ASCO2020:膵臓がん周術期の化学療法 延命効果示せず

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

術前、術中、術後の化学療法、modified(m)FOLFIRINOX(5-FU、イリノテカン、オキサリプラチン)とゲムシタビンnab-パクリタキセルはどちらも、既報に比べて生存期間を改善しないことが、無作為化フェーズ2試験SWOG S1505試験で明らかになった。

「膵癌治療ガイドライン」も期待を込めて書かれていただけに、残念です。

今年のASCOは「バーチャル会議」でしたね。

これ以外に膵臓がんに関する目立った発表はなさそう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です