スポンサーリンク

新しいがん治療

東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」

東京新聞 8月12日付

CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。

CAR-T療法:血液がんには有効だが、固形がんには適用できない。

光免疫療法:頭頸部がんで第3相試験が始まっている。膵臓がんはいつになるのか。10年後かなぁ。マウス実験では転移したがんにも効果があった。

ウイルス療法:こちらも転移がんに効果が期待できそうだが、第一三共製薬が本年度中に脳腫瘍の一種「膠芽腫」で製造販売承認の申請をする予定。

がんゲノム医療だの、新しい治療法が次々に出てくるが、実際の臨床で使えるようになるには10年という歳月がかかる。承認を得やすい癌腫で治験を進めざるを得ない事情は分かるし、楽天のような意気込みがあっても、ある程度の時間は必要なんだろうなぁ。

膵臓がんを対象とした臨床試験でも始まれば、少しは希望が見えてくるのだろうが。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 久しぶりの散歩写真久しぶりの散歩写真 足のしびれや腰の痛みがなくなったのですが、梅雨の時期であまり散歩写真が撮れていません。 久しぶりにGR3を持って散歩写真です。 気持ちよさげに […]
  • 『がんの統合医療』(3) 統合医療に関する誤解の第一は「統合医療=補完代替医療」とする考えである。統合医療は現在の通常医療の範囲を超えた考えや実践を包括しているが、通常の医療を一方的に拒否するものでも […]
  • 今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか?今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか? 昨日は、大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」が多摩川の河川敷で行われるはずでしたが 台風の影響による激しい雨が予想されたので中止となりました。花火を撮影するべく […]
  • 複々線化、完成です。複々線化、完成です。 今日は整形外科で脊柱管狭窄症の術後のチェックです。 「お変わりはありませんか」という先生に、 「おかげさまで間欠跛行は全くなくなりました。長い距離を歩いても足 […]
  • 「ゆらぎ」を認めてこそ、個別化医療が成り立つ「ゆらぎ」を認めてこそ、個別化医療が成り立つ 医学は科学です。しかし、医学の対象とする人体は複雑系の代表であり、その行動は「非線形」に振る舞う。 したがって、医学を学問として捉えた場合、その方法論は「非線形」でなくてはなら […]
  • 知の巨人 立花隆 逝く知の巨人 立花隆 逝く 立花隆さんが4月に亡くなっていたことをご家族が公表してニュースになっています。 前立腺がんも経験した立花さんは、糖尿病や高血圧もあり入退院を繰り返してきましたが、大学病院 […]
  • 福井地裁の判決文がすごい!福井地裁の判決文がすごい! 大飯原発の運転差し止め命じた福井地裁の判決文。要旨だけ読んだが、論理明快、すばらしい名判断。感動ものですね。 「金(経済)よりも命(人格権)でしょ」と言ってるわけ。20mSv […]
  • 原発再稼働と電力需給原発再稼働と電力需給 「一定の安全が確認されたから、再稼働させる」と言いますが、これも東大話法でしょう。”一定の”というのもよく使われる欺瞞的であいまいな言葉です。”一定の”の中身がわからない。どうや […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です