富士フイルム ゲムシタビンを使ったDDS 米国で臨床試験開始

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

富士フイルムは2018年5月9日、抗癌剤ゲムシタビンのリポソーム製剤(FF-10832)のフェーズI(NCT03440450)を米国で開始したと発表した。前臨床試験で臨床試験妥当性が検証され、2017年8月に発表した中期経営計画に沿って順調な進捗状況であることが明らかになった。

これは昨年の7月に富士フイルムの事業計画として発表されていたものです。

「FF-10832」は、同実験で「ゲムシタビン」の1/60の低投与量で同剤を大幅に上回る薬効を示し、さらに「ゲムシタビン」では効きにくい種類の膵臓がん細胞(ヒト由来)や膵臓がん以外のがん細胞(同)を移植したマウス実験でも薬効を発揮するなど、がん組織での薬剤放出による効果も確認できました。これらの結果から、「FF-10832」は、リポソーム製剤に求められる条件を満たし、有望な治療薬が少ない膵臓がんのみならず、他の固形がんへの適応を狙える薬剤としてヒトでの有効性が期待できます。

第一相試験ですから、まだまだ先は長いでしょうが、良い結果が出て膵臓がんの新たな治療法となることを期待しています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんと無力感-心の力がんと無力感-心の力 心理的なストレスは、がんを育てる環境に大きな影響を与える。ストレスは炎症反応を促進し、がん細胞は炎症反応を利用して増殖する。多くのがん患者が、がんの告知を受ける数 […]
  • 膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬 WEE-1阻害薬には、抗がん剤の増刊作用、放射線感受性の増刊作用があり、がん細胞を死滅されるのに効果を発揮するということらしいです。日本でも、アストラゼネカ社が固形がんを対象に、 […]
  • がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人 本日付で現代ビジネスに『がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人』の記事が載っています。がんの専門家として何千件も症例を診てきた医師が、何の因果か、同じ病に倒れる […]
  • 抗がん剤の副作用ー気絶しそうで抗がん剤の副作用ー気絶しそうで 胃液しか出てこないのに、何度も嘔吐を繰り返している。無理に嘔吐をするから頭が真っ白になる。周囲の風景がぼやけて見える。鼻水もでる。 […]
  • 膵がんの多剤併用療法は有効か?膵がんの多剤併用療法は有効か? 23日、パンキャン主催の「膵がん勉強会 X'mas スペシャル […]
  • 追悼式典での天皇陛下の式辞追悼式典での天皇陛下の式辞 昨日は出張帰りで、その後高校時代のクラブの同窓会に参加したため、テレビ中継された東日本大震災の追悼式典を見ることができず、今日録画で視聴した。 式典での式辞。天皇陛下の言葉 […]
  • DPP-4阻害薬:プラセボ対照RCT試験で効果を示せず 欧州心臓病学会(ESC)の学術大会が、8/30~9/3までバルセロナで開催されました。DPP-4阻害薬に関する2件の大規模臨床試験の結果がNEJMに発表されています。 結論 […]
  • 膵臓がんを治すために、あなたにできること(2)膵臓がんを治すために、あなたにできること(2) 膵臓がんを治すためにはこういうことをすればいいということはいくつかあります。しかし、難しく言っても、継続してそれを実行することは多くの場合困難ではないでしょうか。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です