スポンサーリンク

国立がん研究センター東病院で光免疫療法の治験

光免疫療法(近赤外線免疫療法)がいま話題になっています。

11月12日の『第3回がん撲滅サミット』に、開発者である米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が講演し、参加者からはたくさんの質問を受けていました。

がん患者にとっては「日本での治験がいつ始まるのか?」が最大の関心事です。

朝日新聞デジタルでは、

がん光免疫療法、国内でも治験へ』との記事が出ています。

光を当ててがん細胞を壊す新たながん免疫療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が、国内でも年内開始を目指して準備されていることがわかった。開発した米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が11日、朝日新聞の取材に答えた。

日本では、米国で治験を実施する企業の日本法人が頭頸部がんの患者を対象に、年内の治験開始を目指している。

朝日新聞の「米国で治験を実施する企業の日本法人」とは、楽天の資金提供を受けたある企業でしょう。

がん研究センター東病院は来年の春から

がん撲滅サミットに出席していた、国立がん研究センター中東病院院長の大津敦医師は、「光免疫療法の治験を来春3月頃に始めます」と述べています。

こちらも頭頸部がんの安全性確認試験から始める予定です。朝日新聞の記事が東病院のことを指しているとすれば時期がずれています。

がん患者としては大いに期待したいところですが、「がんペプチドワクチン」の二の舞にならないように、慎重に試験をお願いしたいところです。

こちらの記事も参考に。『光免疫療法とは』

光免疫療法とは


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

コメントを残す