スポンサーリンク

膵臓がんのサバイバー:静脈血栓塞栓症になるリスクが10倍

成人のがんサバイバーで、心血管疾患のリスクが増加しているというこの記事。

静脈血栓塞栓症は「エコノミークラス症候群」とも言われています。

多くの場合、血栓の全部または一部が、血流に乗って下大静脈・右心房・右心室を経由し、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると肺塞栓症となる。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血液が流れず、ガス交換ができなくなる。その結果、換気血流不均衡が生じ動脈血中の酸素分圧が急激に低下、呼吸困難と脈拍数の上昇が起きる。典型的な症状は息苦しさや息を吸うときの鋭い痛みで、失神、ショックが起きる事もあり、時に死亡する。(Wikipediaより)

対照群と比較すると、20種のうち18種のがんのサバイバーで静脈血栓塞栓症のリスクが増加した。

調整ハザード比(HR)は、前立腺がん患者の1.72から膵臓がん患者の9.72までの範囲であった。ハザード比は経時的に低下したが、診断後5年以上でもまだまだ高い状態であった。

膵臓がんのサバイバーは、健康な人と比較して、静脈血栓塞栓症になるリスクが9.72倍、約10倍にもなるのですね。\(◎o◎)/!

結論として、

  1. おおかたのがん種のサバイバーでは、一つまたは複数の心血管疾患の中長期的危険性が増加し、危険性のパターンは、がんの種類や心血管疾患の特定の転帰によって異なった。
  2. ほとんどのがん種で静脈血栓塞栓症の危険性が大幅に増加
  3. がん種の半分のサバイバーで心不全または心筋症の危険性が増加した
  4. 化学療法が危険性の重要な要因として強調された。
  5. がんサバイバーは、がん既往歴がない対照群よりも心臓保護薬による治療を受けていない傾向にある

治療に当たる先生も、がんのことは気にしながらも、静脈血栓塞栓症にまでは気が回らないでしょう。

異常を感じたら、先生に告げて専門医の診断を受けることが良さそうです。

ところで、私は若いころから不整脈があるので、診察のときにはそれも含めてお願いしています。このごろはめったに出なくなりましたが。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 糖質制限食を続けています糖質制限食を続けています 久しぶりに糖質制限食の話題。もちろん(プチ)糖質制限食は続けています。朝は玄米と味噌汁、納豆、焼き魚、野菜の炒め物。夕食はご飯抜きのおかずだけ。おかずは肉に魚、タンパク質をしっか […]
  • 腫瘍内科医はユーチューバー腫瘍内科医はユーチューバー 再手術して2日目、徐々に頭の働きも正常に戻ってきました。人間、トゲが一つ刺さっていても正常な判断に支障が出るのですね。まして背骨が炎症していたらそりゃまともなことも書けま […]
  • 「百万回の永訣」を見て「百万回の永訣」を見て ビデオを何度も中断して、やっと見終わった。やはり何か違うな、との思いで、見続けるのが苦痛だった。いったい、このドキュメンタリーは何を伝えたいのだろうか。そこがよく分からなかった。 […]
  • HIFU(高密度焦点式超音波療法)は膵臓がんにも有効かHIFU(高密度焦点式超音波療法)は膵臓がんにも有効か 少しカメネタだが、5月9日のBS朝日で「医療最前線 […]
  • 外出許可:”伊豆長八”の漆喰彫刻外出許可:”伊豆長八”の漆喰彫刻 緊急手術して五日目に、やっと外出許可が出ました。 点滴用の針は刺したままですが、2時間くらい散歩をしました。やはり、まだ歩くのがぎこちない感じがします。カメラを右手に、被写 […]
  • NHK「どう向き合う? がん“代替療法”」明日放送 明日土曜日22時から、NHK 『追跡!A to Z どう向き合う? がん“代替療法”』が放送されます。ゲストはタレントの山田邦子と東北大学大学院教授 […]
  • 糖尿病薬、いろいろ試しています。糖尿病薬、いろいろ試しています。 アマリールからグリニド系のグルファストに変えてから一ヶ月になります。グリニド系薬は、SU薬と同様に膵臓のランゲルハンス島β細胞のSU受容体に作用し、インスリン分泌を促進させる効果 […]
  • 『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。 死が怖いのは、動物としての本能ですから、誰にでもあたりまえに怖いです。ロシアン・ルーレットで拳銃を頭に突きつけられて、引き金を引け、といわれたら、脂汗がたらたらと流れます […]

膵臓がんのサバイバー:静脈血栓塞栓症になるリスクが10倍” に対して2件のコメントがあります。

  1. 押川勝太郎 より:

    これは超重要な情報です。膵がん胆道がんでは100人中2〜3人が血栓症(脳梗塞、心筋梗塞、肺動脈血栓症など)を起こします(治療前から!)。当方は外来診察中に目の前で脳梗塞を発症して絶命された患者さんがいました。またあぐらをかいた状態で数時間座って作業をしていた、ある患者さんは下肢静脈血栓症から肺動脈血栓症を発症した人もいます。ずっと同じ姿勢で座っていたり、足を組む姿勢は膵がん胆道がん患者さんでは非常に危険だと思います。

    1. キノシタ より:

      押川先生。現場の経験からの貴重な情報、ありがとうございます。
      ぜひYouTubeでも取りあげてください。
      ますますがん患者は歩け、とくに膵臓がん患者は歩かなければ危険だということですね。
      がんを育てないためにも、心血管疾患のリスクを下げるためにも運動が重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です