今日の一冊(10) 『院内カフェ』

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

このところ、膵癌の方で亡くなったり再発したりが多いような感じです。気が滅入ります。膵癌って本当にやっかいな病気ですね。今夜あたり、ペルセウス座流星群がペピークだというから、流れ星にお願いでもしようかな。

院内カフェ (朝日文庫)

院内カフェ (朝日文庫)

中島たい子
682円(09/23 11:02時点)
発売日: 2018/09/07
Amazonの情報を掲載しています

最近の大病院では、院内にコンビニもあればカフェもある。がん研では有楽町にある「東京會舘」がレストランを出している。一昔前の「あるだけましだろ」とでも言いたげな「売店」とは様変わりしている。

院内カフェは、病院でもないし普通のカフェでもないという少し中途半端な異空間。そうした院内カフェを舞台にした中島たい子の書き下ろし小説『院内カフェ』。

主人公の相田○○は間りん子というペンネームを持つ売れない小説家。土日だけこの院内カフェでアルバイトをしている。

うるめいわしのような目をした”ウルメ”は「ここのコーヒーは・・・うん、カラダにいい。ビョーインだから。ここのコーヒーはカラダにいい・・・」と、いつも本日のコーヒーしか注文しない。どうやら精神科的な既往歴がありそう。袖まくりの毛深い腕をカウンターにどんと置いたレジデントは、「カプチーノ、M。ショット追加」である。こいつは”ゲジデント”。みんな「普通ではない」人ばかり。

店長の村上君、これもなんだか不思議な人物で、結構な読書家らしく、いつのまにか相田が小説家だということをかぎつけている。

病院のカフェにふさわしそうで、仲の良さそうな夫婦が入ってきた。しばらくして突然、奥さん・朝子が旦那にソイラテをぶちまける。両親の介護に疲れていた朝子は、両親が亡くなったあと、さらに旦那が潰瘍性大腸炎になったことで、「人の世話で自分の人生が費やされていくことに耐えられない」と、旦那に離縁状を書く。

最後はクリスマスのミラクルプレゼントで、暖かく終わるのだが・・・・。

「病人は残酷だ」という言葉が残っている。がん患者のパートナーもそんな想いをすることがあるに違いない。

病気はその当人が向き合うべきもの。介護する人は結局、「あなたの病にのまれないように、巻き込まれないように」することが大切。「院内カフェ」のように、治療に関わるわけでもないが、お客が患者でも健常人でも同じサービスをする。病む人がいつでも入れるように病院に寄り添ってはいるが、病院とは独立している。そんな存在で良い。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 日比谷公園「3・10原発ゼロ大行動」日比谷公園「3・10原発ゼロ大行動」 今日の日比谷公園は、突然空の一部が黄色くなり、冷たい風が舞い上がった。寒冷前線の通過で煙霧現象が起きたと気象庁が発表している。黄砂かとも思ったが一瞬の間に空が激変したから「煙霧」 […]
  • 糖質制限ブームとクローズアップ現代+糖質制限ブームとクローズアップ現代+ 昨夜のクローズアップ現代+、糖質制限ブームの話題でした。糖質制限食で体調を崩して救急車で運ばれたとか、将来隠れメタボになるとかのアンチ糖質制限食の番組構成でした。 登場した男性 […]
  • 命の軽さ命の軽さ ALS(筋萎縮性側索硬化症)の京都の女性に依頼されて殺害したという二人の医師 この事件に関連して、安楽死だとか尊厳死だとか議論が盛んですけども、どうもそのような話で […]
  • お昼はミシュランの蕎麦屋「しながわ 翁」お昼はミシュランの蕎麦屋「しながわ 翁」 今日は、入院中の病院から徒歩5分にある、2017年のミシュランガイドに紹介されたという名店「しながわ […]
  • ファシズムは笑顔でやってくるファシズムは笑顔でやってくる ショスタコーヴィチの交響曲第7番『レニングラード』を聴いている。バーンスタイン指揮のシカゴ交響楽団の名演奏。世界一パワフルなオーケストラといわれるシカゴ交響楽団の第1楽章は、消え […]
  • 光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画 光免疫療法 (NIR-PIT)について。米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 […]
  • SVN-2B単独投与の第1相臨床試験SVN-2B単独投与の第1相臨床試験 DP2 Merrill F4.0 1/100秒 […]
  • がんの名医は疑ってかかれがんの名医は疑ってかかれ   日帰りで三春の滝桜に行ってきました。霧が出て幻想的でした。取りあえずの一枚。あとは次回に。 『週刊朝日』5月2日号の記事には衝撃を受けた。千葉県 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です