今日の一冊(143)『味覚喪失~人は脳で食べている』

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

コーンフレークと牛乳が救世主だった

食べることは、生きること

この言葉は、がん患者にとってはさらに切実です。がん患者の多くは、程度の違いはあっても、治療の副作用によって食欲がなく、食べられない状態になります。

そうした自らの状況を克明に記録して分析し、味覚喪失と全力に立ち向かった著者の記録です。

味覚喪失: 人は脳で食べている

味覚喪失: 人は脳で食べている

伸一, 元木
1,540円(11/24 22:50時点)
発売日: 2020/10/05
Amazonの情報を掲載しています

テレビのディレクタープロデューサーとして報道番組やドキュメンタリー、健康番組に至るまでいろいろな番組を手がけてきた著者です。

それが、60歳になった頃第一線を引退して地方都市での暮らしに夢を託したのでした。

これからは自然に囲まれた地方都市でのんびりと生活をする、そうした思いが打ち砕かれたのが、朝起きた時に感じた喉の異変です。

CT や MRI で検査をした結果、主治医から言われたのは悪性の腫瘍、咽頭がんです。

ステージはⅡとⅢの間、さらに左首のリンパ節にも転移をしています。腫瘍は多くの血管や神経がある場所にあるので手術はできません。放射線照射と抗がん剤によって治療をすることになります。

放射線照射は35回抗がん剤は3回行います。

その治療の過程で味覚障害になり、摂食障害にまでいたります。喉の腫瘍ですから、そこに放射線を当てるわけです。舌にある味覚細胞がやられてしまいます。抗がん剤シスプラチンの副作用が味覚障害を増幅させます。

食べ物の味がわからない、味がわからないと脳は食べ物だという判断を拒否します。食べ物が泥のような味がするのです。

しかし著者は、味覚障害に対して努力と工夫と創意を重ねていきます。

デパ地下の食品売り場に行って、全ての食品を試食させてもらい、味のわかるもの、わからないもの、受け付けられそうなものを試してチェックし、メモを取ります。

その結果、とにかく濃い味付けをしたものはダメ、自然のままの素材の方なら食べられるということがわかります。

例えば美味しく感じられそうなものは、緑茶、抹茶、甘味料を使わないゼリー、野菜や椎茸のだし汁スープ、アオサ・ワカメ、おこげ玄米やお粥といったもの。

一方で食べない方がいいものは、焼き魚、煮魚、フライ、焼き鳥、ブロッコリー、ラーメン・うどん・パン、ピザ、ハンバーガー、トマト味、マヨネーズ、ドレッシング、煮込み、肉類。


スポンサーリンク

しかし、こんな食事ではカロリーや栄養素も取れません。体重はどんどんと減っていきます。放射線治療の副作用で髪の毛もどんどん抜けています。

味覚障害になったことで、食べ物に対する拒否反応が脳の中で起きます。

何を食べても「脳」が美味しく感じないので、「脳」はもう食べたくない⇒食事拒否⇒体重減⇒抵抗力・免疫力の低下⇒活動力低下と、どんどん悪循環に陥って、体重が減っていくのです。

そして血圧が低下して低血糖、栄養失調による感染症、貧血、骨粗鬆症、さらなる脱毛、皮膚の乾燥と、いくつもいくつものトラブルが体に襲ってきます。

摂食障害にならないためには、脳が美味しく感じるものを早く見つけることが必要でした。

結局食事こそが、がん治療者にとって何よりも重要なことだということを痛切に感じるのです。

がん患者で味覚障害に陥ってしまっている時にこそ、栄養を不快感なく摂取できる方法を見つけることが体にとって体力回復の最重要課題になります。

救世主はコーンフレーク

そして、ついに食べられるものが見つかるんですね。救世主は、シンプルな無糖のコーンフレーク。

これが一番美味しいと感じます。味覚が少しは残っていたのです。

コーンフレークに牛乳をかけて、さらに乳児用のミルクパウダーも加えます。発育栄養機能性麦芽「ミロ」やビタミンの豊富なドライフルーツなども加えて、徐々に食べられるようになり、体重の減少も止まります。

コーンフレークの味を感じることは脳にとって嬉しい出来事だったのでしょう。食欲も少しずつ湧いてきます。卵一個も食べられるようになります。

口の中で物を噛み、喉から胃に入れていく。そんな当たり前の”食べる”という行為が、人間の脳を満足させるためにはとても重要なことなのです。

もう一つ著者がこれは食べられると思ったのが韓国料理の”参鶏湯”でした。朝鮮人参や複数の漢方薬を使った鳥の水炊きのようなものです。これは完食できました。

がん患者の多くはがんて亡くなるのではありません。栄養障害によって餓死するのです。免疫力が低下し感染症で亡くなります。

四つ足の肉は食べたらだめだとか、人参ジュースを1日に何リットルも飲む。そんな馬鹿げたことをやっているとカロリーも栄養素も摂ることができずに、がんでは死なないで餓死することにもなりかねません。

著者は旺盛な探究心で、自分の食べられるもの、食べられないもの一覧表と、巻末には味覚障害、摂食障害の患者向けのレシピまで記しています。

もちろん患者によって味覚障害の状態や、食べられるもの食べられないものの違いはあるでしょう。がん研究センターなども、がん患者向けの食事の書籍も出してレシピを紹介していますが、著者が実際に自分で試したレシピや対策には説得力があります。

がん患者にとって食べることの大切さに気づいた著者の探究心と分析方法、たゆまぬ努力、そうしたことは見習うべきことではないでしょうか。

「がんを怖がらず」「がんから逃げず」「がんを悲しまず」という著者の決意に満ちた言葉は心に響きます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんの5年生存率 今日5月9日は32回目の結婚記念日です。娘も付きあって妻と3人で近所の寿司屋へといったのですが、時期をずらした連休休みで閉まっていました。タクシーを拾って大森駅前までいき、「びっ […]
  • 定期検査 3年をクリア!再発転移なし 今日は癌研での定期検査でした。 […]
  • 膵臓がんの冊子が更新膵臓がんの冊子が更新 「がん情報サービス」のがんの冊子「膵臓がん」が更新されました。(1/30) 「膵臓がんの疑い」と言われたら、何よりもまず読んでおきたい冊子です。この際、内容の要点を記しておきます […]
  • 今日の一冊(26) いろいろ 15歳で膵臓がんの画期的な検査法を発明したジャック・アンドレイカの物語。15歳にしては立派な文章を書くなぁ。 ゲイだということで、学校でもいじめられ自殺未遂もする。大好 […]
  • 樹状細胞療法で延命した?スタインマン教授は膵臓がん ノーベル賞の医学生理学賞を受賞したラルフ・スタインマン教授が、発表前に膵臓がんで死亡していたニュースが話題になっています。昨日はテレビでもこの話題で持ちきりでした。そして自らが開 […]
  • 百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする 私は最近になって、ドクター(シーゲルのこと)が書いている次の一節の本当の意味が少しだけ分かったような気がしている。というより、この一節の意味を心底理解できれば、自分のがんを完全に […]
  • 信頼できるウェブを装ったアガリクスの宣伝 株式会社日本医療情報出版が編集している「週間がん […]
  • 白根山噴火-日本列島は火山の活動期白根山噴火-日本列島は火山の活動期 白根山(正確には本白根山)が噴火して、1名の自衛隊員の方が亡くなりました。 白根山は火山性微動が観測されて、何年か前にも立入禁止でしたが、元白根山については、そうした兆候はなく […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です