国立がん研究センター東病院で光免疫療法の治験

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

光免疫療法(近赤外線免疫療法)がいま話題になっています。

11月12日の『第3回がん撲滅サミット』に、開発者である米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が講演し、参加者からはたくさんの質問を受けていました。

がん患者にとっては「日本での治験がいつ始まるのか?」が最大の関心事です。

朝日新聞デジタルでは、

がん光免疫療法、国内でも治験へ』との記事が出ています。

光を当ててがん細胞を壊す新たながん免疫療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が、国内でも年内開始を目指して準備されていることがわかった。開発した米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が11日、朝日新聞の取材に答えた。

日本では、米国で治験を実施する企業の日本法人が頭頸部がんの患者を対象に、年内の治験開始を目指している。

朝日新聞の「米国で治験を実施する企業の日本法人」とは、楽天の資金提供を受けたある企業でしょう。

がん研究センター東病院は来年の春から

がん撲滅サミットに出席していた、国立がん研究センター中東病院院長の大津敦医師は、「光免疫療法の治験を来春3月頃に始めます」と述べています。

こちらも頭頸部がんの安全性確認試験から始める予定です。朝日新聞の記事が東病院のことを指しているとすれば時期がずれています。

がん患者としては大いに期待したいところですが、「がんペプチドワクチン」の二の舞にならないように、慎重に試験をお願いしたいところです。

こちらの記事も参考に。『光免疫療法とは』

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 光免疫療法ー楽天の挑戦 楽天が本格的にがん事業に参入 光免疫療法は、開発者のアメリカ国立がん研究所(NCI)・国立衛生研究所(NIH)主任研究員の小林久隆氏は、論文などで「近赤外線免疫療法」と言ってき […]
  • 北大とNIHが光免疫療法の仕組みを解明北大とNIHが光免疫療法の仕組みを解明 光免疫療法のニュースが続いています。 光を当ててがんの治療を試みる「がん光免疫療法」の詳しい仕組みを解明したと米国立衛生研究所(NIH)や北海道大などのチームが6日、発表した。 […]
  • 光免疫療法ー数年で実用化光免疫療法ー数年で実用化 日刊ゲンダイの、国立がん研究センター東病院・先端医療科 […]
  • 光免疫療法の2つの記事光免疫療法の2つの記事 「近赤外光免疫療法後の腫瘍における超浸透性および保持(SUPR)効果の向上」 光免疫療法をDDS(Drag Delivery […]
  • がん撲滅サミットに光免疫療法の大津敦医師が登場!がん撲滅サミットに光免疫療法の大津敦医師が登場! PRTimesによると、『第4回がん撲滅サミット』の公開セカンドオピニオンに光免疫療法や、がんゲノム医療の第一人者 大津敦医師(国立がん研究センター東病院 病院長)の登壇が決まっ […]
  • がん治療「光免疫療法」の開発・商品化を推進がん治療「光免疫療法」の開発・商品化を推進 楽天がいよいよ「光免疫療法」に本腰を入れるようです。 三木谷会長は、この光免疫療法に基づいた、様々な領域のがん治療に対する強固なパイプラインを開発・商品化するこ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です