オニバイドは一次治療から使っても効果は同じで副作用は少ない

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

オニバイド(ナノリポソーム型イリノテカン製剤(nal-IRI)、一般名:イリノテカン塩酸塩水和物)が、がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な膵がんに対して承認され、使われ始めています。

現状では、アブラキサン+ジェムザールで効果がなくなったあとの二次治療としての承認ですが、バーチャル形式で開催されたWCGC2020で、進行膵がんの一次治療としても有効であるとの発表がありました。

nal-IRIと5FU/LV、オキサリプラチンの併用療法(NALIRIFOX)の安全性と有効性を評価する第一、二相試験において、 ゲムシタビン+nab-パクリキセル、FOLFIRINOXで報告されている結果と効果は同等で、副作用は少ないことが示された。

プール解析の対象患者のPFS中央値は9.2カ月(95%信頼区間:7.69-11.96)、OS中央値は12.6カ月(95%信頼区間:8.74-18.69)で、ゲムシタビン+nab-パクリタキセル、FOLFIRINOXで報告されている結果と同等だった。奏効率は34.4%(95%信頼区間:18.6-53.2)。

健康保険に収載されて一次治療の選択肢が増えるといいですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 代替医療と「ニセ抗がん剤」代替医療と「ニセ抗がん剤」 23日の新聞各紙によると、中国から輸入した漢方薬を「最強の抗がん剤」としてインターネット販売していた薬事法違反(承認前医薬品の広告)の疑いで、東京都中野区の輸入代行会社「 […]
  • 「お粥試し」が熊本地震を予知?「お粥試し」が熊本地震を予知? 佐賀県みやき町にある千栗八幡宮の「お粥試し」は、神亀元年(724年)に、壬生春成が始めたと伝えられており、1200年以上の歴史をもつ、日本三大粥祭りの一つに数えられるお祭りだそう […]
  • 再臨界は起きるか?再臨界は起きるか? 気もそぞろで、落ち着かない毎日が続いている。がんの告知を受けたときでさえ、こんな気分にはならなかった。もちろん、地震・大津波、そして収束する気配のない福島第一原発が原因だ。 […]
  • CA19-9保険制限回数越えても「選定療養」で可能にCA19-9保険制限回数越えても「選定療養」で可能に 膵臓がんの治療効果などを判定する腫瘍マーカーCA19-9について、「個室部屋」などと同じ「選定療養」として扱うことが、13日に開かれた中央社会保険医療協議会・総会で了承されました […]
  • 明日は投票日明日は投票日 明日は投票日だが、日本海側を中心に大雪の予想も出ている。投票率が下がれば組織票を持つ自公、共産党に有利になるとの予測である。 いつの選挙も「これからの日本の行く先を決める大事な選 […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(6) がんの外科医であり、胃がんで余命半年を告知された西村元一さんは、 がんの遺伝子構造は一人一人異なり、一つとして同じがんはありません。だから治療法も人それぞれ違う。「これが絶 […]
  • メラトニンについて(3) メラトニンについては前回で終わるつもりだったのですが、「米国統合医療ノート」にメラトニンに関する記事があったので紹介します。 メラトニンとがん治療 このブログでは、文献データを見 […]
  • ダークチョコ、水出し緑茶の効果ダークチョコ、水出し緑茶の効果 ダーク・チョコ、ブラック・チョコの効果については何度か書いています。 最近もまた、次のような記事がありました。 チョコレートに含まれるポリフェノールにそうした作用があるよ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です