Mindsアブストラクトに膵癌3件登録&膵癌臨床試験

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

Minds医療提供者向けコンテンツに1/5付で英文文献抄訳が78件登録され、その中に膵癌のコンテンツが3件あります。診断ガイドライン作成後に公表された重要な論文を抄訳として出しています。

***********************

2011/01/05に、Minds PLUS/医療提供者向けコンテンツとして下記疾患のMindsアブストラクト78件を公開しました(末尾に公開日を付記して公開しています)。

 

疾患名(五十音順) 件数
胃がん検診 3件
急性膵炎 4件
急性胆管炎・胆嚢炎 3件
クモ膜下出血 9件
膵癌 3件
喘息 2件
大腿骨頚部/転子部骨折 29件
大腸がん検診 3件
特発性正常圧水頭症 7件
脳梗塞 2件
脳出血 8件
肺がん検診 5件

膵癌に関する3件は下記にリンクしました。

それぞれPubMedには2007年に載せられたものですが、あらためてMindsに収録されたということです。
膵癌の根治手術後のゲムシタビン(ジェムザール)の補助化学療法により、有意に再発率が低下した。幽門輪温存膵頭十二指腸切除術は従来の術式と同等である。膵頭十二指腸切除において拡大リンパ節郭清はベネフィットがない。という内容です。


膵癌の臨床試験に一部変更と追加があるようです。

  • 順天堂大学のペプチドワクチン療法は引き続き限定募集中

膵癌に対するペプチドワクチン療法 第I/II相臨床試験

  • 京都大学のクルクミン(ターメリック)補助療法
    ゲムシタビンを用いた化学療法に抵抗性となった膵癌・胆道癌患者

膵癌・胆道癌症例に対する細粒化クルクミン補助療法の第I/II相臨床試験

以前に書いたターメリックの記事では安全性評価の第Ⅰ相試験でしたが、引き続き行なうようです。京都大学附属病院では他に、

局所進行膵癌に対する呼気息止め法・呼吸同期強度変調放射線治療の線量増加試験

膵癌に放射線量を増加して照射しようという試験、などが目に付きました。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 近藤誠『CT検査でがんになる』文藝春秋11月号近藤誠『CT検査でがんになる』文藝春秋11月号 書き上げてはいたのですが、朝日新聞の「ねつ造事件」のためにアップが延び延びになりました。しかし、朝日新聞も地に落ちたものです。41患者団体の共同声明すらも、自分の都合の良い部分だ […]
  • 国民健康保険の一部負担金減免制度国民健康保険の一部負担金減免制度 がんになったとたんに病気のことももちろん心配ですが、お金のことも頭をよぎります。治療費はいくらかかるんだろう?仕事は続けられるのか? […]
  • 闘病者はなぜ書くのか? このブログのページ別アクセス数を見ると、トップページは別にして、ウェブページの「@私のがん攻略法」が一番多いのです。その次が「ゲルソン療法では膵臓がんは治らない」などとなっていま […]
  • 私はがんで死にたい私はがんで死にたい DP2 Merrill F5.6 1/60秒 ISO200 小野寺時夫『私はがんで死にたい―ホスピス医が決めている最期』 […]
  • メトホルミンは膵臓がんに効くか?メトホルミンは膵臓がんに効くか? 少し前ですが、長尾和宏先生にブログに「メトホルミンと膵臓がん」との記事がありました。 ある大病院の「まだ表には出せない」という研究では、術後、メトホルミンを投与 […]
  • 膵臓がんの画期的な検査法膵臓がんの画期的な検査法 2年前にNHKスーパープレゼンテーションで、15歳の高校生が膵臓がんの画期的な検査法を発明したと話題になったことがあります。「Jack […]

Mindsアブストラクトに膵癌3件登録&膵癌臨床試験” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    銀嶺さま。
    冒険の旅を続けていれば、主人公が成長することもあると思います。
    たとえ病気が治らなくても。
    がんは、結局はどんな人生を送りたいのか、そんなことを考えさせてくれるようです。

  2. 銀嶺 より:

    こんにちは。
    『CT検査でがんになる』の記事を検索中に、
    こちらのブログを拝見する機会を得ました。
    記事や、記事に関連する情報を、
    ご自身の経験を通して分析・指摘されていて、
    説得力のある内容だと、肝銘を受けております。
    『生きるということ』も、心に沁みました。
    私も、永遠の命に繋がる事を、
    諦めずにこれから始めたい…
    と思います。
    悲しみの中に篭っていた私ではありますが、
    客観的な視点とエモーショナルな優しさに、
    とても励まされました。
    これからも拝見させて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です