今日の一冊(40)『がん「予防」と「早期発見」の最前線』


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

週刊文春に連載された記事にいくつかの書き下しの記事を追加して、最近の研究結果を使って、予防法と早期発見法をわかりやすく解説しています。
がん予防と早期発見の最前線」は『新薬の罠』などの著作もある評論家の鳥集徹氏の執筆です。食事療法だけでがんを治せるという科学的証拠はどこにもないし、結局は、あたりまえの健康的な生活が、がんの再発予防にも最も効果的ですよ、という結論です。ま、その結論に至る過程を丁寧に説明しています。このブログでの紹介してきた、がんを防ぐための新12か条がいちばん頼りになると言うこと。

  1. たばこは吸わない
  2. 他人のたばこの煙をできるだけ避ける
  3. お酒はほどほどに
  4. バランスのとれた食生活を
  5. 塩辛い食品は控えめに
  6. 野菜や果物は不足にならないように
  7. 適度に運動
  8. 適切な体重維持
  9. ウイルスや細菌の感染予防と治療
  10. 定期的ながん検診を
  11. 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
  12. 正しいがん情報でがんを知ることから

がんにならない食生活」は国立がん研究センターの津金昌一郎氏の記事です。赤肉で大腸がんのリスクが増えるという結果について、アメリカでの研究であり、日本人はそれ補と食べていないから気にする必要はない。むしろ肉を食べるようになったおかげで血管系の病気による死亡率が下がったのです。

コーヒーで肝がんリスク低下、緑茶を飲もう、豆腐や納豆で乳がん予防など、個別具体的に説明されています。

50歳を超えてもがんにならない生き方」は、アンチエイジング医師 南雲吉則医師の記事。これはちょっと首をかしげる内容です。どうしてこのような著者を起用したのだろう。「抗がんサプリに効果なし」は納得できるとして、「がんは免疫の過剰反応による病気」は最たる噴飯物。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 今日の一冊(128)『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』今日の一冊(128)『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』 ステージⅣの膵臓がんも完全寛解 日本人の多くはビタミンD不足か欠乏 2020年度、厚生労働省が5年ぶりに「日本人の食事摂取基準」を改定し、ビタミンDの摂取基準が5.5μg […]
  • 今日の一冊(124)『がん検診は、線虫のしごと』今日の一冊(124)『がん検診は、線虫のしごと』 今日トイレットペーパーを買いに行ったら「売り切れ」!それも一番安いものだけが。みなさん少しでも節約しようと駆け込みですね。 体長1ミリの線虫が持つ嗅覚を利用し、1滴 […]
  • 今日の一冊(119)『がんと腹水治療』今日の一冊(119)『がんと腹水治療』 大量のがん性腹水を安全かつ迅速に処理可能な改良型の腹水治療システム(KM-CART)を開発した松崎圭祐先生の著作です。 KM-CARTとは 松崎先生は、東京都豊島区に […]
  • 今日の一冊(116)「医者の本音」今日の一冊(116)「医者の本音」 医者は患者の前でいったい何を考えているのか?そうした医者の本音をズバリと書いた本です。中山裕次郎さんは、Yahoo!ニュースなどでも積極的に発信しています。 いつ死んで […]
  • 今日の一冊(100)『虚栄』久坂部羊今日の一冊(100)『虚栄』久坂部羊 今回は、作家で医師の久坂部羊氏の医療小説『虚栄』です。 末期がん患者に「もう治療法はありません」と言わなければならない医師の悩む姿と、言われた患者の納得でき […]
  • 今日の一冊(91)『がんが再発・転移した時、あなたは?』今日の一冊(91)『がんが再発・転移した時、あなたは?』 「ここではもう、できる治療法はなくなりました。ホスピスを紹介するので、そちらに移った方が良いでしょう」と説明する医師が増えています。 この、新しいパターナリズムに対 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です