「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


7/7『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2024年7月7日(日) 14:00~16:00(開場:13:45)
【会 場】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円
【対 象】膵臓がん患者とその家族、ご遺族
【定 員】60名
【内 容】
   第1部 「臨床現場における膵臓がん治療~患者・家族に知っておいて欲しいこと~」
    東京都立荏原病院 外科 藤田 泉先生
   第2部 患者・家族の交流会
申込締切は7月4日(木)19:00です。

詳しくはオフィシャルサイトで

がん遺伝子パネル検査:膵臓がんで使える薬剤

リキッドバイオプシーが膵臓がん患者にも使えることになり、いよいよがん遺伝子検査を元にした治療が身近になってきました。

膵臓がん患者では、手術できる例が少なく、腫瘍組織を獲得するのが困難のために、がん遺伝子検査へのハードルは高くなっていました。

膵臓がんに使える薬剤は4種類に

現在、遺伝子検査の結果、膵臓がんで使える薬剤は4種類です。

  • チェックポイント阻害剤ペンブロリズマブ(商品名 キートルーダ):MSIーH/TMBーH 患者。がん免疫療法に使用されるヒト化モノクローナル抗体であり、PD-1阻害薬の一つである
  • TRK融合遺伝子阻害薬エントレクチニブ(商品名 ロズリートレク)
  • BRCA遺伝子阻害剤オラパリブ(商品名 リムパーザ):BRCA遺伝子変異陽性患者
  • ラロトレクチニブ(商品名 ビトラクビ ):TRK融合を有するがん患者を対象


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です