「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


金魚さんの記事をシェアします。

めずらしく金魚さんの時事問題の投稿ですね。
看護師としての仕事の実体験から述べた、原爆や京アニの全身火傷をした被害者への共感は、リアリティに富んだものとなっています。シェアします。

原爆という凶器は
一瞬にして若い人も親も子も
吹き飛ばしただけではなく
たくさんの人に全身熱傷を負わせた
多くの人が熱さと痛みに水辺に向かい
ある人は亡くなり
ある人は生き延びるために
激しい苦痛を伴う治療と
瘢痕による後遺症に立ち向かい
そのうえ被爆という長きにわたる
苦しみを味わった
それはモノクロの写真や
資料館に残されたもの達からも伝わるだろう

こうした戦争被害者へのリアリティを見ることのない者が、威勢よく戦争を叫んでいる。
平和は闘いとるものだと、最近はつくづく感じます。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

次の記事

新しいがん治療