スポンサーリンク

新しいがん治療

LINEで送る
Pocket

東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」

東京新聞 8月12日付

CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。

CAR-T療法:血液がんには有効だが、固形がんには適用できない。

光免疫療法:頭頸部がんで第3相試験が始まっている。膵臓がんはいつになるのか。10年後かなぁ。マウス実験では転移したがんにも効果があった。

ウイルス療法:こちらも転移がんに効果が期待できそうだが、第一三共製薬が本年度中に脳腫瘍の一種「膠芽腫」で製造販売承認の申請をする予定。

がんゲノム医療だの、新しい治療法が次々に出てくるが、実際の臨床で使えるようになるには10年という歳月がかかる。承認を得やすい癌腫で治験を進めざるを得ない事情は分かるし、楽天のような意気込みがあっても、ある程度の時間は必要なんだろうなぁ。

膵臓がんを対象とした臨床試験でも始まれば、少しは希望が見えてくるのだろうが。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • ヤクルト菌はNK細胞を活性化し、免疫力を高めるヤクルト菌はNK細胞を活性化し、免疫力を高める ヤクルト菌(学名:Lactobacillus casei Shirota […]
  • 膵臓がんの粒子線治療膵臓がんの粒子線治療 他にも巨大な肝細胞癌や肺癌、局所進行膵癌で粒子線治療が標準治療成績を上回る可能性を示す事は出来たが、粒子線治療施設で治療方法に違いがある事などからエビデンスが高いデータとは言えな […]
  • 肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする 玄関先にスノーフレーク(鈴蘭水仙)が咲きました。pivoさんからこの花の名前を教えていただきました。 体格指数(BMI)の値が35を超える肥満者は、リンパ節 […]
  • がんを再発させないためには、バランスのとれた食事をがんを再発させないためには、バランスのとれた食事を がんの治療中において、もっとも大切な栄養目標は、十分なカロリーを取り、がんと闘うことのできる体力をつけることです。 また、治療からの回復期には、十分なカロリーと、適量の多くの栄 […]
  • 癌治療学会:膵がん治療の概観癌治療学会:膵がん治療の概観 切除不能膵癌の二次治療として、オニバイドが6年ぶりに承認され、膵臓がんの予後改善に期待されます。 コロナ禍のなか、第58回日本癌治療学会がハイブリッドで10月に開催 […]
  • 今日の一冊(99)『QOLって何だろう』今日の一冊(99)『QOLって何だろう』 抗がん剤の効果がなくなって、次に使える薬もないとき、否応なく「自分の人生観」や「価値観」、「いのちとは何か」を考え、これからどのように生きるのか、あるいはどのようにして「死」を迎 […]
  • 微小カプセルで膵がん治療 東大チーム、マウス実験微小カプセルで膵がん治療 東大チーム、マウス実験 ナノキャリアを利用したドラッグデリバリシステム(DDS)で、膵臓がんのマウスの70日後の生存率が100%という驚くような成績の記事が各社に載っています。膵臓(すいぞう)がんの細胞 […]
  • 気になる本『奇跡のシェフ』気になる本『奇跡のシェフ』 上毛新聞で紹介されていたこの本、気になりますね。クラウドファンディング「ハレブタイ」で目標の30万円を大きく上回る138万円を集めて出版にこぎ着けています。自費出版でなく、庶民の […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です