今日の一冊(10) 『院内カフェ』

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

このところ、膵癌の方で亡くなったり再発したりが多いような感じです。気が滅入ります。膵癌って本当にやっかいな病気ですね。今夜あたり、ペルセウス座流星群がペピークだというから、流れ星にお願いでもしようかな。

最近の大病院では、院内にコンビニもあればカフェもある。がん研では有楽町にある「東京會舘」がレストランを出している。一昔前の「あるだけましだろ」とでも言いたげな「売店」とは様変わりしている。

院内カフェは、病院でもないし普通のカフェでもないという少し中途半端な異空間。そうした院内カフェを舞台にした中島たい子の書き下ろし小説『院内カフェ』。

主人公の相田○○は間りん子というペンネームを持つ売れない小説家。土日だけこの院内カフェでアルバイトをしている。

うるめいわしのような目をした”ウルメ”は「ここのコーヒーは・・・うん、カラダにいい。ビョーインだから。ここのコーヒーはカラダにいい・・・」と、いつも本日のコーヒーしか注文しない。どうやら精神科的な既往歴がありそう。袖まくりの毛深い腕をカウンターにどんと置いたレジデントは、「カプチーノ、M。ショット追加」である。こいつは”ゲジデント”。みんな「普通ではない」人ばかり。

店長の村上君、これもなんだか不思議な人物で、結構な読書家らしく、いつのまにか相田が小説家だということをかぎつけている。

病院のカフェにふさわしそうで、仲の良さそうな夫婦が入ってきた。しばらくして突然、奥さん・朝子が旦那にソイラテをぶちまける。両親の介護に疲れていた朝子は、両親が亡くなったあと、さらに旦那が潰瘍性大腸炎になったことで、「人の世話で自分の人生が費やされていくことに耐えられない」と、旦那に離縁状を書く。

最後はクリスマスのミラクルプレゼントで、暖かく終わるのだが・・・・。

「病人は残酷だ」という言葉が残っている。がん患者のパートナーもそんな想いをすることがあるに違いない。

病気はその当人が向き合うべきもの。介護する人は結局、「あなたの病にのまれないように、巻き込まれないように」することが大切。「院内カフェ」のように、治療に関わるわけでもないが、お客が患者でも健常人でも同じサービスをする。病む人がいつでも入れるように病院に寄り添ってはいるが、病院とは独立している。そんな存在で良い。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です