今日の一冊(40)『がん「予防」と「早期発見」の最前線』

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

週刊文春に連載された記事にいくつかの書き下しの記事を追加して、最近の研究結果を使って、予防法と早期発見法をわかりやすく解説しています。
がん予防と早期発見の最前線」は『新薬の罠』などの著作もある評論家の鳥集徹氏の執筆です。食事療法だけでがんを治せるという科学的証拠はどこにもないし、結局は、あたりまえの健康的な生活が、がんの再発予防にも最も効果的ですよ、という結論です。ま、その結論に至る過程を丁寧に説明しています。このブログでの紹介してきた、がんを防ぐための新12か条がいちばん頼りになると言うこと。

  1. たばこは吸わない
  2. 他人のたばこの煙をできるだけ避ける
  3. お酒はほどほどに
  4. バランスのとれた食生活を
  5. 塩辛い食品は控えめに
  6. 野菜や果物は不足にならないように
  7. 適度に運動
  8. 適切な体重維持
  9. ウイルスや細菌の感染予防と治療
  10. 定期的ながん検診を
  11. 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
  12. 正しいがん情報でがんを知ることから

がんにならない食生活」は国立がん研究センターの津金昌一郎氏の記事です。赤肉で大腸がんのリスクが増えるという結果について、アメリカでの研究であり、日本人はそれ補と食べていないから気にする必要はない。むしろ肉を食べるようになったおかげで血管系の病気による死亡率が下がったのです。

コーヒーで肝がんリスク低下、緑茶を飲もう、豆腐や納豆で乳がん予防など、個別具体的に説明されています。

50歳を超えてもがんにならない生き方」は、アンチエイジング医師 南雲吉則医師の記事。これはちょっと首をかしげる内容です。どうしてこのような著者を起用したのだろう。「抗がんサプリに効果なし」は納得できるとして、「がんは免疫の過剰反応による病気」は最たる噴飯物。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 樋口強さんの本、絶対にお勧めですよ!! 昨年末のこちらの記事で紹介した松沢さんが、15日にがん研での手術が終わったとコメントをくださいました。ICUを出てすぐに、痛みに耐えながらコメントしてくださったのでしょうね。おめ […]
  • 今日の一冊(30)『病気の9割は歩くだけで治る』今日の一冊(30)『病気の9割は歩くだけで治る』 病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず posted with ヨメレバ 長尾 […]
  • 心が免疫系に与える影響 心と免疫系との関係を研究する「精神神経免疫学(PNI)」に関する、信頼のおける科学的な情報が、最近では殆ど発表されません。そうしたなかで、1986年初版の『精神生物学―心身の […]
  • 近藤誠『CT検査でがんになる』文藝春秋11月号近藤誠『CT検査でがんになる』文藝春秋11月号 書き上げてはいたのですが、朝日新聞の「ねつ造事件」のためにアップが延び延びになりました。しかし、朝日新聞も地に落ちたものです。41患者団体の共同声明すらも、自分の都合の良い部分だ […]
  • 今日の一冊(39)『鹿の王』 上橋菜穂子の新作『鹿の王』は、異世界を舞台にした謎の病を追う医療サスペンスであり、異文化との交流を正と負の側面から描く物語である。 鹿の王 (上) […]
  • 今日の一冊(24) 澤田瞳子『若冲』今日の一冊(24) 澤田瞳子『若冲』 若冲posted with ヨメレバ 澤田 瞳子 文藝春秋 2015-04-22    […]
0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です