スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

魚を食って運動すれば、再発率は下がる

魚を食べて運動をすれば、がんの予防や治療に効果があることは、すでにいくつかの科学的根拠=エビデンスが存在しますが、このほどASCOの発表で大腸がんにも効果があることが実証されました。

運動と魚を多く含む食事が大腸癌の再発予防に有効な可能性
研究者らは、魚の摂取頻度が週2回未満あるいは運動時間が週1時間未満の患者では大腸癌再発のリスクが約2.5倍になることを明らかにした。赤身肉の摂取、アルコール摂取、喫煙など、大腸癌再発のリスクに影響を与える他の食事因子については特定できなかった。

研究者らは、魚に含まれるオメガ3脂肪酸が何らかの方法で大腸癌リスクを低減させるという仮説を立てた。魚および運動に関する今回の試験における知見は、初発大腸癌の罹患リスクを上昇させる要因について調査した先行研究結果と一致する。
運動の潜在的利益は、ますます評価されている。運動は体内の炎症を軽減し、肥満防止に有効である。なお、これら2つ(炎症と肥満)は大腸癌のリスク因子である。また、運動は血液中のインスリン濃度を低下させる。インスリンは、正常細胞および悪性細胞双方の増殖因子である。

EPA(オメガ3脂肪酸)については、このブログで何度も紹介しています。末期の患者さんからも「効果を実感している」とのコメントをいただいています。

今回のASCOの研究は大腸がんが対象でしたが、他のがんでも多くの研究で効果が示唆されています。消化器系のがん、膵臓がんにも効果があることが実証されています。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • EPA/DHA摂取でがんの生存率向上EPA/DHA摂取でがんの生存率向上 魚油成分 生存率に効果 伊賀市立病院チーム 魚油成分(EPA=エイコサペンタエン酸、DHA=ドコサヘキサエン酸)を含む市販の栄養剤を毎日摂取したところ、治療効果が上がっ […]
  • オメガ3脂肪酸と膵癌オメガ3脂肪酸と膵癌 面白いニュースですね。「オメガ3脂肪酸はすい臓がん患者の治療とQOLを向上させる」 オメガ3脂肪酸を、ゲムシタビンと一緒に静注したら生存期間もQOLも上がったという研究で […]
  • サプリメントでがんは治らないけど・・・サプリメントでがんは治らないけど・・・ 興味深い記事を、とくに膵臓がんに関する記事が多いので参考にさせていただいている佐藤典宏先生のブログに「すべてのがん患者さんへすすめる厳選サプリメント5種」が掲載されていま […]
  • DHA&EPA、 ω3脂肪酸サプリメントはどれが良いDHA&EPA、 ω3脂肪酸サプリメントはどれが良い テレビの旅番組を見ていたら、サントリーのDHA&EPAのコマーシャルをやっていました。250粒-60日分で9,500円だとか。高~い。もっと安く購入できますよ、ということ […]
  • EPA/DHA摂取でがんの生存率向上EPA/DHA摂取でがんの生存率向上 がんは炎症作用を利用して増殖する 生物は傷ついた組織を修復する能力を持っています。その中心メカニズムが”炎症作用”です。 ところが、がんはこの修復メカニズム […]
  • 赤肉の大量摂取は、アルキル化によるDNA損傷により癌を促進赤肉の大量摂取は、アルキル化によるDNA損傷により癌を促進 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』などには、「加工肉や赤肉の摂取を少なくしましょう」と書かれており、『肉類(牛・豚・羊等。鶏肉は除く)を控え目にし、加工肉( […]
  • 地中海食はがんの進行を抑制する地中海食はがんの進行を抑制する 地中海食とは 世界無形文化遺産としても登録されている地中海食(地中海料理)は、がんにも効果があるのではないかと言われてきました。 地中海食は、地中海食ピラミ […]
  • 今日の一冊(143)『味覚喪失~人は脳で食べている』今日の一冊(143)『味覚喪失~人は脳で食べている』 食べることは、生きること この言葉は、がん患者にとってはさらに切実です。がん患者の多くは、程度の違いはあっても、治療の副作用によって食欲がなく、食べられない状態にな […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

魚を食って運動すれば、再発率は下がる” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    金魚さん。プラシーボの治癒に対する貢献度は3割以上、つまりは心のありようによって多くの病気が治ったり悪くなったりということになりますよね。内なる力を使わないという手はありません。
    愛は、癒す。
    愛が治すのではない。愛は癒すのであり、癒やしの過程で傷も治るのである。<バーニー・シーゲル>

  2. 金魚 より:

    キノシタ さま
    いつも有用な情報をまとめてくださり、ありがとうございます。
    大腸癌の補助化学療法も終盤にさしかかり、オキサリプラチンの蓄積で手指がしびれ、PC操作も難渋してまいりまして、日々の料理だけで一杯になってきております。
    化学療法をしていると運動も中々ままなりませんが、落ち着いたら走りたいな~と思っています。
    今は、時々ヨガ、そしてお灸&ツボ押しが意外にしびれに有効で、血流改善が聞いているのかプラシーボ効果か継続しています。
    だってプラシーボの改善率は3割ですから、そんなに効く薬はほとんど無いですからね
    何でもやっておこうと思います・・・ぼったくりな栄養食品とか以外ですけど。
    涼しくなりました、キノシタさまもご自愛下さいませ。

コメントを残す