ビフィズス菌に免疫チェックポイント阻害薬と同等の効果

Web交流会のご案内


【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本当かなぁ。マウス実験レベルの話でヒトへの効果はこれからだけど、シカゴ大学が “Science” 誌に発表した研究だから、権威はあるだろう。

あの乳酸菌で免疫チェックポイント阻害薬が効くようになる?

「腸内細菌と免疫系が密接に関係していることが近年明らかになっていますが、今回の研究では特定の腸内細菌が免疫系のメラノーマ(皮膚ガンの一種)への反応を増強することが明確に示されました。 メラノーマ以外の多数のガンでも同様であることが期待されます。」

腸内細菌の移植と免疫チェックポイント阻害薬の一種である抗PD-L1抗体の投与とでメラノーマ腫瘍に対する効果を比較したところ、腸内細菌の移植によって、抗PD-L1抗体を投与したときと同程度に免疫系の腫瘍攻撃能力が向上し腫瘍の成長が遅くなりました。
さらに、抗PD-L1抗体の注射と同時に腸内細菌を経口投与すると、増殖したメラノーマ腫瘍がほぼ完全に消滅しました。

JAXマウスとTACマウスとの違いが顕著だったのは3種類の細菌でした。
そして、この3種類の免疫系に対する効果を1種類づつ確認していった結果、腫瘍抑制効果を発揮しているのが乳酸菌の一種であるビフィズス菌であることが判明しました。 ビフィズス菌だけの投与でもJAXマウスの腸内細菌叢全体を移植したときと同程度に腫瘍コントロール能力が向上したのです。

その他の実験では、ビフィズス菌が腸から出ない(おそらく腸内でコロニーを形成する)ことや、辺りをさまよっている樹状細胞(roaming dendritic cells)と作用して免疫応答を引き起こしているようであることが明らかになりました。 樹状細胞は潜在的な脅威の存在を検知してT細胞に伝えます。

ヤクルトでは駄目なのか? 本家のヤクルト研究所が実験していそうなものだけど。1月100万円もの治療費が必要な免疫チェックポイント阻害剤と同等の効果があるのなら、少しくらい高価なビフィズス菌顆粒を買っても良いかとも思う人もいるだろう。

腸は第二の悩といわれるくらいで、免疫系の細胞とも頻繁に情報を交換しています。腸内フローラと免疫系の関係も最近話題の研究です。

ノーベル賞を受賞した大村智教授の薬は、ゴルフ場の土から採取した細菌を応用したものでした。我々はまだまだ細菌の秘めたる能力を知り尽くしているわけではないので、ありふれたビフィズス菌が免疫チェックポイント阻害剤と同じ能力を持っているとしても驚くには当たらないのかもしれない。

プロバイオティクスが新たな段階に突入ということか?

いずれにしろ、がんと戦う主役は自分自身の免疫力だということが、ますます明らかになっています。

ビフィズス菌には重篤な副作用もないだろうし、高価でもないから、”時間のないがん患者”が飲んでみるのも合理的な判断でしょう。延命効果があるかもしれない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • サイモントン療法とは?(9)サイモントン療法とは?(9) 知っておいてください。 がん細胞というのは、いまだかつて正常細胞を攻撃したことが一度もないのです。 がん細胞というのは、ただ単に増殖していって、体に広がっていくだけのものなの […]
  • 抗がん剤のタイアップ記事、薬事法違反の疑い抗がん剤のタイアップ記事、薬事法違反の疑い 読売新聞に次のような記事が載っています。 抗がん剤記事に製薬会社が金銭…薬事法違反か がん患者向けの雑誌に掲載された記事が、薬事法で禁じられた抗がん剤の広告にあたる可能性があ […]
  • 金スマ 「異端の医師」近藤誠金スマ 「異端の医師」近藤誠 以前にも撮った場所だが、HDRで撮り直してみた。背景の絵はたぶん十日町市の美人林だろう。 木曜日はチェロのレッスンに自分のチェロを持っていった。車で行ったのでレッス […]
  • SPEEDI(環境防災Nネット)SPEEDI(環境防災Nネット) 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)といういかめしい名前のシステムが立ち上がっているはずだと検索したのですが、「環境防災Nネット」として存在していました。 […]
  • 膵臓がんの冊子が更新膵臓がんの冊子が更新 「がん情報サービス」のがんの冊子「膵臓がん」が更新されました。(1/30) 「膵臓がんの疑い」と言われたら、何よりもまず読んでおきたい冊子です。この際、内容の要点を記しておきます […]
  • 清里高原に行ってきました。清里高原に行ってきました。 土日は清里高原に一泊旅行でした。 まずは昇仙峡へ。まだ紅葉には早いことは承知ですが、一度も行ったことがないので。県営駐車場に車を止めて、バスで影絵の美術館へ。ここからなら下 […]
  • がん診療拠点病院で免疫療法をやってはいけない、は誤解がん診療拠点病院で免疫療法をやってはいけない、は誤解 がん拠点病院で保険適用外の免疫療法が行われているのは問題だ、という報道がありました。例えば10月3日付の毎日新聞では、     […]
  • がん患者は早めにインフルエンザワクチンをがん患者は早めにインフルエンザワクチンを この冬は大変なことになる 新型コロナウイルスの第2波の拡大が続いています。 さらにこの冬にインフルエンザが拡大すれば(そう予測をする関係者が多い)、医療現場は大変な事 […]
LINEで送る
Pocket

ビフィズス菌に免疫チェックポイント阻害薬と同等の効果” に対して2件のコメントがあります。

  1. Ahill より:

    腸内細菌は多分重要だと私も思っておりますが、いくら良さそうな乳酸菌やビフィズス菌を摂取しても強い酒を呑むと駄目ですね。良い細菌が死んじゃって便がとても臭くなります。
    私は今とある疾患で抗生剤を飲んでいるのですが、これを飲み終わったあとは、ヤクルトとビオフェルミンとビフィックスを食べまくる計画です。抗生剤は腸内環境を変えてしまい、人によってはそれに寄って悪玉の菌が増えて病気になる人もいるようですからね。(エセ科学かも知れませんが、全部合わせても数千円の出費にしかならないのでやってみるつもりです)

  2. 金魚 より:

    キノシタさま
    腸内細菌は大事な気がします・・・体感的に。
    ケフィアを食べているのですが、ビフィズス菌入りと無しがあり、有りの方がお通じが格段に良いんですよ~
    あと、恐縮ですが便臭がほとんど無くなります。
    ただし、四つ足を食べ過ぎたりするとダメですね。
    歯磨きは電動歯ブラシや止めた方がよろしいですよ。。。。
    どうしても磨きすぎてしまい知覚過敏になりがちです・・そして磨けた気になるという落とし穴が・・でも、ちゃんと染色してチェックしていれば大丈夫かもしれませんが。
    とにかく昔に比して人間は噛むことが減り、色々とよろしくない事があるようで、最近はよくガムを噛んでおりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です