スポンサーリンク

白衣を着た詐欺師

LINEで送る
Pocket

がんセンターで、ステージⅣの膵臓がんが見つかり、余命は半年と言われた50代の男性の例です。

標準治療では長生きができないとわかり、セカンドオピニオンを申し出て、免疫細胞療法のクリニックを受診しました。

そこのクリニックの先生はこう言ったそうです。

  • 他の免疫細胞療法クリニックはインチキだ
  • うちは、樹状細胞を患者個人のがん抗原に合わせて作る
  • 少量のオプジーボと併用した独自の治療法での経験がある
  • 奏功率は80%である
  • 中にはがんが消えた患者も相当いる
  • あなたに5年、10年の人生をプレゼントしたい

こんな言葉にコロッと騙されてしまいました。

そして、免疫療法と抗がん剤を同時にやると免疫力が下がってしまうから効果が出なくなる。抗がん剤は止めるようにという指示に従って、がんセンターでの抗がん剤治療を中止しました。

がんが見つかった時点で肝臓にも多発転移をしており、CA19-9は20,000(U/mL)を超えていました。

免疫細胞療法を始めてしばらくしてお腹の痛みがひどくなってきましたが、それを訴えても「気のせいだ」「がん細胞はそんなに早く大きくはならない」と相手にしてくれません。

「膵臓がんは足が速い」とがんセンターで聞かされていた患者は、不安になったといいます。

しかしCT検査はおろか、腫瘍マーカーの検査すらやってくれません。「まだその時期ではない」と言うばかりです。

彼は、私の助言に従って、がんセンターで血液検査と CT を撮ることにしました。CA19-9の値は何と30,000を超えていました。抗がん剤を止めたから当然と言えば当然の検査結果です。

その結果をクリニックの医師に報告をしたら、「腫瘍マーカーが3万を超えてもうちの治療で1000まで下がった患者もいる」そんな返事が返ってきました。

そして5年から10年の人生をプレゼントすると言ってたその医師の口から、「年を越せるのは五分五分だ」と言う呆れるような答えが返ってきたのです。

がんを告知されて頭の中が真っ白になっている状態では、何か特別な助かる治療法を探す患者の気持ちは十分に理解できます。

免疫細胞療法も標準治療と併用するのであればやめろとは言えません。科学的な根拠もなく、効果も期待できない免疫細胞療法ですが、経済的な毒性を除外すれば、副作用の少ない治療法ですから、藁をも掴む気持ちでやってみる患者もいるでしょう。

しかし標準治療まで止めてははいけません。だいたいにおいて、免疫細胞療法クリニックは標準治療と併用できるということを売りにしているんです。

なぜならば標準治療によって効果が出ても、自分の治療法が効いたのだということができるからです。

このクリニックのように、抗がん剤は止めてしまうというのは非常にリスクの高い選択肢です。

がんに対する知識がほんの少しでもあれば、奏効率80%と言われた時に「インチキかもしれない」と気が付くでしょう。

奏功率が80%などという治療法は存在しません。あったとすれば、既に標準治療になっています。ノーベル賞も受賞しているでしょう。

膵臓がんは足が速いと焦る気持ちは分かりますが、経験者に聞くとか患者会に参加するとかして、基本的な知識をできるだけ早く身につけることが、こうしたインチキクリニックのカモにならないための方法です。

セカンドオピニオンは確かに患者の権利です。しかし、がんセンターの医師が情報提供書を出す時に免疫療法について語った助言もよく考えてみるべきでしょう。がんセンターの主治医は、どんな気持ちでこの方を送り出したのでしょうか。

この先生は「いつでも帰ってきていいですよ」と言ってくれたそうです。「何で俺がインチキクリニックの尻拭いをしなけばいけないんだ」。そう考える医師も多い中で、患者思いの優しい先生に違いありません。

こちらの記事も参考になりますね。

白衣を着た詐欺師に300万円を貢いだ彼はがんセンターの標準治療に戻るのですが、症状は相当進んだ状態でした。残された人生の貴重な時間の多くを無駄にしてしまったのです。

がんとの戦いは情報戦です。インターネットで色々な情報を得ることもできます。しかし、検索をすれば検索の上位にはこうしたインチキ免疫クリニックの広告が表示されるのです。Googleさんにもなんとか対策を考えて貰いたいものです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • シュレベールが、がん患者に残した「大切な遺言」 シュレベールは、自分の最期の時に流して欲しい音楽を決めてあったのです。それは、ダニエル・バレンボイムが指揮・ピアノ演奏する、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488 […]
  • サイモントン療法とは?(5)サイモントン療法とは?(5) シュピーゲル博士らの設定したカウンセリング併用群の平均余命は36.6ヵ月であり、対照群では18.9ヵ月でした。同時に行ったサイモントン博士らの設定したカウンセリング併用群の平均余 […]
  • がんの転移は、精神的なストレスを除くと抑えられるがんの転移は、精神的なストレスを除くと抑えられる 手術の前後での心理的なストレスが免疫機能に悪影響を与え、免疫力を低下させて癌転移を促進させるとしています。したがって、癌摘出手術などの強いストレスが起こる際には、なるべく精神的に […]
  • がん研での定期検査がん研での定期検査 血液検査は10時に、その後11時からダイナミックCT。今日はいつもと違って肺の方まで検査したようだ。腫瘍マーカは、CEA=4.1、CA19-9=23.7 […]
  • ひたち海浜公園の水仙とネモフィラひたち海浜公園の水仙とネモフィラ 茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園に行ってきました。百万本の水仙が見頃だということだったのですが、残念ながら入口の看板には「見頃(後半)」と書かれてあり、半分くらいは見頃 […]
  • 膵がんには2種類ある膵がんには2種類ある                     お散歩デジカメ ネコに注意! 「子供」や「熊」に注意というのはよく見るのですが・・・・・・。 膵臓がん(膵がん)の診療・研究で世界を […]
  • 少し遠出少し遠出 今日は外出許可を貰って(毎日だが)少し遠出をした。 有明のがん研ではなく、その隣のビッグサイトへ。現在開発中のプロジェクトと関係するメーカーが出展していたのと、その他の情報 […]
  • 医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ 西村元一さんの5月12日付コラムがヨミドクターにありますが、こんなことを話しています。 「患者同士が交流する意義」  今回、自分自身が患者の立場となり、今まで医師 […]
LINEで送る
Pocket

白衣を着た詐欺師” に対して2件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    何年か前に膵臓がんになったエビデンス無しの治療を売るセールスマンの男性のブログを読んだ記憶があります。その男性は、初診の女医を、バカ女呼ばわりし、自分は癌のスペシャリストで、その俺様に気にいる治療を施せない医師は馬鹿しかいないと豪語してましたが、当時母を膵臓がんで亡くしたばかりで、フコイダンにも騙されていたので、関係ないその男性が憎くて堪りませんでした。

    1. キノシタ より:

      匿名さん。
      闘病ブログを装ってサプリメントなどの宣伝をするサイトは、いまだに絶えませんね。
      がんといわれると、通常なら疑ってかかるのに、ころっと騙されてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です