新しいがん治療

東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」

東京新聞 8月12日付

CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。

CAR-T療法:血液がんには有効だが、固形がんには適用できない。

光免疫療法:頭頸部がんで第3相試験が始まっている。膵臓がんはいつになるのか。10年後かなぁ。マウス実験では転移したがんにも効果があった。

ウイルス療法:こちらも転移がんに効果が期待できそうだが、第一三共製薬が本年度中に脳腫瘍の一種「膠芽腫」で製造販売承認の申請をする予定。

がんゲノム医療だの、新しい治療法が次々に出てくるが、実際の臨床で使えるようになるには10年という歳月がかかる。承認を得やすい癌腫で治験を進めざるを得ない事情は分かるし、楽天のような意気込みがあっても、ある程度の時間は必要なんだろうなぁ。

膵臓がんを対象とした臨床試験でも始まれば、少しは希望が見えてくるのだろうが。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す