『今あるがんを眠らせておく治療』

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
10月9日(水)午前9時まで、参加申込み受付中
LINEで送る
Pocket

今日は私の62歳の誕生日。3年前に癌研に入院した日でもあります。一週間遅れの父の日も重ねて、昨夜は家族で祝ってくれました。娘からは山崎の12年を2本。少し飲み過ぎで食べ過ぎだったのか、少々胃もたれ気味で早めに寝てしまった。

高橋豊の今あるがんを眠らせておく治療―がん休眠療法のすべてがわかる (名医の最新治療)

高橋豊氏の『高橋豊の今あるがんを眠らせておく治療―がん休眠療法のすべてがわかる (名医の最新治療)
』が発売されています。『がん休眠療法
』『決定版 がん休眠療法 』に続いて3冊目です。前著が出された2006年から5年近く経っており、この間の治療の経験、分子標的薬をはじめとする抗がん剤の進歩を踏まえた内容になっています。もちろん「休眠療法」の基本的な考えは変わっていません。

ASCO 2009の会長公演においてRichard Schilsky会長は、

「がん患者は、一人一人が生物学的・臨床的に異なり、また、社会的・経済的にも異なるなかで、すべての患者をひとつの方法でマネジメントすることは適切ではない」と訴えた。また、以前から標準治療において、副作用もなく、治療を長く継続できる患者がいる一方で、副作用がきつく、治療を継続できない患者もいることが知られていた。こうした薬物代謝の違いは遺伝的な多様性からきていることもわかってきた。血液検査を行うことで、副作用が少なく、予後が改善される治療へと 患者を誘導することが可能だ。もはや「フリーサイズのシャツのように、すべての患者を一つの治療法で管理する(One size fits all)」ことは最適ではない。

と訴えたと報じられました。これからはテーラーメイド治療だというわけです。それに関して著者の高橋豊氏は「抗がん剤治療のテーラーメイド治療とは、一人ひとりのわずかな遺伝子の違いから生じる、薬剤の分解酵素の量に合わせることです。分解酵素の量に基づく(抗がん剤の)投与量の個別化は、遺伝子学的にも薬理学的にも理にかなったこと」であり、抗がん剤の「量こそ大事」だと書いています。

休眠療法・メトロノミック療法、梅澤医師は「ちゃらんぽらん療法」とブログで書いていますが、同じ考えに基づいています。この本では「標準治療ががん難民を生んできた」と指摘しています。年齢も性別も抗がん剤へ副作用も無視して、一律に体表面積だけで投与する抗がん剤量を決める。副作用に耐えられなければ「もう打つ手がありません。緩和医療を考えてください」と放り出される。こうして大量のがん難民をつくってきたのが国立がん研究センターであると批判されてきました。この点ついて、新しい国立がん研究センターの嘉山孝正理事長も認めているのです。(こちらこちらの記事を参照)高橋氏は、休眠療法が普及すればがん難民は減るはずだと述べています。

高橋氏はまた、副作用の個人差が大きい抗がん剤塩酸イリノテカンやジェムザールでは延命効果が小さく、個人差が小さい抗がん剤TS-1などでは延命効果が大きい、これは個人にあった量の抗がん剤を投与すればそれなりの効果があるはずだという根拠になり得ると述べます。

がん休眠療法を受けることのできる医療機関が記載されています。東京と千葉に集中していますが、もっと全国に普及して欲しいものです。


スポンサーリンク

休眠療法は、自分が再発・転移した場合の第一の選択肢として考えているので、情報は大切に保存しておきます。

Wshot00147

Wshot00145

Wshot00144

Wshot00146


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「東大話法」はがん治療の世界にも応用できる「東大話法」はがん治療の世界にも応用できる […]
  • 四万十のゲリラ医者四万十のゲリラ医者 岩間四万十茶屋から見た岩間沈下橋 先週四万十に行った折りに、立ち寄ったところが2カ所ある。 大野内科は、赤鉄橋の橋のたもと、トンボ公園に向かう途中にあった。(両方の看板が見えま […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (3) 生物の細胞あるいはがん細胞においても、これまで述べたようなべき乗則が成り立つのでしょうか。生物は複雑系であることはまちがいない。細胞内の生化学反応は複雑なネットワークを形成してい […]
  • なかにし礼『生きる力』なかにし礼『生きる力』 鷲神社の、なでおかめをSPPのモノクロモードで ステージ2Bの食道がんを、陽子線治療でCR(完全奏功)を勝ち取ったなかにし礼氏の『生きる力 […]
  • 『再発』 「再発」と言っても、私の膵臓がんが再発したのではありません。もちろん、再発するかどうか、予防するためには何をしたら良いかということが今の大きな関心事ですが、できることはすべて […]
  • 粒子線治療は膵臓がんの標準治療となるか? 【下段に追記しました】 著者の菱川良夫氏は、元兵庫県立粒子線医療センター院長だった人ですが、2010年4月から鹿児島県指宿に建設されたメディポリス医学研究財団がん粒子線治療研究セ […]
LINEで送る
Pocket

『今あるがんを眠らせておく治療』” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    もう2年になるのですね。岩室温泉で蛍を見たのは。"膵がんでも元気です"さん、すばらしい奥さんですね。せいぜい引っ張っていってもらってください。
    書かれているように、心の有り様が一番大きい。がんになるにも直すにも。そう感じています。
    ええ、一緒にサバイバーを目指しましょう。

  2. 2008年7月のブログに触発され、実家の近くにある岩室温泉に冬妻ほたるを見にやってきました。大群とはいきませんでしたが、暗闇のなかをゆらゆらとホタルが飛び交っていました。ホタルの明かりがあることで、一層暗闇が引き立ちます。都会にはない、田舎の闇もいいものです。
    今年3月に膵臓がんと診断されたばかりです。お医者様や雑誌では知ることのできないさまざまな情報を教えていただきありがとうございます。私もいろんなことを勉強して、膵臓がんサバイバーの仲間入りを目指したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。