スポンサーリンク

国立がん研究センター東病院で光免疫療法の治験

LINEで送る
Pocket

光免疫療法(近赤外線免疫療法)がいま話題になっています。

11月12日の『第3回がん撲滅サミット』に、開発者である米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が講演し、参加者からはたくさんの質問を受けていました。

がん患者にとっては「日本での治験がいつ始まるのか?」が最大の関心事です。

朝日新聞デジタルでは、

がん光免疫療法、国内でも治験へ』との記事が出ています。

光を当ててがん細胞を壊す新たながん免疫療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が、国内でも年内開始を目指して準備されていることがわかった。開発した米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が11日、朝日新聞の取材に答えた。

日本では、米国で治験を実施する企業の日本法人が頭頸部がんの患者を対象に、年内の治験開始を目指している。

朝日新聞の「米国で治験を実施する企業の日本法人」とは、楽天の資金提供を受けたある企業でしょう。

がん研究センター東病院は来年の春から

がん撲滅サミットに出席していた、国立がん研究センター中東病院院長の大津敦医師は、「光免疫療法の治験を来春3月頃に始めます」と述べています。

こちらも頭頸部がんの安全性確認試験から始める予定です。朝日新聞の記事が東病院のことを指しているとすれば時期がずれています。

がん患者としては大いに期待したいところですが、「がんペプチドワクチン」の二の舞にならないように、慎重に試験をお願いしたいところです。

こちらの記事も参考に。『光免疫療法とは』


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 誕生日誕生日 愛犬の誕生日だからと、雨の中を車で深沢不動近くのケーキ屋「パティスリー […]
  • ”Zoomで患者会”があたりまえになるかも”Zoomで患者会”があたりまえになるかも これが当たり前になるのかもしれないですね。なにせ、新型コロナを抑え込むためには、他人と会うのを控えろというのですから。 Zoomを使った Web […]
  • 退院退院 本日10日ぶりに退院しました。鼻から胃までチューブ(イレウスチューブ)を入れ、点滴をすることで何とか回復しました。 今回の癒着性イレウスの原因ですが、担当医の若い先生に見解 […]
  • 小樽の宿小樽の宿 今回の北海道旅行、宿は結構贅沢しました。飛行機代は娘持ち。JALのマイルが期限切れになりそうというので、それを使っての旅行です。で、宿は贅沢しようかと選んだのが、朝里川温泉にある […]
  • 今日の一冊(95)『がんになっても心配ありません』今日の一冊(95)『がんになっても心配ありません』 がん研有明病院の先生方が執筆している本です。がん研有明という病院の特徴を紹介しながら、最新のがん治療、がんと付き合うための知識を紹介しています。 この手の本は教科書 […]
  • ニュース 膵がん手術後の経過観察ニュース 膵がん手術後の経過観察 「膵がん手術後の経過観察」という記事が1月9日の産経新聞「がん電話相談」に載っていたそうです。 […]
  • 「余命宣告」が気になる看板「余命宣告」が気になる看板 今日も8000歩目指して歩いていたら、気になる看板が・・・ 「無理をしたら イ肝臓」は分かるけど、 […]
  • 3年前の奇跡3年前の奇跡 東日本大震災から明日で3年になります。「福島は忘れられようとしているのではないか?」マスコミでもあまり取り上げられなくなりました。土曜日のETV特集「ネットワークでつくる放射能汚 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です