スポンサーリンク

ビジネスクラス

LINEで送る
Pocket

中村祐輔先生の『シカゴ便り』がアメリカの医療事情を良く伝えている。「続々と開発されるがん新規治療薬」では、9月4日にFDAが承認した米製薬企業メルクの免疫チェックポイント阻害剤、抗PD-1抗体、Keytruda(キートルーダ)、(商品名ペンブロリズマブ)のことが書かれている。メラノーマの治療薬です。

がん細胞は非常に利口だから、免疫細胞にブレーキをかけて自分を守る仕組みを持っている。その分子がCTLA-4やPD-1で、がん細胞はT細胞上のこれらの分子のスイッチを入れることでブレーキをかけ、免疫細胞から自分自身を守ることができる。本当に利口なんです。がん細胞は。

で、新しい薬はこれら免疫を抑えるためのチェック機構(チェックポイント)を担う分子を標的にした薬剤なので「免疫チェックポイント阻害薬」と呼びます。がんペプチドワクチンなどの免疫系を賦活させるだけでは効果がないのはこうした仕組みのためのようです。

この薬の価格が驚くような高額です。キートルーダの患者1人当たりの薬剤費は、月12,500ドル(約125万円)、1年間続けると15万ドル(約1500万円)となるといいます。分子標的薬などの新薬がどんどん承認されてがん患者の命を救うようになって欲しいが、一方で高齢化社会に向けて医療費が膨れあがっていくことは必至でしょうね。膵臓がんのこのような新薬が登場して、余命半年と言われたとしたら、私など「こんな初老の男に1年で1500万円も使う価値があるのか」と考えてしまいそうです。(保険承認されなければ使いようもないけど)

財政破綻を避けようとすれば、「救える命を救う」=お金のある患者だけでも救うべきという考えで「混合診療」が肯定されるような気がします。病院の点滴用の椅子で、方や高額な新薬を自由診療で使っている患者、一方では承認された抗がん剤しか使えない患者が隣同士で、という図が見えてきそうです。ファーストクラスやビジネスクラスとエコノミークラスが同じ機内(病院)で、目的地は「延命、または完治」というツアーです。

上昌広氏は著書『医療詐欺』のなかで、『国や医師会が批判する「混合診療」を導入すれば安全性が上がる』と書き、航空会社がビジネスクラスを導入したおかげで競争原理から安全性が向上したと書いていますが、本当にそうでしょうか。

飛行機事故が起きたときにパイロットもファーストクラスの乗客もエコノミークラスの乗客も同じように死にます。パイロットだって死にたくはないでしょうから必至で墜落を避けようとするでしょう。しかし、病院は飛行機ではない。医者と患者は運命共同体ではないし、治療の甲斐無く死ぬのは患者であって医者ではないのです。一方でビジネスクラス、ファーストクラスの患者は治療の恩恵をより多く受けることができるでしょう。

日本医師会も「混合診療反対」の旗を降ろしたようなので、いずれ混合診療が普通の状態になるに違いありません。命の価値も金次第という時代です。これがグローバル化の行き着く結果です。医療は、たとえ大地震や津波が来ようが、戦争が起きようが、原発が爆発しようが、機能しなくてはならないものです。そこに「儲かるか儲からないか」という論理はありえない。

Gaza_war_2009_6 ガザ地区ではたくさんの民間人、子供が無残に死んでいます。それを思うと、がん患者の「治りたい」「もっと生きたい」という願いは当然なのですが、現在の日本の医療でも十分に天国のような気がしないでもない。平和があっての医療です。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 膵臓がんが消えた? ARISUさん 1月8日の記事でちょこっと紹介したARISUさんの手術。無事に終わって一般病棟に帰ってきたようですね。お疲れさまでした。 ARISUの連絡帳『痛いが止まらな~い』 し […]
  • 100年に1度は福島原発並みの事故が起きると東電認める100年に1度は福島原発並みの事故が起きると東電認める こちらのニュースに注目。注水停止20時間で炉心損傷、確率5千年に1回  東京電力は17日、福島第一原子力発電所1~3号機で再び炉心が損傷する確率は、約5000年に1回とする試算結 […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』アンケートの結果『膵臓がん患者と家族の集い』アンケートの結果 コロナ禍でも「膵臓がんの集い」をどのようにして開催し、運営していったら良いのか、皆さんにお願いしたアンケートですが、19名の方からご意見をいただくことができました。 具体的 […]
  • エレガントな宇宙と宇宙を織りなすもの 丸善書店を散策。福岡伸一の『動的平衡』が目に留まったので、ぱらぱらと見てみたが、『もう牛を食べても安心か』や『生物と無生物のあいだ』で述べられているシェーンハイマーの動 […]
  • 癌研での定期検査の結果癌研での定期検査の結果 昨日は半年ぶりの、癌研での定期検査でした。検査をしないと不安だし、検査をするとなるとその結果がどうなのか、これまた不安になります。検査の結果、再発していたらどうしようか、転移はし […]
  • 再発防止や難治がんに対する研究も広がっているがんワクチン再発防止や難治がんに対する研究も広がっているがんワクチン 「がんサポート情報センター」に昨年9月号の掲載記事が次々と無料公開されています。鎌田 […]
  • 今日の一冊(94)『医療現場における行動経済学』今日の一冊(94)『医療現場における行動経済学』 タイトルだけを見ると「経済学の本?」と思われるかもしれませんが、書店でも経済の棚よりは、むしろ医学書の棚に置いた方がよい本です。 患者が合理的に判断することは難しい […]
  • ニボルマブって幾らでしょうか?ニボルマブって幾らでしょうか? 前々回の記事で免疫チェックポイント阻害剤「ニボルマブ」の話題に触れましたが、この薬の薬価は幾らでしょうか?承認された用法・用量は、通常、成人にはニボルマブとして1回2mg/kgを […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です