ビジネスクラス

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

中村祐輔先生の『シカゴ便り』がアメリカの医療事情を良く伝えている。「続々と開発されるがん新規治療薬」では、9月4日にFDAが承認した米製薬企業メルクの免疫チェックポイント阻害剤、抗PD-1抗体、Keytruda(キートルーダ)、(商品名ペンブロリズマブ)のことが書かれている。メラノーマの治療薬です。

がん細胞は非常に利口だから、免疫細胞にブレーキをかけて自分を守る仕組みを持っている。その分子がCTLA-4やPD-1で、がん細胞はT細胞上のこれらの分子のスイッチを入れることでブレーキをかけ、免疫細胞から自分自身を守ることができる。本当に利口なんです。がん細胞は。

で、新しい薬はこれら免疫を抑えるためのチェック機構(チェックポイント)を担う分子を標的にした薬剤なので「免疫チェックポイント阻害薬」と呼びます。がんペプチドワクチンなどの免疫系を賦活させるだけでは効果がないのはこうした仕組みのためのようです。

この薬の価格が驚くような高額です。キートルーダの患者1人当たりの薬剤費は、月12,500ドル(約125万円)、1年間続けると15万ドル(約1500万円)となるといいます。分子標的薬などの新薬がどんどん承認されてがん患者の命を救うようになって欲しいが、一方で高齢化社会に向けて医療費が膨れあがっていくことは必至でしょうね。膵臓がんのこのような新薬が登場して、余命半年と言われたとしたら、私など「こんな初老の男に1年で1500万円も使う価値があるのか」と考えてしまいそうです。(保険承認されなければ使いようもないけど)

財政破綻を避けようとすれば、「救える命を救う」=お金のある患者だけでも救うべきという考えで「混合診療」が肯定されるような気がします。病院の点滴用の椅子で、方や高額な新薬を自由診療で使っている患者、一方では承認された抗がん剤しか使えない患者が隣同士で、という図が見えてきそうです。ファーストクラスやビジネスクラスとエコノミークラスが同じ機内(病院)で、目的地は「延命、または完治」というツアーです。

上昌広氏は著書『医療詐欺』のなかで、『国や医師会が批判する「混合診療」を導入すれば安全性が上がる』と書き、航空会社がビジネスクラスを導入したおかげで競争原理から安全性が向上したと書いていますが、本当にそうでしょうか。

飛行機事故が起きたときにパイロットもファーストクラスの乗客もエコノミークラスの乗客も同じように死にます。パイロットだって死にたくはないでしょうから必至で墜落を避けようとするでしょう。しかし、病院は飛行機ではない。医者と患者は運命共同体ではないし、治療の甲斐無く死ぬのは患者であって医者ではないのです。一方でビジネスクラス、ファーストクラスの患者は治療の恩恵をより多く受けることができるでしょう。

日本医師会も「混合診療反対」の旗を降ろしたようなので、いずれ混合診療が普通の状態になるに違いありません。命の価値も金次第という時代です。これがグローバル化の行き着く結果です。医療は、たとえ大地震や津波が来ようが、戦争が起きようが、原発が爆発しようが、機能しなくてはならないものです。そこに「儲かるか儲からないか」という論理はありえない。

Gaza_war_2009_6 ガザ地区ではたくさんの民間人、子供が無残に死んでいます。それを思うと、がん患者の「治りたい」「もっと生きたい」という願いは当然なのですが、現在の日本の医療でも十分に天国のような気がしないでもない。平和があっての医療です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 古稀の誕生祝い古稀の誕生祝い 古稀とは数え年での70歳ですから、本当は昨年のはずですが固いことは言わない。昨夜は子どもたちが古稀の誕生祝いをしてくれました。 場所は立合川の『蕎麦会席 […]
  • 『新しいチェロ奏法』 インフルエンザもやっと治った気がする。下痢で4日間で体重が3キログラム減になった。62キロから59キロ。これがダイエットなら大成功なんでしょうが。 チェロ弦を替えました。ゴフリラ […]
  • 今日の一冊(46)『バビロンの秘文字』今日の一冊(46)『バビロンの秘文字』 イラクのモスルの近くに、100万人のラガーンという架空の民族がいるという設定である。ラガーンには奴隷という意味がある。 しかし、ラガーンは独特のくさび形文字を持ち、どの民族 […]
  • GO TO HOSPITALGO TO HOSPITAL GO TOトラベルならぬ、GO TO […]
  • 「がん撲滅サミット」に苦言、さて?「がん撲滅サミット」に苦言、さて? 「第54回日本癌治療学会学術集会」が10月20日からパシフィコ横浜で開催されます。22日(土)の市民公開講座「がん撲滅サミット」には、銀座並木通りクリニック 院長 […]
  • ウコン(ターメリック)はがんに効くのか、効かないのか?ウコン(ターメリック)はがんに効くのか、効かないのか? ウコン(ターメリック)はがんに効果があるのか。賛否両論あります。 私も継続してウコンを摂っています。ウコンを摂取するときの科学的根拠と注意点をまとめてみました。 【注意点 […]
  • 科学的な視点が足りない科学的な視点が足りない 今朝の東京新聞の一面トップは中村祐輔先生の記事でした。 がん研有明病院では、新型コロナへの対応でがんの手術ができない病院の患者を受け入れ、週末にも手術する体制を組んでいる。 […]
  • すい臓がん患者 希望のニュースすい臓がん患者 希望のニュース 先日も作家の栗本薫(中島梓)さんがすい臓がんで亡くなったというニュースがありました。私のブラウザではGoogleニュースの検索オプションに「 -訃報 -葬儀 」を設定してあり、通 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です