今日の一冊(13)『がんを再発させない生活術』

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

著者の鹿島田忠史医師は私と同じ1948年生まれ、40歳にして我が家の目の前にある東邦医大を卒業して医師免許を取ったという方。さらに我が社が健康診断を受けている牧田総合病院に勤務と、ご近所さんのような方です。

がんを再発させない生活術 ― きょうから始められる5つの習慣

がんを再発させない生活術 ― きょうから始められる5つの習慣

鹿島田 忠史
2,680円(10/21 20:37時点)
発売日: 2015/07/10
Amazonの情報を掲載しています

正直、「トンデモ本」かなという予感がしていたのですが、内容はいたってまじめです。ただし、免疫を扱う以上、分からないことも多いのですから、完全な科学的根拠を求めるのは無理でしょう。

がんを再発させない生活術―きょうから始められる5つの習慣

しかし、結論を言えば、私自身ががんを再発させないために実践し、このブログで書いてきたことと多くの点で共通しています。

「呼吸」「食事」「運動」「ストレス管理」「生活環境」の5つの視点から、がんを再発させないための考え方や取り組みを、具体例を挙げて解説しています。

著者は、がんの再発を防ぐ上で、「がんが嫌う環境を体内につくることが大切」と述べています。 これはシュレベールも『がんに効く生活』で繰り返し述べていることです。

再発や転移することが圧倒的に多い膵臓がんです。既に再発した患者でも「がんが嫌う体内環境をつくる」ことは、元気で生活の質(QOL)を保った生活をする上では大切なことに違いありません。

  1. 誰もが必ず迎える「死」に対する認識を深める
  2. 発がんという試練の意味を見直して肯定的な側面を見つける
  3. 困難を乗り越える精神力を身につける

の3点の重要性を挙げていますが、がん=「死」と考え込んでストレスを貯め込まないためにも、「死」に対する自分なりの考えを持つことの重要性も、私がしばしば書いてきたとおりです。

シュレベールの『がんに効く生活』は難しすぎて、という方にはお勧めですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 原子力ムラの”勘違いした”逆襲原子力ムラの”勘違いした”逆襲 このブログでも取り上げた、年末に放映されたNHK 『追跡!真相ファイル:低線量被ばく […]
  • ヤクルト菌はNK細胞を活性化し、免疫力を高めるヤクルト菌はNK細胞を活性化し、免疫力を高める ヤクルト菌(学名:Lactobacillus casei Shirota […]
  • Medエッジの膵臓がん関連記事Medエッジの膵臓がん関連記事 最近Medエッジに膵臓がんに関する記事が連続しています。 アレルギーのある人は膵臓がんになりにくいと判明、果物と葉酸でも防げる 膵臓がんに多い「膵管腺がん」、がん化の新しいメカニ […]
  • 今日の一冊(23)『がんに負けるな!』 落語家の林家木久扇師匠と日本医科大学名誉教授の吉野槇一氏の共著。といっても林家師匠は冒頭の対談の部分に登場するだけで、吉野教授の「脳内リセット」の話がメインのテーマです。 […]
  • ビッグ・ファーマの真実 毎日新聞と朝日新聞で報道されました。でましたね。やはりというか、汚いというか。肺がん治療薬「イレッサ」の副作用被害で患者と遺族が国と輸入販売元のアストラゼネカ社(大阪市)に損害賠 […]
  • 良寛のこんな詩がいい良寛のこんな詩がいい 寝る前、まどろんでいると、 ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。 騰々(とうとう) 天真に任す 嚢中(のうちゅう) 三升の米 炉辺 一束の薪 誰か問わん […]
  • 癌治療学会でFOLFIRINOXの中間解析癌治療学会でFOLFIRINOXの中間解析 10月24日より開催されている第51回日本癌治療学会総会において、FOLFIRINOXのフェースⅡ試験の中間解析が、国立がん研究センター東病院の池田公史氏から発表されたと、「がん […]
  • 済陽式食事療法について 食事療法でがんが治るのか。これについては賛否両論ある。骨折ならすぐに外科治療あるいは整形外科を受診すべきだろう。しかし高血圧なら、一時的に血圧降下剤が効くにしても、根本的には生活 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です