スポンサーリンク

三度目のがんは甲状腺がん?

「三度目のがんは甲状腺がん?」
コシヒカリ命さんのタイトルを無断で拝借して、こんなふうに。

がん研で「甲状腺がんの疑い」と言われて2週間になります。少しはこのがんのことを調べておかなくては。膵臓がんに関しては8年のベテランですが、甲状腺がんは全くの初心者マークです。

昨日は赤ひげ先生のところでリパクレオン・ビオスリーを処方してもらったついでに、検査結果を説明した。「お代は戴きませんから」と先生が超音波で甲状腺を診てくれた。さすがは赤ひげ先生だ。

大きさは17mmほど、ほとんどが嚢胞で、しこりは触っても分からない。この見立だった。嚢胞の中心部に下腿部分があるからこれが腫瘍かもしれないという判断でした。がん研では細胞診をすることになりそう。

先生「粛々と治療するしかないね」
私 「な~に、膵がんで死なずに長生きした"ご褒美"だと思っています」
女医さん、目をぱちくり(この日は研修で若い女医さんが診察してくれた。柔らかい手でのど仏も触っていただきました \(^_^)/ )

スポンサーリンク

とりあえず、情報集めは基本から、ということで、まずはEvernoteに「甲状腺がん」のノートブックを作成。調査した情報は全てこのノートに入れることにしておけば、スマホでどこにいても見ることができる。

がん情報センター」で甲状腺がんの冊子をダウンロード。ふむ、なになに。甲状腺がんにはいくつかの種類があるらしい。

  1. 乳頭がん
  2. 濾胞がん
  3. 髄様がん
  4. 未分化がん
  5. 悪性リンパ腫

乳頭がんの割合が一番多くて9割はこれ。進行も遅く、予後も良い。それ以外は数%づつの割合。髄様がんは進行が早く・・・、腫瘍マーカーCEAが高くなる・・・。

私のCEAは基準値をわずかに超えていた。これをどう判断するかだなぁ。誤差の範囲内か、これから上がるのか。

ステージ分類もずいぶんと細かい。ステージⅣCまである。

Ⅰ期-がんが甲状腺内にとどまっており、大きさは2cm以下

だとすると私の場合はまだⅠ期だ。仮に髄様がんだとしても、

甲状腺髄様癌は「がん=悪性腫瘍」であることには違いありませんが、一般の癌に比べるとその性質は比較的おだやかと言えるかもしれません。以前に日本で行われた調査では診断がついてから10年後の生存率は92%でした。ただし腫瘍の悪性度はMEN2のタイプによっても若干異なり、MEN2Bでは悪性度が高く、一方FMTCでは悪性度は低いと考えられています。甲状腺髄様癌が進行すれば周囲のリンパ節や肺、骨、肝臓などに転移し、そのための治療が必要になってきます。

あまり心配することはなさそうだ。「10年後の生存率は92%」ならその前に天寿を全うしている可能性も高い。

医師の説明について行けるだけの基本的な情報を集めたら、後はがん研での検査待ち。まだバタバタとする時期ではないと思う。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(57)『すい臓がんから奇跡の生還』今日の一冊(57)『すい臓がんから奇跡の生還』 前日の雨のしずくが白い斑点となって丸いぼけを作り、幻想的です。   膵臓がんから生還するためにやったこと 闘病記はよほどのことがない限りは買わないのだが、タ […]
  • 医師主導治験の情報:牛蒡子(アルクチゲニン)医師主導治験の情報:牛蒡子(アルクチゲニン) がん情報サービスに「公費助成を得て行われる医師主導治験の情報」が新たにUpされています。膵臓がんでは、 アルクチゲニン(牛蒡子の抽出物)国立がん研究センター […]
  • 自宅療養者の健康観察、地域のクリニックが自宅療養者の健康観察、地域のクリニックが 私の住む大田区では、新型コロナウイルスに感染をしたが入院もできず、宿泊療養施設にも入ることができずに自宅療養となっている患者が2000人もいます。 保健所からは1日に一回 […]
  • 生きているのじゃなく、生かされている生きているのじゃなく、生かされている 明日が今日と同じように続くはずだと、誰もが疑ってはいないけれど、本当のところ、明日が今日と同じであるなんてことは決まったことじゃないんだ。誰にとっても死は目の前にあるということで […]
  • ビタミンDで2型糖尿病患者の血糖値が改善ビタミンDで2型糖尿病患者の血糖値が改善 ビタミンDの抗がん作用については、このブログでも何度も取りあげていますが、2型糖尿病の血糖値管理にも有効なようです。 血糖値とインスリン抵抗性が改善 2型糖 […]
  • 光免疫療法:がん細胞壊死の誘発および免疫活性化光免疫療法:がん細胞壊死の誘発および免疫活性化 楽天メディカルは光免疫療法の技術をもとに、選択的な細胞壊死をもたらす技術を開発中ですが、その前臨床試験結果を発表しています。 まず、光免疫療法とイルミノックス・プラット […]
  • 放影研の寿命調査(LSS)第14報放影研の寿命調査(LSS)第14報 放影研の寿命調査(LSS)第14報が出ています。3月にPubMedに発表されていたものが、やっと日本語の概要が読めるようになりました。概要の要点は、 がん死亡の17%増加、特に被 […]
  • 卵巣がん体験者の会のNスペ「がんワクチン」批判【追記あり】卵巣がん体験者の会のNスペ「がんワクチン」批判【追記あり】 先日のNHKスペシャル「がんワクチン~夢の治療薬への格闘~」につてい、卵巣がん体験者の会スマイリー:片木美穂代表が全面的で適切な批判の意見をアップされています。 2012年11月 […]

三度目のがんは甲状腺がん?” に対して4件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    Kathy さん。
    がん研では首までしっかりと撮ってくれたんですね。
    あまり心配していないので、粛々と対応するまでです。
    有り難うございます。

  2. kathy より:

    びっくりしましたが、キノシタさんは冷静ですごいですね。
    大したことがないことを祈っています。
    でも、どうやって癌研では発見できたのでしょうか。
    普通、検診のCTは首から下なので、甲状腺はとらないと思うのですが。。

  3. キノシタ より:

    金魚さん。
    いつも嬉しいコメントありがとうございます。医療従事者の方から「息災」のと言われたら、そう生きるしかないですよね。
    ま、ぼちぼちと行きます。

  4. 金魚 より:

    キノシタ さま
    おつかれさまです。
    甲状腺がんは、ほとんどが進行が遅いし、良性も多いのであまり心配していないのですが、さすが調べは万全ですね~
    一部、急に組織型が変わるものがあるので、定期的なフォローはかかせませんから、病院通いは増えますが、それも息災に暮らすにはかえって良いかもしれません。
    なるべく面倒な検査が不要でありますよう祈念しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です