スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

今日の一冊(113)「死に逝く人は何を想うのか」

親しい人、最愛の人の死期が迫っているときに、私たちはどのように接すれば良いのでしょうか。

この本では、死を迎える患者さん特有の心の変化に焦点を当てながら、家族が「見送り」の際にできることについて考えていきます。

(116)死に逝く人は何を想うのか 遺される家族にできること (ポプラ新書)

(116)死に逝く人は何を想うのか 遺される家族にできること (ポプラ新書)

佐藤 由美子
902円(10/22 00:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

佐藤由美子さんは、ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士です。長年米国のホスピスで音楽療法を実践してきた方です。またブログ「佐藤由美子の音楽療法日記」も開設されています。

大切な人との別れは辛いものです。あまりの辛さに誰もが打ちひしがれてしまいます。

私たちは、死に逝く人の気持ちがわかりません。何かをしてあげたいのに、何をしたらいいのかが分からない。どうすれば末期の患者さんの心に寄り添い、サポートできるのだろうか。

佐藤さんの1200人以上の人生を見届けたホスピス音楽療養療法士の経験から、多くの実話を紹介して「見送り」に必要なことが説明されています。

これまで気づかなかったこと、なるほどそうなのかと言う内容が盛りだくさんです。

生き方が人それぞれ違うように、死に方も人によって全く違います。その事実を受け入れる必要があると説きます。キューブラー・ロスが「死の受容」のプロセスとして五つの段階を示していますが、全ての患者さんがこうした段階を追っていくわけでもありません。最終的に死を受け入れる「受容」は、何も旅の最終地点ではなく、あらゆる段階で見られる現象なのです。

突然がんだと宣告される。また治療しても生きられる時間は長くはないと言われたとき、本人にとっても周りにとってもショックは大きいです。そして「そんなはずはない」あるいは「どうして自分だけが」という否定の思いや、怒りや絶望感に悩まされる時期が続きます。現状を受け入れられるようになるまでには、時間が必要なのです。

こうした「否定」の状態にある患者さんにはどのように接すればいいのでしょうか。例えば、余命いくばくもない患者さんが「早く元気になって海外旅行に行きたい」と言ったとします。それに対して「そうね、きっと行けるわよ」と言えば嘘になる。かといって、「旅行できるような体じゃないことはわかっているでしょう?海外旅行なんて無理よ」などと言えば、本人を傷つけることになる。

ここで大切なのは、彼らの言葉の奥底にある”希望”に気づくことだ。わかってほしいのは、「海外旅行にまた行きたい」という希望、つまり、「海外旅行にまた行きたいんだね」と患者さんの言葉を反復し、本人の気持ちを確認するだけでいいのだ。それだけでも患者さんは気持ちをわかってもらったと感じ、自分の気持ちを自覚することもできる。もちろん、何も言わずにただ耳を傾け、彼らの気持ちを受けとめるだけでも十分だ。

患者さんは、自分の死期をはっきりと悟ります。そして凄いエネルギーで「やり残したこと」を叶えようともします。それには家族のサポートが必要です。

また、音楽療法のすばらしい効果についても多くを語っています。

末期の患者さんであれば、自分の最期のときにはどうして欲しいのか、この本を参考にして家族に伝えておくことも、役に立つに違いありません。介護をしている家族であれば、死に逝く人の気持ちへの理解が深まるでしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 中村哲の理想郷中村哲の理想郷 中村哲が凶弾に倒れた。アフガニスタンで、100の病院よりも一本の灌漑水路が人々の生活を守り、結局は平和な国土を作ることができると、理想郷を追い求め、驚異的な実行力で成果を […]
  • がんゲノム検査が健康保険適用にがんゲノム検査が健康保険適用に 膵臓がんには多くの遺伝子変異が見つかっており、あなたの膵臓がん腫瘍に、どのような遺伝子の異常があるのかを調べることができます。これが、がんゲノム検査(遺伝子パネル検査)です。膵臓 […]
  • NHKスペシャル「日本のがん医療を問う」NHKスペシャル「日本のがん医療を問う」 土曜日のNHKスペシャルは「日本の元利用を問う」。がん基本法が制定されて5年、がん医療は少しは良くなったのか? がん登録が実施されていないので、施設をまたがって治療を受けるような […]
  • 微小カプセルで膵がん治療 東大チーム、マウス実験微小カプセルで膵がん治療 東大チーム、マウス実験 ナノキャリアを利用したドラッグデリバリシステム(DDS)で、膵臓がんのマウスの70日後の生存率が100%という驚くような成績の記事が各社に載っています。膵臓(すいぞう)がんの細胞 […]
  • 巾着田曼珠沙華公園と寺坂棚田のヒガンバナ巾着田曼珠沙華公園と寺坂棚田のヒガンバナ 両陛下が前日に訪れた巾着田に行ってきました。 天皇、皇后両陛下は20日、私的な旅行で、埼玉県日高市の高麗神社を訪問された。高麗神社は、朝鮮半島の高句麗が7世紀に滅亡した前後に、 […]
  • さようなら原発5万人集会さようなら原発5万人集会 国立競技場駅を出たら、もう人がいっぱいでなかなか前に進めない。「会場はすでにいっぱいです」との主催者のアナウンス。「立錐の余地もない」とはこのことか。無理矢理正面の舞台へ向かおう […]
  • 日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して 昨日の朝日新聞に、 『がん治療の光免疫療法、国内でも治験へ 米で実績』の記事で 光を当ててがん細胞を壊す新たながん免疫療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が、国内 […]
  • アブラキサンの話題、2題アブラキサンの話題、2題 アブラキサン(nab-パクリタキセル)が本年度中に膵癌に保険適用になりそうですが、海外(邦訳)と国内の臨床試験の結果が出ています。 進行膵臓癌を対象にしたMPACT試験の解析更新 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です