スポンサーリンク

がん:手術ができなければ「死」なのか

LINEで送る
Pocket

膵臓がんでは手術ができない場合が多いのですが、そうしたとき、どのように考え、治療に臨めばよいのでしょうか。

佐藤典宏先生のユーチューブ動画が、希望を与えてくれます。

  • 「切除不能」と言われたら、延命治療を続けるしかないのか?
  1. 主治医になぜ切除できないのかの理由を聞く
  2. 転移なのか、局所進行なのか
  3. 転移なら、どの臓器に、いくつくらいあるのか
  4. 転移巣は同時に切除できないのか
  5. セカンドオピニオンも考える
  6. 病院や医師によって、切除できるかの判断は違ってくる
  7. コンバージョン手術に備えて体力を蓄える
  8. 抗がん剤の進歩によって、遠隔転移が消えたり、ダウンステージングにより手術できる例が増えている
  9. それに備えて、筋力、筋肉をつけておく、質の良い食事をするなど、体力を維持しておく
  10. 運動をして筋肉の量を増やしておく
  11. 希望を持って毎日を生きる。

など、指針となる話です。

佐藤典宏先生と今日相談をしまして、昨年来の課題となっている先生の講演を9月21日(敬老の日)に行うことになりました。

Zoomを使ったリモート開催です。

詳しくは来週あたりに発表します。ご期待ください。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • がん患者は、被ばくを避けてCT検査を控えるべきか?がん患者は、被ばくを避けてCT検査を控えるべきか? 最近何人かの方から、腫瘍マーカーが上がってきたので心配で、CT検査を受けたいけど、CT検査をすればがんのリスクが増えのでは・・・という質問を受けました。 このブログ […]
  • 医者がやりたくない手術医者がやりたくない手術 現代ビジネス「賢者の知恵」に興味深い記事が載っていた。 群馬大学医学部附属病院での腹腔鏡手術による死亡例や、千葉県がんセンターによる腹腔鏡手術による例のように、治すはずの治療によ […]
  • 今日の一冊(60)『抗がん剤治療の正体』 全がん協生存率データとの比較 8日に発売になったばかりの、低用量抗がん剤治療を行っている梅澤先生の最新著作です。 低用量抗がん剤治療について「がん撲滅サミ […]
  • 膵管破裂一歩手前だった! 膵臓ガンの多くは膵管細胞ガンであり、がん細胞によって膵管が閉塞されて、場合によっては膵管が破裂という悲惨なこともあるらしい。膵臓は脂肪組織の中に浮いているような状態だが、 […]
  • 鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験 正常細胞では増殖しないよう遺伝子改変が施されており、正常細胞を傷つけることはありません。高い有効性と安全性を兼ね備える治療法として期待されています。 国内では第一三共やタカラバ […]
  • 桜の甲州路、写真の旅(2)桜の甲州路、写真の旅(2) 今回の撮影旅行も、カメラはシグマのDP Merrillシリーズ3台と、富士フイルムのX-T2に55-200mmの望遠レンズ。メインはもちろんMerrillです。 […]
  • 三度目のがんは甲状腺がん?三度目のがんは甲状腺がん? 「三度目のがんは甲状腺がん?」コシヒカリ命さんのタイトルを無断で拝借して、こんなふうに。 がん研で「甲状腺がんの疑い」と言われて2週間になります。少しはこのがんのことを調べておか […]
  • 膵癌患者の糖尿病対策:緩やかな血糖値管理で良い膵癌患者の糖尿病対策:緩やかな血糖値管理で良い 膵臓がん患者にとっては、がんの治療と同時に糖尿病対策も大切です。糖尿病を併発する場合が多いからです。膵臓を全摘出している場合はインスリンの注射が欠かせませんし、部分摘出あるいは手 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です