進行がんも転移癌も治癒させるのだ

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

IMG_7725


中村祐輔先生のブログ『シカゴ便り』に「進行がんも転移癌も治癒させるのだ」との記事があります。

がん治療の分野で新しい免疫療法が急展開しているとの話題です。オプジーボが話題になってからは、日本でも免疫療法への期待が膨らんでいます。

ネオアンチゲン(がん細胞で検出された遺伝子異常によって生じた、がん細胞の目印となるがん抗原)を認識するT細胞を見つけ出し、治療に応用する研究が進んでいる。

がん細胞で見つかったネオアンチゲン候補を細胞内で作らせ、それをもとにがん細胞を敵と認識するリンパ球を探し出す方法だ。論文では、57のネオアンチゲンを調べ、11個のネオアンチゲンが、健常人由来のリンパ球からネオアンチゲンを認識できるリンパ球を誘導できたと報告していた。これらのT細胞が、患者由来のメラノーマ細胞を認識するようだ。

進行がん、転移がんは、治らない、諦めるしかない、そして、極端な場合「戦うのは無駄だ」という声もある。しかし、そのような時代では、無くなってきているのだ。この時代の急速な動きがあるにもかかわらず、日本はあまりにも鈍感である。著名人ががんに罹患すると、メディアは大騒ぎする。日本国内では、多くの人ががんに罹患して戦い、その家族も心を痛めているのに、不思議な話だ。

ASCO 2016でもたくさんの免疫療法に関する発表がありました。日本では政府ががん研究に金を出さないから、世界の水準からどんどん取り残されていきます。

免疫療法で膵臓がんも「治るがん」になる日が来ることを期待しています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 巾着田の曼珠沙華巾着田の曼珠沙華 今年の猛暑のせいで、彼岸を過ぎたというのに彼岸花の開花が遅れています。やっと見ごろを迎えた日高市の巾着田に曼珠沙華を撮りに行きました。出発は午前3時50分、巾着田に着いたのは5 […]
  • がん患者のためのインターネット活用術 (11) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]
  • 原宿 スーパーよさこい原宿 スーパーよさこい 久しぶりにカメラを担いでお出かけ。一昨年にも行った原宿のスーパーよさこい。 しかし、今年は奇抜な衣装や振り付けのチームがなく、絵になるものは撮れなかった。 9200歩、早 […]
  • 膵臓がんで手術できるのは患者の20%膵臓がんで手術できるのは患者の20% 昨日の検査結果の確認と入院前の最後の診察で癌研へ。 今日は妻を伴っていった。 先生が妻のために最初から丁寧に説明してくれた。「膵臓がんと診断された患者さんのうち、手術でき […]
  • 免疫チェックポイント阻害薬で、逆にがん増殖速度がアップ免疫チェックポイント阻害薬で、逆にがん増殖速度がアップ 免疫チェックポイント阻害薬で治療を受けた消化器系の患者で、腫瘍の著しい増殖(超進行:Hyperprogression)が認められたそうです。 免疫チェックポイント阻害薬の使 […]
  • 21世紀の「帝国主義論」 レーニンは『帝国主義論』において、彼のいうブルジョワ経済学者の著作を引用し、詳細な経済活動の数字を用いて論を進めている。一例を挙げれば、当時の世界列強の鉄道網の総延長距離(本国と […]
  • 「医療危機」を解決する、上手な医者のかかり方「医療危機」を解決する、上手な医者のかかり方 あなたの主治医が、毎日あるいは毎週「自殺」や「死ぬかもしれない」と考えているとしたら、どうしますか? あるいは、うつ病の傾向のある主治医だったら? […]
  • 今日の一冊(53)『孤独を克服するがん治療』 このブログでも時々紹介している『がん治療の虚実』sho先生の初めての本です。 ブログ『がん治療の虚実』では、がん治療の科学的根拠を一般の患者にも分かりやすく丁寧に説明してく […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です