がん治療「免疫細胞療法」 神大病院、実用化へ研究

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

神戸大学医学部付属病院が、「免疫細胞療法」の臨床研究を近く始めると報道されました。2年間かけてどの癌に効果的かを臨床研究するそうです。すい臓癌も対象になっています。


【記事全文です】

神戸大学医学部付属病院(神戸市中央区)が、がん患者の血液から採取したリンパ球などの免疫細胞を培養して体内に戻し、がん細胞を攻撃する「免疫細
胞療法」の臨床研究を近く始めることが、二十七日までに分かった。同療法は副作用は少ないが、保険適用外の上、どのがんに効くかなどデータが乏しいのが実
情。同病院はまず、試験管で患者のがん細胞を使って効果を検証し、二年後をめどに実用化を目指す。

主な研究対象となるのは、胃▽大腸▽膵臓(すいぞう)▽胆のう・胆管▽肺▽中皮腫▽卵巣▽腎臓▽皮膚(悪性メラノーマ)-の九部位で、がん性の胸膜炎か腹膜炎がある進行がん。

今回使うのは細胞傷害性Tリンパ球(CTL)。患者の血液からリンパ球と樹状細胞を採取し、増殖しないよう処置をしたがん細胞を樹状細胞に融合。さ
らにリンパ球と混合培養すると、その中のTリンパ球が活性化し、特定のがん抗原を認識できる攻撃力が高いCTLになる。このCTLを取り出し、試験管でが
ん細胞と闘わせ、がん細胞が死滅するかなどの効果を検証する。

また、樹状細胞は患者本人だけでなく、血液型が一致する二親等以内の人からも採取して効果を比較。同大のマウス実験では、子の樹状細胞の方がCTLが活性化されたといい、人間でも同様の結果が予想される。

研究は患者や家族から血液五〇ccを二回取り、患者の胸水や腹水からがん細胞を採取する。一週間に患者一人のペースで行い、二年間で百人分のデータを集める。

がんの部位を限定したり、効果を十分に検証したりせず治療を実施する医療機関はあるが、同病院はがんの対象部位を広げて治療前に検証し、有効性が高い部位や腫(しゅ)瘍(よう)の性質などが分かり次第、それらに絞って患者への治療に進む。

研究には十診療科が参加。研究責任者の食道胃腸外科の神垣隆講師は「研究を成功させ、患者にとって適切かどうか見極めた上で、免疫細胞療法を提供できるようにしたい」と話している。(神戸新聞より)


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 盂蘭盆会―墓参り盂蘭盆会―墓参り 7月15日の盂蘭盆会を前に、ぱらぱらと雨の落ちてくるなか、今日は浅草の菩提寺で墓参りです。 第17代 […]
  • 入院五日目 退屈だなぁ入院五日目 退屈だなぁ 入院も五日目になりました。手術時に入れたドレーンも抜けて自由な身となり、シャワーを浴びることができました。 しかし、動くとまだ傷口が痛い。 今日からリハビリが始まりま […]
  • 火災報知器が・・・火災報知器が・・・ 今日はSmile […]
  • 3年前の奇跡3年前の奇跡 東日本大震災から明日で3年になります。「福島は忘れられようとしているのではないか?」マスコミでもあまり取り上げられなくなりました。土曜日のETV特集「ネットワークでつくる放射能汚 […]
  • パスワードの管理パスワードの管理 もう散ってしまったけど。どこのユルキャラ?いえ、パチンコ店の宣伝です。 前回のOpenSSLのHeartbleed問題。flickr.com […]
  • オーダーメイド医療は「既製服」 遺伝子研究を売り込むがあまり、デーラーメイド医療やオーダーメイド医療というような個人仕様の医療を強調し、従来の医療を「平均化」という言葉を用いて批判する医師や医学研究者がいる。 […]
  • がん難民から、がん在宅難民へがん難民から、がん在宅難民へ 4月1日から診療報酬が改定されます。私のような団塊の世代が75歳の後期高齢者となる2025年には、4人に1人が75歳以上となる「超高齢社会」がやってきます。いわゆる「2025年問 […]
  • 靖国参拝で四面楚歌状態靖国参拝で四面楚歌状態 膵臓がんの術後1年ほど経ったころ、いずれ再発して死に至ることになるかもしれないからと、田舎にある墓を東京に移す決心をしました。納骨室を開けると、かび臭い空気の中にあった骨壺の一つ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です