医者がやりたくない手術

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

現代ビジネス「賢者の知恵」に興味深い記事が載っていた。

群馬大学医学部附属病院での腹腔鏡手術による死亡例や、千葉県がんセンターによる腹腔鏡手術による例のように、治すはずの治療によって命を奪われる患者があとを絶たない。医者自身はどう考えているのだろうか。

『患者さんには、言えません 医者が「やりたい手術」「本当はやりたくない手術」(下)』

実際に医療の現場で行われていても、医者が「本当はやりたくない」と思ってやっている手術も数々あるのだという。

「リスクが高いと判断したら、別の医者に紹介するか、手術をせずに『様子を見ましょう』と言ってとりあえず薬を処方し続ける医者もいます。

「食道がんの外科手術は、胸や腹部まで大きく開かなくてはならず、手術時間も長くて合併症のリスクも高い。それなのに再発することも多いので、正直、やりたくない手術です。外科医ではありますが、放射線や抗がん剤治療を勧めてしまうこともある」(都内総合病院・消化器外科医)

医者が「やりたい手術」として、「肝臓や膵臓がんの腹腔鏡手術は難易度が高く症例数も少ないので、功名心からやりたがる医師がいる。また、開腹手術よりも手術代も高い」(都内大学病院・消化器外科医)

医者には医者の都合があり、常に患者のことを第一に考えているわけではない。

「やりたくない手術」としては、

膵臓がんの手術:「発見しづらいがんのため、見つかったときにはかなり進行していることが多い。手術は難しいのに完治する可能性がほとんどないのでやりたくない」(総合病院・消化器外科医)

がんの陽子線治療:「治療を希望する患者が増えたが、じつは効果が従来の放射線治療とほぼ同じであるという結果が昨年発表された。280万円の治療費に見合うか疑問」(大学病院・放射線科医)

があげられている。膵臓がんは手術ができても完治することは、本当に希だ。

通常の膵臓がんの手術であっても、「やりたくない」からがんセンターやがん研に患者を回すという医者も多いのでしょうね。だからがん研も患者が激増していつも混んでいる。

粒子線治療(陽子線・重粒子線)は、未だにはっきりとしたエビデンスもないのに、全国にどんどんと施設(箱物)だけを増やしている。最先端の医療で治療費も高いのだから、きっと効果があるのだろうと、がん患者を勘違いさせている。EBM至上主義の医療界にあって、こうしたエビデンス無視の医療がどんどん広まることで、本来は手術可能ながん患者が粒子線治療を選択して不利益を被っている例がある。

施設を作っても治療に当たる放射線科医の技量が追いついていなければ、効果が期待できないのはあたりまえ。医療は機械の助けを借りて人が治すのである。最先端の技術でも、最終的には従事する人の経験と勘が結果を左右する。高度な最先端の技術であればあるほど、常にグレーゾーンの判断が求められて、それには高度な経験と場合によっては理屈では説明できない「カン」が求められる。

粒子線治療が通常の放射線治療よりも有意であるという医学的データを公表し、学会での承認、PMDAのような公的機関による評価と承認を得ることが先決だ。現状では、放射線治療が適用できるがん患者は、定位放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)などの高精度放射線治療、部位によっては小線源による内部照射などを選択するのがベターだろう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • その後の血糖値推移その後の血糖値推移 昨日はいつもの糖尿病治療専門病院に。血糖値は135mg/dlで、HbA1cは8.0血糖値:305 → 170 → 135HbA1c:8.5 → 9.2 → […]
  • 永平寺が反原発シンポジウムを開催永平寺が反原発シンポジウムを開催 道元が開山した曹洞宗大本山永平寺が、原発問題を考えるシンポジウム「いのちを慈しむ~原発を選ばないという生き方~」を開催すると報じられています。脱原発に対する議論が巻き起こる中、曹 […]
  • ストレスがあるとリンパ系を介したがんの転移が増えるストレスがあるとリンパ系を介したがんの転移が増える このところストレスとがんの話題が続きます。 ストレスホルモンは、リンパ系に悪影響を及ぼすことによって、がんの転移を促進することがマウスの研究で明らかになった、との記事です。 […]
  • 低用量抗がん剤 肝転移の膵臓がんで半年以上生存低用量抗がん剤 肝転移の膵臓がんで半年以上生存 2月のブログ「今日の一冊(35)『がんは引き分けに持ち込め』」で紹介した銀座並木通りクリニックの三好立先生のブログに興味深い症例が紹介されています。 膵臓がん・多発 […]
  • 柏崎原発は深刻柏崎原発は深刻 激しい神経性の下痢は、アヘンチンキを飲むことで劇的に収まってしまった。麻薬の阿片を水薬にしたもので、激しい下痢や咳に効くということ。副作用として効きすぎによる便秘のおそれ。 本 […]
  • 再臨界は起きるか?再臨界は起きるか? 気もそぞろで、落ち着かない毎日が続いている。がんの告知を受けたときでさえ、こんな気分にはならなかった。もちろん、地震・大津波、そして収束する気配のない福島第一原発が原因だ。 […]
  • 静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開 静岡がんセンターで使用している、患者さんのためのがん薬物療法説明書をダウンロードできます。病気の種類・使用する薬の組み合わせ別に、患者さんに知っておいてほしい内容を1冊にまとめま […]
  • エビデンスは誤解されているエビデンスは誤解されている ガイドラインはエビデンス(科学的な根拠)ではない UMSオンコロジークリニックに「私たちが治療のガイドラインを重要視しない理由」という文章がアップされています。 UM […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です