図書館再開、嫌な老人がなぜ増える?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

コロナ太り”かなぁ? それとも、インスリンを7単位に増やしたせいか? 運動不足には違いない。

体重が4キロも増えてしまって64キロに。いや、本来ならこれでよいのだ。

ぴったんこ「適正体重」です!!

地元の図書館が1日から再開されました。とはいっても閲覧室へ自由に立ち入ったりすることはできなくて、インターネットや電話で予約した資料の受け取りだけです。

これだけでも随分と助かります。図書館から本を借りることができなくて、この2ヶ月間、図書館の役割を再認識しました。

街の本屋もほとんど開いていなくて、どうしても必要な本はAmazon から購入せざるを得なかったのですが、なぜか多くの本が在庫切れになっていました。

受付で、予約をした本を受け取っていると、私と同年代の老人がやってきました。

大きな声で「辞書の閲覧はできんのか? 読めない漢字があって困るんだよな」と。

係員の方も「すいません。新型コロナの影響で、ステップ3になるまでは閲覧室に立ち入ることはできません」

と説明するのだが、「この漢字が読めないと困るんだよな」としつこく繰り返しています。

そんなの、スマホで調べりゃいいじゃん、と思うんですが、スマホすら持ってないのかもしれませんね。でもガラケーはどんどん古くなって皆さん簡単なスマホに乗り換えているはずですけどね。

それにしても、歳を取ると丸くなるはずだと言われますけども、傍若無人というか、恥を知らない老人が多いこのごろ、こちらが恥ずかしくなります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です