糖質制限食は劇的に効く

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket


今日は病院で血糖値だけ測定してもらった。正月を前にして、この間の糖質制限食がどれだけ効果があったのかを確かめるためです。

食後2時間の血糖値で、170mg/dl でした。

一週間前の、食後4時間の値305mg/dl にはビックリしたが、それ以後のわずかな期間のスーパー糖質制限食で、ここまで劇的に下がるとは正直予想もしていなかった。

糖質制限食は、江部康二先生の言うように本当にリアルタイムに血糖値が下がります。

食後高血糖が糖尿病の合併症、特に大血管障害の危険を増大させることは、糖尿病専門医の常識となっています。そして食後2時間の血糖値が180mg/dl 未満であれば、合併症の発症が少ないことが疫学的調査で明らかになっているそうです。

食後血糖値を180mg/dl 以下に抑えることが、糖尿病患者としての当面の目標となります。私はその目標を1週間で達成したということになります。

先生曰く「これなら大丈夫だよ。薬も今まで通りでいきましょう」とのこと。

「糖質60%、タンパク質20%、脂質20%」という永らく信じられてきた日本の糖尿病食は、24時間血糖値が計れる機械ができて測定してみたら、この食事では血糖値が下がらないことが明らかになったのです。糖質制限食は有効ですが、糖質ゼロにはできないので、これまでよりは減らすという考えでいきましょう。1日に1回は主食を摂るということでも良いと思います。

との説明でした。糖質制限食は徐々に広まっているようです。

しかし、これから年末年始を迎えるわけで、しばらくは3食とも主食を抜くスーパー糖質制限食でいくつもりです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 大阪大学におけるがんのケトン食療法大阪大学におけるがんのケトン食療法 『外科と代謝・栄養』誌の10月号に「~がんに対する糖質制限食治療の可能性~大阪大学におけるがんケトン食療法5年間の取り組みについて」との記事がありました。 阪大における […]
  • 血糖値の自己測定を始めた血糖値の自己測定を始めた 先月25日に、自己血糖測定器「アキュチェック […]
  • ケトン食でステージ4の肺がんが寛解ケトン食でステージ4の肺がんが寛解 ケトン食のがん治療効果について、日本での事例が昨年10月、京都市で開かれた「第53回日本癌治療学会学術集会」で発表されました。末期肺がん(ステージ4)の患者さんにケトン食を取って […]
  • 血糖値もまあまぁです血糖値もまあまぁです 小鳥はいいよなぁ。命をそのまま生きている。 昨日は血糖値の管理をお願いしている先生の診察。 昼に天ぷら蕎麦を食ったので、血糖値は231mg/dl。Hb […]
  • 血糖値が異常とまでは言えないが・・・血糖値が異常とまでは言えないが・・・ いまは正常に戻ったのですが、先月末から血糖値が不安定でした。 9/25 夕食後 […]
  • SU剤からグリニド系剤に変更SU剤からグリニド系剤に変更 自宅周辺も大雪です。10センチ程度で「大雪」なんて言っては、雪国の方に笑われそうですが、13年ぶりの大雪警報だとか。南国育ちで、子どものころ、めったに雪を見たことのない私は、雪が […]
  • 糖質制限食とこむら返り糖質制限食とこむら返り 昨日の撮影旅行。みなかみ町の裏見の滝。紅葉も見頃でした。 6年前、こむら返り、酷い喉の渇きが起きたのが膵臓がんを見つけるきっかけだったのですが、最近またこむら返りが頻繁に起き […]
  • 血糖値はコントロールできている血糖値はコントロールできている 先日の糖尿病管理をお願いしている先生の診察日、HbA1cは6.1%(NGSP)でした。 9.2→6.8→6.4→6.1と回を追うごとに改善しています。6.3以上が「糖尿病の疑い」 […]
LINEで送る
Pocket

糖質制限食は劇的に効く” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    ヤシロさん。膵がん患者は血糖値の管理に苦労している方が多いようですね。まだ糖質制限食に懐疑的な医師もいるようですから、患者としてはうまく話を合わせるのに苦労するようです。
    癌を押させるためには肉類は控えた方が良いのでしょうが、今はそれよりも血糖値を正常に保つ方が優先です。致し方ありません。
    健康というのは病気ではない、こととは違うのですよね。健康なままで死ぬことができれば最高に幸せです。

  2. ヤシロ より:

    糖質制限を実行すると血糖値がてきめんに下がりますよね。
    体重も簡単に落ちるし。正直、糖質がここまで肥満と密接な関係にあるとは思っていませんでした。
    健康診断の一ヶ月間からゆるーい糖質制限を行ったんですが、昨年境界線型と言われたのが正常値の下限すれすれまで落ちて、あまりの下がりっぷりに医師から「一体何をしたんですか?」としつこく聞かれました。
    健康と寿命は最終的には金で買えないなぁ、と言うのを今さらしみじみ実感しています。
    死の間際まで心身ともども健康でいられる生き方をするという事は、功徳を積むことになると思います。
    キノシタ様のご多幸をお祈りしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です