シュレベールの箴言(6)

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

免疫細胞は、客観的に見て、より”生きる価値”があるように見える人生を送っている人間の体内では、それだけ活発に動くかのように見える。

がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

ダヴィド・S. シュレベール
2,420円(07/05 00:32時点)
発売日: 2009/02/21
Amazonの情報を掲載しています

がん細胞に対して活発な免疫システムを持っている人は、白血球が活発でない人に比べ、何種類ものがんから守られているように見え、がんが転移して体に広がっていくおそれも少ない。

私たちも、白血球の生命力を刺激することができる。少なくとも、その力にブレーキをかけないようにすることはできる。

免疫システムに関するさまざまな研究によって、食生活が健康的で、環境が清潔であり、全身を使った運動をしていれば、白血球は活動レベルが最も高くなることが知られている。

NHKスペシャル「人体 ミクロの大冒険 第3回 あなたを守る!細胞が老いと戦う
は長生きする人の免疫細胞には特徴がある。NK細胞が老化による影響がなく、元気なのです。老化した免疫細胞を二十歳台と同じように活発にする方法があるのです。それが運動です。わずか5分間の自転車漕ぎ運動で、免疫細胞が活発に活動することを、バーミンガム大学の研究者らが明らかにしました。【リンク先の
動画の13分ころから】

バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠、それに心の平安が、免疫力を高め提示する上で、最も大事なことのようです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 今日の一冊(94)『医療現場における行動経済学』今日の一冊(94)『医療現場における行動経済学』 タイトルだけを見ると「経済学の本?」と思われるかもしれませんが、書店でも経済の棚よりは、むしろ医学書の棚に置いた方がよい本です。 患者が合理的に判断することは難しい […]
  • 今日の一冊(6)『見捨てられた初期被曝』今日の一冊(6)『見捨てられた初期被曝』 明月院のアジサイ 本書は、3.11の原発事故による、主にヨウ素131の初期被曝から子どもたちを守るために何が足りなかったのか。被害を小さく見 […]
  • 今日の一冊(89)『統合医療の真実』今日の一冊(89)『統合医療の真実』 著者の篠浦伸禎氏は、都立駒込病院で脳神経外科部長を務める脳外科医です。脳外科と統合医療? どんな関係があるのか? 関係なさそうだけど? […]
  • シュレベールの箴言(9)シュレベールの箴言(9) 副作用の少ない自然の解決策があれば、私たちは体のなかの炎症を抑えることができる。自然の解決策とは、炎症を促進する毒素を生活環境から排除すること、がんに対抗できる食物を摂取すること […]
  • シュレベールの箴言(7)シュレベールの箴言(7) どんなことが起ころうとも、自分の健康のあらゆる面を最大限大切にしようとすること道を選んだことを、わたしは幸せに思うだろう。 なにより大切にしなければならないのは、健康であり […]
  • シュレベールの箴言(5)シュレベールの箴言(5) 自然治癒力を高める方法はいくつかあるが、その切り札を全てそろえたからといって、あらかじめ勝負に勝つことが保証されているわけではないのです。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です