スポンサーリンク

膵臓がんー手術は早いほうが良いか?

LINEで送る
Pocket

佐藤先生のブログです。

結論は、20mm未満の腫瘍が比較的小さな段階では、手術までの待機期間が長くなると生存率が低下する可能性があるとのこと。

「膵臓がんは足が速い」とか「膵臓がんは1週間単位で大きくなる」と、医者や患者が経験的に感じていることが立証されたということでしょう。

20mm以上になると、肉眼では見えなくても、高い確率で血流に乗って全身に回っている可能性が高いでしょうから、これも妥当な結果です。

ただ、30日を境にした解析ですが、たとえ20mm以上であっても、早い手術に越したことはないと言えます。

手術症例数の大きい病院では、手術が遅くなりがち。かといって症例数の少ない病院では心配ですから、悩ましい選択です。

がん研有明病院のように、膵臓がん患者には手術室や病室を特別枠で確保するということを、他の大規模病院にも望みたいものです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 2012年 本年もよろしくお願いします2012年 本年もよろしくお願いします 大変な1年が過ぎ、新たな、なが~い放射能との闘いの年が明けました。新年おめでとうございます。 […]
  • 日野原さんのラストメッセージ日野原さんのラストメッセージ クローズアップ現代+で、先日105歳で亡くなられた日野原重明さんの『“死”をどう生きたか 日野原重明 ラストメッセージ』を放映していた。 『生き方上手』などの著書で […]
  • ウィルコ・ジョンソンの膵癌はP-NETSだったウィルコ・ジョンソンの膵癌はP-NETSだった   先日倒れたときの目のまわりの隈がまだ消えません。怖いヤーさんのようで、出かけるときにサングラスをかけていったら、娘から「余計に怖いから止めて」と言われ […]
  • オンコセラピー・サイエンスの今後の方針オンコセラピー・サイエンスの今後の方針 オンコセラピー・サイエンス株式会社の今後の開発方針がでています。今後は「オンコアンチゲン」由来のペプチドを重点的に研究開発する。4月から予定のOCV-C01を用いた膵臓がんに対す […]
  • Eテレ『変わるすい臓がん治療』Eテレ『変わるすい臓がん治療』 今夜のEテレ『変わるすい臓がん治療』は、最先端の情報を簡潔にまとめた良い番組でした。見逃した方のために要点を書き出しておきます。 FOLFIRINOXの効果 […]
  • どうすれば、がんが自然治癒するのか?どうすれば、がんが自然治癒するのか? がん患者にとって、一番の望みは「治りたい」でしょう。初期のがんだと言われても、やはり不安。再発や転移した患者は症状を緩和したいし、がんと長く共存したい、あわよくば治りたい、と誰し […]
  • エピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがあるエピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがある がんの進行の第一段階はエピジェネティックな変化であり、それは逆行させることもできる。相当進んだがんでも、適切な条件を整えれば、エピジェネティックに逆行させることが可能である。微小 […]
  • 今日の一冊(87)『科学知と人文知の接点』今日の一冊(87)『科学知と人文知の接点』 不死社会がやってくる ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授の著書『ワーク・シフト』では、「2007年に先進国で生まれた子供たちの半数は100歳以上まで、日本の […]
LINEで送る
Pocket

膵臓がんー手術は早いほうが良いか?” に対して4件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    みのさんの例は幸運な部類ですね。

    「腫瘍が4cmを超え腹腔動脈、脾動脈、脾静脈、総肝動脈に浸潤」

    こんなの、普通の医者は手を出しませんよね。

    みのさんの例は、次に参加される『すい臓がんカフェ』で是非お話ししてください。

    1. みのさん より:

      木下さん
      「たまたま上手くいった」ケースのような気がして正直皆様の前で話すのにためらいを感じるのですが・・・何か参考になる部分があれば喜んで自分のケースをご紹介したいと思います。
      ですが、3月はずっとスキー場にいますので、4月以降でスケジュールしていただければ幸いです。

      1. キノシタ より:

        みのさん。
        発表の依頼を承諾いただき、ありがとうございます。
        次回は4月22日を予定していますから、それに合わせて詳細を相談させてください。

  2. みのさん より:

    スキーシーズンのため結構多忙で、カフェにはご無沙汰させていただいております。いつも有用な情報や気付きをご提供いただき感謝しております。

    自分の場合は、この記事の通りでした。地方の無名病院で手術を受けたケースになります。

    腫瘍が4cmを超え腹腔動脈、脾動脈、脾静脈、総肝動脈に浸潤があるという際どい状況でしたが、医院長の決断で手術を実施して頂きました。

    その際、大病院や有名病院では手術可能のボーダーラインを超えているので手術を行わない可能性が強い、仮に行うとしても時間がかかる、と言う説明があり自分は迷うことなくその地方病院で手術を受けました。
    結果、病理検査でⅣaだった膵臓がんから5.5年を経ました。

    「手術症例数の大きい病院では、手術が遅くなりがち。かといって症例数の少ない病院では心配ですから、悩ましい選択です。」

    全くその通りだと思います。

    後付けですが、自分の判断で地方病院で手術を行い、今も生きていられる幸運を感じないわけにはいきません。ですが、これが全ての膵臓がん患者向けのお勧めとはならないのが悩ましいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です