スポンサーリンク

三度目のがんは甲状腺がん?

LINEで送る
Pocket

「三度目のがんは甲状腺がん?」
コシヒカリ命さんのタイトルを無断で拝借して、こんなふうに。

がん研で「甲状腺がんの疑い」と言われて2週間になります。少しはこのがんのことを調べておかなくては。膵臓がんに関しては8年のベテランですが、甲状腺がんは全くの初心者マークです。

昨日は赤ひげ先生のところでリパクレオン・ビオスリーを処方してもらったついでに、検査結果を説明した。「お代は戴きませんから」と先生が超音波で甲状腺を診てくれた。さすがは赤ひげ先生だ。

大きさは17mmほど、ほとんどが嚢胞で、しこりは触っても分からない。この見立だった。嚢胞の中心部に下腿部分があるからこれが腫瘍かもしれないという判断でした。がん研では細胞診をすることになりそう。

先生「粛々と治療するしかないね」
私 「な~に、膵がんで死なずに長生きした"ご褒美"だと思っています」
女医さん、目をぱちくり(この日は研修で若い女医さんが診察してくれた。柔らかい手でのど仏も触っていただきました \(^_^)/ )

とりあえず、情報集めは基本から、ということで、まずはEvernoteに「甲状腺がん」のノートブックを作成。調査した情報は全てこのノートに入れることにしておけば、スマホでどこにいても見ることができる。

がん情報センター」で甲状腺がんの冊子をダウンロード。ふむ、なになに。甲状腺がんにはいくつかの種類があるらしい。

  1. 乳頭がん
  2. 濾胞がん
  3. 髄様がん
  4. 未分化がん
  5. 悪性リンパ腫

乳頭がんの割合が一番多くて9割はこれ。進行も遅く、予後も良い。それ以外は数%づつの割合。髄様がんは進行が早く・・・、腫瘍マーカーCEAが高くなる・・・。

私のCEAは基準値をわずかに超えていた。これをどう判断するかだなぁ。誤差の範囲内か、これから上がるのか。

ステージ分類もずいぶんと細かい。ステージⅣCまである。

Ⅰ期-がんが甲状腺内にとどまっており、大きさは2cm以下

だとすると私の場合はまだⅠ期だ。仮に髄様がんだとしても、

甲状腺髄様癌は「がん=悪性腫瘍」であることには違いありませんが、一般の癌に比べるとその性質は比較的おだやかと言えるかもしれません。以前に日本で行われた調査では診断がついてから10年後の生存率は92%でした。ただし腫瘍の悪性度はMEN2のタイプによっても若干異なり、MEN2Bでは悪性度が高く、一方FMTCでは悪性度は低いと考えられています。甲状腺髄様癌が進行すれば周囲のリンパ節や肺、骨、肝臓などに転移し、そのための治療が必要になってきます。

あまり心配することはなさそうだ。「10年後の生存率は92%」ならその前に天寿を全うしている可能性も高い。

医師の説明について行けるだけの基本的な情報を集めたら、後はがん研での検査待ち。まだバタバタとする時期ではないと思う。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 今日の一冊(21)『がんを告知されたら読む本』 ビオセラクリニック院長の谷川啓司医師の本です。ビオセラクリニックは東京女子医科大学病院の関連施設で、活性化リンパ球療法、樹状細胞療法などの免疫細胞療法、局所・全身温熱療法 […]
  • 外気功で病気は治るのか外気功で病気は治るのか 『健康問答』で、帯津良一医師が、五木寛之との対談で次のように述べている。 イギリスでスピリチュアル・ヒーリングのセミナーに参加したとき、初日にいきなり遠隔治療を行なわされた。私は […]
  • ノーベル賞候補? それがなんだって言うのよノーベル賞候補? それがなんだって言うのよ 「ノーベル賞候補? それがなんだって言うのよ。大騒ぎするんじゃない!」 中村祐輔先生がブログでぶちまけているのは、一言で言えばこういうことでしょう。 […]
  • 父をすい臓がんで亡くした現役医師が語る父をすい臓がんで亡くした現役医師が語る 白山観音から高遠城址公園を望む 高遠城址公園のコヒガンザクラ 桜の時期が来ましたけど新型コロナの影響もあり、 首都圏はまだ緊急事態宣言が発令中です。 […]
  • Kindle本-出版しましたKindle本-出版しました やっと完成しました。 『がん患者のためのインターネット活用術』 最初にお断りを。 この本には治るための必殺技とか、「魔法の弾丸」のような代替療法、これでがんが必 […]
  • 今日の一冊(38)『がんでも長生き 心のメソッド』今日の一冊(38)『がんでも長生き 心のメソッド』   精神神経免疫学(PNI)という分野があります。このブログでも何度か触れていますが、がんと心の関係を研究する分野です。二つの特徴があります。一つは、がんにな […]
  • 今日の一冊(59)『余命半年、僕はこうして乗り越えた!』 がんの外科医が診察中に下血。検査の結果は「肝転移を伴う、根治が難しい進行胃がん。治療しなければ余命半年」と、告げられる。 著者の西村元一先生は、金沢赤十字病院の副院長であり […]
  • 光免疫療法―未来世紀ジパングで紹介された光免疫療法―未来世紀ジパングで紹介された 昨夜、5月16日のテレビ東京『未来世紀ジパング』で光免疫療法が紹介されていました。大部分はこの4月から肺がんなどの一部がんに保険適用となった手術ロボット「ダビンチ」の紹介でしたが […]
LINEで送る
Pocket

三度目のがんは甲状腺がん?” に対して4件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    Kathy さん。
    がん研では首までしっかりと撮ってくれたんですね。
    あまり心配していないので、粛々と対応するまでです。
    有り難うございます。

  2. kathy より:

    びっくりしましたが、キノシタさんは冷静ですごいですね。
    大したことがないことを祈っています。
    でも、どうやって癌研では発見できたのでしょうか。
    普通、検診のCTは首から下なので、甲状腺はとらないと思うのですが。。

  3. キノシタ より:

    金魚さん。
    いつも嬉しいコメントありがとうございます。医療従事者の方から「息災」のと言われたら、そう生きるしかないですよね。
    ま、ぼちぼちと行きます。

  4. 金魚 より:

    キノシタ さま
    おつかれさまです。
    甲状腺がんは、ほとんどが進行が遅いし、良性も多いのであまり心配していないのですが、さすが調べは万全ですね~
    一部、急に組織型が変わるものがあるので、定期的なフォローはかかせませんから、病院通いは増えますが、それも息災に暮らすにはかえって良いかもしれません。
    なるべく面倒な検査が不要でありますよう祈念しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です