スポンサーリンク

膵臓がんー手術は早いほうが良いか?

LINEで送る
Pocket

佐藤先生のブログです。

結論は、20mm未満の腫瘍が比較的小さな段階では、手術までの待機期間が長くなると生存率が低下する可能性があるとのこと。

「膵臓がんは足が速い」とか「膵臓がんは1週間単位で大きくなる」と、医者や患者が経験的に感じていることが立証されたということでしょう。

20mm以上になると、肉眼では見えなくても、高い確率で血流に乗って全身に回っている可能性が高いでしょうから、これも妥当な結果です。

ただ、30日を境にした解析ですが、たとえ20mm以上であっても、早い手術に越したことはないと言えます。

手術症例数の大きい病院では、手術が遅くなりがち。かといって症例数の少ない病院では心配ですから、悩ましい選択です。

がん研有明病院のように、膵臓がん患者には手術室や病室を特別枠で確保するということを、他の大規模病院にも望みたいものです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 整形外科へ整形外科へ 脊柱管狭窄症の手術の経過観察で、3ヵ月ぶりに品川の整形外科へ。 予想通りでしたが、MRIも異常なし。順調に回復しています。 この次は半年後で良いとのこと。 検査 […]
  • 「あきらめる」と「がんばらない」「あきらめる」と「がんばらない」 台風一過、風が強くて空は不気味です。 超音波検査で膵臓に異常が見つかり、CT検査で膵臓がんにほぼまちがいないと告知を受けたとき、意外と冷静だった。 頭の中が真 […]
  • 池上梅園の梅が見頃池上梅園の梅が見頃 雨も上がったので、今日は池上梅園まで散歩写真。 スライドショー「池上梅園」 65歳以上は無料なので、入口で免許証を見せて入場した。全体的に見頃の様子。早咲きの […]
  • 今日の一冊(136)『やってはいけないがん治療』今日の一冊(136)『やってはいけないがん治療』 ジャーナリストの岩澤倫彦さんの著作です。 「医者は絶対書けないがん医療の真実」が副題ですが、そのとおりです。 情報があなたの命を左右するのです。 岩澤さ […]
  • モーツァルトと脳内物質ドーパミン 音楽療法という分野があり、特にモーツァルトの音楽には糖尿病が治った、血圧を下げる、がん細胞の増殖を抑える、などの効果があるという説があります。多くの書籍でも紹介され、音楽療法 […]
  • 今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか?今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか? 昨日は、大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」が多摩川の河川敷で行われるはずでしたが 台風の影響による激しい雨が予想されたので中止となりました。花火を撮影するべく […]
  • チェルノブイリの癌発症リスクはいまだに低下していないチェルノブイリの癌発症リスクはいまだに低下していない チェルノブイリの死者についての官邸が出した”風評”については昨日書きましたが、こちらに新しい資料が紹介されています。『IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、首相官邸資料「 […]
  • WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例   癌掲示板の「膵臓癌ステージ4ーbはもう完治は不可能ですか?」にこんな投稿がありました。 193 名前: Hayama […]
LINEで送る
Pocket

膵臓がんー手術は早いほうが良いか?” に対して4件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    みのさんの例は幸運な部類ですね。

    「腫瘍が4cmを超え腹腔動脈、脾動脈、脾静脈、総肝動脈に浸潤」

    こんなの、普通の医者は手を出しませんよね。

    みのさんの例は、次に参加される『すい臓がんカフェ』で是非お話ししてください。

    1. みのさん より:

      木下さん
      「たまたま上手くいった」ケースのような気がして正直皆様の前で話すのにためらいを感じるのですが・・・何か参考になる部分があれば喜んで自分のケースをご紹介したいと思います。
      ですが、3月はずっとスキー場にいますので、4月以降でスケジュールしていただければ幸いです。

      1. キノシタ より:

        みのさん。
        発表の依頼を承諾いただき、ありがとうございます。
        次回は4月22日を予定していますから、それに合わせて詳細を相談させてください。

  2. みのさん より:

    スキーシーズンのため結構多忙で、カフェにはご無沙汰させていただいております。いつも有用な情報や気付きをご提供いただき感謝しております。

    自分の場合は、この記事の通りでした。地方の無名病院で手術を受けたケースになります。

    腫瘍が4cmを超え腹腔動脈、脾動脈、脾静脈、総肝動脈に浸潤があるという際どい状況でしたが、医院長の決断で手術を実施して頂きました。

    その際、大病院や有名病院では手術可能のボーダーラインを超えているので手術を行わない可能性が強い、仮に行うとしても時間がかかる、と言う説明があり自分は迷うことなくその地方病院で手術を受けました。
    結果、病理検査でⅣaだった膵臓がんから5.5年を経ました。

    「手術症例数の大きい病院では、手術が遅くなりがち。かといって症例数の少ない病院では心配ですから、悩ましい選択です。」

    全くその通りだと思います。

    後付けですが、自分の判断で地方病院で手術を行い、今も生きていられる幸運を感じないわけにはいきません。ですが、これが全ての膵臓がん患者向けのお勧めとはならないのが悩ましいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です