膵臓がんの期待される治療法

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

佐藤典宏先生のブログ、本日付で興味深い記事が載っています。

膵がんに対して期待できる最新治療を5つ紹介されています。

  1. 術前補助化学療法(ゲムシタビン+S1)
  2. キイトルーダ(ペンブロリズマブ)抗PD-1抗体
  3. S-1+パクリタキセル経静脈・腹腔内投与併用療法
  4. BRCA変異陽性の膵臓がんに対するオラパリブ(PARP阻害剤)
  5. PEGPH20(ペグ化ヒアルロン酸分解酵素)とゲムシタビン+ナブパクリタキセル併用

3番目は、クラウドファンディングで2500万円を目標にして達成したことが話題になったものですね。

5番目のPEGPH20のものは、知らなかったですなぁ。

適用できる患者が極少ない、あるいは臨床試験中、国内では未承認など、すぐに使えるものは少ないですが、一日も早く実用化してほしい、臨床試験に取りかかって欲しいものです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 免疫療法で転移性乳がんが寛解免疫療法で転移性乳がんが寛解 ステージ4の転移性乳がんが免疫療法で寛解とのニュースが流れています。 私も速攻でツイートしておきました。 して有望であるということは以前から分かってい […]
  • 【追記あり】18モデルケース「山下」マーフィーの法則的試算【追記あり】18モデルケース「山下」マーフィーの法則的試算 福島第一原発の事故で、周辺の市町村から避難した人たちの外部被ばく線量を、18のモデルケースとして試算したとNHKで報道されています。 18のモデルケースを作成し、空気中の放射線 […]
  • トンデモ本 安保免疫学 (1)トンデモ本 安保免疫学 (1) 今後の癌との戦い方を考えています。 すい臓癌の5年生存率は5%ほど、手術が可能な場合はいくらかは生存率も良くはなるが、他の癌に比較するとやはり予後はあまり良くない。 であるならば […]
  • 福田総理が辞任福田総理が辞任 ブログを書こうとしたら、テレビで福田総理辞任の記者会見が始まりました。驚きましたが、一面「やっぱりか」という気持ちもあります。 定率減税を廃止して庶民の生活苦を作り出すきっかけを […]
  • 治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリノテカン注射剤が米国で承認治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリノテカン注射剤が米国で承認 期待が膨らむニュースなのでコピペ。わずか2ヶ月の延命ですが、GEMに耐性ができたときのセカンドラインとしてエビデンスが出てきた。 『治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリ […]
  • 目黒川の桜目黒川の桜 昨日は午後から目黒川の桜見物に行ってきた。すでに葉桜になりつつあるが、平日だというのにたくさんの人でした。桜の撮影は難しい。誰が撮っても同じような写真になる。 しかし、あの […]
  • ウルフキラー、これで決定ウルフキラー、これで決定 celloの記事が少なすぎますね。頑張らねば。がん関連のできごとが多くて、そのことを書くだけで精一杯。書くためには調査と検討が必要なのは言うまでもありませんから、一介の、家族の生 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です