がん:手術ができなければ「死」なのか

Web交流会のご案内

【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

膵臓がんでは手術ができない場合が多いのですが、そうしたとき、どのように考え、治療に臨めばよいのでしょうか。

佐藤典宏先生のユーチューブ動画が、希望を与えてくれます。

  • 「切除不能」と言われたら、延命治療を続けるしかないのか?
  1. 主治医になぜ切除できないのかの理由を聞く
  2. 転移なのか、局所進行なのか
  3. 転移なら、どの臓器に、いくつくらいあるのか
  4. 転移巣は同時に切除できないのか
  5. セカンドオピニオンも考える
  6. 病院や医師によって、切除できるかの判断は違ってくる
  7. コンバージョン手術に備えて体力を蓄える
  8. 抗がん剤の進歩によって、遠隔転移が消えたり、ダウンステージングにより手術できる例が増えている
  9. それに備えて、筋力、筋肉をつけておく、質の良い食事をするなど、体力を維持しておく
  10. 運動をして筋肉の量を増やしておく
  11. 希望を持って毎日を生きる。

など、指針となる話です。

佐藤典宏先生と今日相談をしまして、昨年来の課題となっている先生の講演を9月21日(敬老の日)に行うことになりました。

Zoomを使ったリモート開催です。

詳しくは来週あたりに発表します。ご期待ください。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんクリニックの見分け方がんクリニックの見分け方 美容整形外科や眼科、歯科医まで「免疫(細胞)療法」を謳っていますから、本当に氾濫しています。 ただ、がん患者が「もしかしたら私には・・・」と考える気持ちはよくわかります。統計的 […]
  • 今日の一冊(84)『末期がんでも元気に生きる』今日の一冊(84)『末期がんでも元気に生きる』 実はまだ読んでもいない本(本来は既読の本しか紹介しない)ですが、気になる本です。 帯には「これほど元気な末期の膵臓がん患者を、私は見たことがない」と書かれており、国 […]
  • 退院しました。退院しました。 仁淀川:浅尾の沈下橋。仁淀ブルーが美しい。 本日、10日目で退院となりました。やれやれです。病名は「癒着性イレウス」(要するに”糞詰まり”)、2年前の11月と同 […]
  • 造影剤を激減できる画期的な新型CT造影剤を激減できる画期的な新型CT 異なるエネルギーを含むエックス線を弁別して取りこむことで、CTが進化した。造影剤が少なくて良い。単一エネルギーでは難しかった影の薄い小さな腫瘍も検出できるようになった。フィリップ […]
  • 免疫チェックポイント阻害薬は膵癌に効かないのか免疫チェックポイント阻害薬は膵癌に効かないのか 小細胞肺がんや非小細胞肺癌では、最近たくさんの分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬が使われるようになって、羨ましい限りです。 アストラゼネカの抗PD-L1抗体の免疫チ […]
  • 今日の一冊(10) 『院内カフェ』 このところ、膵癌の方で亡くなったり再発したりが多いような感じです。気が滅入ります。膵癌って本当にやっかいな病気ですね。今夜あたり、ペルセウス座流星群がペピークだというから、流れ星 […]
  • 今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔 岩木一麻の小説に『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』という作品がありましたが、こちらは中村祐輔先生が、ゲノム医療やリキッド・バイオプシー、ネオアンチゲンについて解説した著作です […]
  • 十全大補湯が免疫を活性化する十全大補湯が免疫を活性化する 進行性膵がん患者における漢方薬・十全大補湯の服用による免疫学的パラメーターの変化 において、十全大補湯が膵臓がんに効果がある可能性が書かれています。 徳島大学 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です