ゲムシタビン+nab-パクリキセル、FOLFIRINOXで報告されている結果と効果は同等で、副作用は少ないことが示された。

プール解析の対象患者のPFS中央値は9.2カ月(95%信頼区間:7.69-11.96)、OS中央値は12.6カ月(95%信頼区間:8.74-18.69)で、ゲムシタビン+nab-パクリタキセル、FOLFIRINOXで報告されている結果と同等だった。奏効率は34.4%(95%信頼区間:18.6-53.2)。

健康保険に収載されて一次治療の選択肢が増えるといいですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 日吉ミミさん、膵臓がんで死去日吉ミミさん、膵臓がんで死去 ビックリしました。手術をして経過が良いと聞いていたのですが。6月11日の肝胆膵学会にゲストとして参加するとかの噂もあったようですが、その様子もないのでおかしいなと思っていました。 […]
  • がん研究センターの英断と民間調査委員会の胡散臭さ 『患者必携 […]
  • 原発御用大賞原発御用大賞 「原発御用大賞」なるサイトがある。原発御用学者として誰が一番ふさわしいかを、学者・文化人・政治家の三分野で投票しましょうという趣旨だ。 実はノミネート対象者を募っているとき […]
  • 福島で膵臓がんの死亡率が増加福島で膵臓がんの死亡率が増加 福島で膵臓がんの死亡率が増加(福島民有新聞) 高齢化の影響などを取り除いて算出した12年の「年齢調整死亡率」(人口10万人当たり)は男性179.3人(08年比4.7人減)、女性 […]
  • 低レベル放射線の感受性低レベル放射線の感受性 累積アクセス数が300万を越えました。200万アクセスは2013年6月7日でしたから、1年10ヶ月で100万です。 Medエッジの『低レベル放射線でがんになりやすい […]
  • 罪作りな「安保免疫学」罪作りな「安保免疫学」 首ひねる独自マッサージ後乳児死亡 NPO代表任意聴取      朝日新聞デジタル […]
  • ダーク・チョコレートの抗がん作用ダーク・チョコレートの抗がん作用 先日近所のスーパーでで森永の「カレ・ド・ショコラ」カカオ70%のビターチョコが20円引きになっていたので、まとめ買いしました。全国的にキャンペーン中らしいです。このブログ「ビター […]
  • 膵がんには、悪性とより悪性の2つのタイプがある膵がんには、悪性とより悪性の2つのタイプがある パンキャンのサイトに『膵臓がんのオリゴ転移型と広範囲転移型』との記事が載りました。膵がんにはオリゴ転移型と広範囲転移型という2つのタイプがあり、オリゴ転移型にはより積極的な治 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です