「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


10/23『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2022年10月23日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円(会場1への参加者のみ)
【会場2】YouTubeでのオンライン同時配信:参加費は無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【定 員】合計 約 100名
【内 容】
第1部 講演:「膵臓がんから15年、治った理由」木下義高
第2部 患者さん同士の情報交換・交流会
リアル会場での参加とYouTube同時配信のハイブリッド開催となります。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

膵臓がんと言われたら・・・私のお勧め動画とテキスト

「膵臓がんサロン」に参加された方の中で、告知間もない方がいらっしゃったので、膵臓がんに関するまとまった情報を持っていただきたいと、お勧めした動画とテキストです。

膵臓がんを告知されたら、頭の中が真っ白になるかもしれません。

それが少し落ち着いてくると、情報を集めようとします。町の本屋や Amazon で膵臓がん関係の書籍を調べるかもしれません。

そうこうしているうちに数ヶ月が経ってしまい、医者のすすめるままに治療を始めるかもしれません。

あっという間に3ヶ月が経ち、半年が経ってしまいます。

乳がんなどなら半年や一年じっくり考えることも許されるでしょうが、「足が速い」と言われる膵臓がんです。のんびりしていられません。

膵臓がんを告知されたら、最初にすることは、膵臓がんに関するまとまった情報を取得することです。

私のおすすめは、5月に開催されたオンコロ主催の「膵臓がんセミナー」での講演です。国立がん研究センター中央病院の奥坂拓志先生の解説動画と、そのテキストです。

たしかにすい臓がんは、がんの中でも手ごわい病気です。しかし、新しい治療法が開発されており、病状や病気の経過は人それぞれです。

手術ができなくても、今まで通りの生活を続けられる人が増えています。

まずは、自分の病状を知り、すい臓がんの治療法や症状を軽減する方法について、信頼できる情報を集めましょう。

正しい情報を知ることが、あなた自身が病気に立ち向かう武器となるはずです。

膵臓がんとは? から緩和ケアまで、治療の全般が余すことなく簡潔に説明されています。

テキストを鑑賞しながら、奥坂先生の動画を閲覧してみましょう。72分ほどの講演です。

こちらのテキストは、画像をクリックするとPDFファイルでダウンロードできます。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す