スポンサーリンク

小さな秋、パンキャンの患者会

LINEで送る
Pocket

今日はパンキャンで膵臓がんセミナー(患者会)でした。

その前に神楽坂を散策写真。テーマは「小さな秋」ということにして、ちょっと早い秋の被写体を探しました。結局絵になりそうなのは「ほおずき」だけでしたが。

DSC01161

DSC01170
DSC01197

DSC01178
DSC01202

懐かしいブリキのおもちゃが並んでいたりで、ちょっとの秋と、ちょっと昭和のレトロを楽しめました。

20名近くの方が参加したセミナーは、主に患者同士の情報交換の場となりました。皆さん厳しい現実に、さまざまな方法で立ち向かっています。2週連続での膵臓がん患者の集まりに参加して、あらためてこの病気の困難さを実感した次第です。

パンキャンのこの催し、しばらくは毎月開催する予定だそうです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 父をすい臓がんで亡くした現役医師が語る父をすい臓がんで亡くした現役医師が語る 白山観音から高遠城址公園を望む 高遠城址公園のコヒガンザクラ 桜の時期が来ましたけど新型コロナの影響もあり、 首都圏はまだ緊急事態宣言が発令中です。 […]
  • 気になる本『奇跡のシェフ』気になる本『奇跡のシェフ』 上毛新聞で紹介されていたこの本、気になりますね。クラウドファンディング「ハレブタイ」で目標の30万円を大きく上回る138万円を集めて出版にこぎ着けています。自費出版でなく、庶民の […]
  • 臨床瑣談 中井久夫 精神科医であり、ギリシャの詩人カヴァフィスの詩集を翻訳出版するなどの活躍もしている中井久夫さんは、「膵臓疾患を発見する最大の秘訣は何か。それは膵臓の存在を忘れないことだ。」と書い […]
  • ぎっくり腰になっちゃったぎっくり腰になっちゃった 非常時の備蓄用に水とお茶を保存しているのですが、在庫が少なくなってきたので「森の水だより」を6ケースとお茶を6ケース買って、エレベータで3階まで上げました。 そのと […]
  • がんと微小環境がんと微小環境 牧野植物園(高知市)できれいに咲いていたニンファエア「紫式部」(スイレン科)。 横から鑑賞するのが一番お勧めらしいので、横からのショットも。 なるほど、優雅にすらっと立ってい […]
  • オリゴメタ説なら転移したがんも治療できるオリゴメタ説なら転移したがんも治療できる オリゴメタ説(小数転移説)とは 標準治療によるがん治療では、転移が1ヵ所でもあったら全身に無数に転移しているという〝全身転移説〟をとっている。『がん情報サービス』でも、この立場 […]
  • 膵臓がんはやはり「がんの王様」膵臓がんはやはり「がんの王様」 週刊現代が特集をやっている。 これが30万人の「医療ビッグデータ」がはじき出した 「がん」の「5年生存率」ナマ数値だ 全国がんセンター協議会(全がん協)のデータをも […]
  • がんの遺伝子は瞑想でオフにできるがんの遺伝子は瞑想でオフにできる 瞑想によって脳波が同調する マインドフルネスなどの瞑想をすることで、遺伝子のスイッチをオフにできる。これが科学的に実証されつつあります。 マインドフルネスでも用いられ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です