スポンサーリンク

「ゆらぎ」を認めてこそ、個別化医療が成り立つ

複雑系(complex system)の「系」とは、自分たちが眺めている群全体を指しています。医療の分野でいえば、循環器系、神経系、免疫系などがあります。

そして、あまりにも多くの要因が影響を与えながら、系全体の行動に作用することで、一つ一つをとれば決定論的な説明ができるにも関わらず、系全体としては予測のつかない、混沌とした状態に見える行動を起こす系を「複雑系」と言います。

私たちの目に見える世界の全て複雑系であり、複雑系科学の対象であるといっても過言ではありません。

もちろん生命体そのものが複雑系であることは明らかです。したがって当然、医学も複雑系科学でなければならないはずです。

医学や医療に絶対的な正解は存在しないし、医療行為にも「ゆらき」が必要なことは、現場の臨床医なら自然にわかっている基本的な概念です。

医療の基本は、患者に適切な情報を与えることと、システムの行動に最も影響を与えると思われるパラメータを操作して、患者自身の「自然治癒力」を手助けすることでしょう。

簡単な切り傷であれ、がんであれ、最終的には、患者自身の組織が元通りに戻る力を発揮しない限り、病気は治らないのです。複雑系においては、特殊な形態が、ある条件下で自然に形作られていくことが知られており、それを「自己組織化」と呼んでいます。これも複雑系科学が明らかにした自然界の基本的な仕組みです。

近代科学が見つけた複雑系の行動様式とその扱い方は、医療に関わる人々の中では、太古の昔から理解されていたことなのです。それは全て現場の経験則から見出され、尊重されてきた人間の叡智の結晶です。

しかし近年、医療の世界におけるマニュアル化が進み、この複雑系を基礎とした医療の根本原則に反した現象が顕著になっているのではないでしょうか。

医学は科学です。しかし、医学の対象とする人体は複雑系の代表であり、その行動は、原因と結果が1対1にならないで「非線形」に振る舞う。

したがって、医学を学問として捉えた場合、その方法論は「非線形」でなくてはならないはずです。

しかし、物理学でさえも「非線形」の扱いが始まったばかりなのに、その高次な応用科学である医学が、非線形の方法論を取り入れることは、ほどんど不可能でしょう。

その反面、医療は太古の昔から経験則に基づいた複雑系として扱われており、医療は元々非線形なのであり、医療の中に「ゆらぎ」を認めてこそ成り立ってきたのです。それが「さじ加減」と呼ばれ、そうした行為を太古から「医療」と呼び習わしてきただけのことなのです。

ガイドラインには平均値が記載されており、平均値から標準偏差の3倍までは許容範囲であることを条件にして、それぞれの患者にとって必要なことを考え実行するのが、こんにちEBMと呼ばれる医療行為でしょう。

しかし、標準偏差の3倍から外れた患者に対しては、EBMもガイドラインも、何も教えてくれません。近年の医療のマニュアル化が進み、医療についても、医学の方法論と同じように、原因と結果が1対1に対応するのだという、決定論的な傾向が横行しているといわざるを得ません。

21世紀の医療が「個別化医療」となるためには、「さじ加減」が、医療における重要な法則となるはずである。

マニュアル化した医療は、「P値」にすべてを委ね、握られてしまっている。

 


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(159) 「がんは裏切る細胞である」今日の一冊(159) 「がんは裏切る細胞である」 ■「がんは進化のプロセスそのものである」。無軌道に見えていたがん細胞のふるまいも、進化という観点から見れば理に適っている。がんの根絶をしゃにむに目指すのではない、がん細 […]
  • 道元の「生死」観とマインドフルネス マインドフルネスの原理 マインドフルネスは、禅を中心に、広大な仏教体系の中でその基本的原理を忘れることなく医療に応用されたものと言えます。 マインドフルネスの考案者 […]
  • 死を前にして人は何を思うのだろう?死を前にして人は何を思うのだろう? 転移したがんの多くは標準治療では治らない。抗がん剤治療も、生活の質(QOL)の維持と延命効果を期待して投与される。しかし、中には例外的に治癒あるいはがんとの共存が長く続く患者が […]
  • 人生は借用証 返済期限が来たら返せば良いだけ人生は借用証 返済期限が来たら返せば良いだけ この身体は借り物。借用書には「必ず返すべし」とは書かれているが、「いつ返せ」とは書かれていない。返す期限は誰にも分からない。身体もがんも「複雑系」だから、原理的に「未来は予測でき […]
  • 今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』 死はやってくる 「死は受入れられない」。 釈迦が説く生老病死から人間は決して免れることができないのだから、たとえ悟りをひらいた名僧、高僧だって死は恐怖であるは […]
  • ペンローズの量子脳理論ペンローズの量子脳理論 今年のノーベル物理学賞は、ブラックホールの研究に貢献のあったロジャーペンローズ氏ら3人に与えられました。 日本のマスコミでは、事前に騒がれた中村祐輔先生をはじめとして、日本 […]
  • 良寛のこんな詩がいい良寛のこんな詩がいい 寝る前、まどろんでいると、 ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。 騰々(とうとう) 天真に任す 嚢中(のうちゅう) 三升の米 炉辺 一束の薪 誰か問わん […]
  • がんが治るのは、その人が恐れを手放したとき『がんが自然に治る生き方』がんが治るのは、その人が恐れを手放したとき『がんが自然に治る生き方』 劇的な寛解の経験者が実践していた九つの項目のうち、身体に関わることがたった二つ(食事を変える、ハーブやサプリメントを使う)しかなかったことです。残りの七つは、感情や精神にかかわる […]

コメントを残す