今日の一冊(23)『がんに負けるな!』

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

がんに負けるな!免疫力を上げるポジティブ生活術

がんに負けるな!免疫力を上げるポジティブ生活術

林家 木久扇/吉野 槇一
1,100円(10/24 20:59時点)
発売日: 2015/07/01
Amazonの情報を掲載しています

落語家の林家木久扇師匠と日本医科大学名誉教授の吉野槇一氏の共著。といっても林家師匠は冒頭の対談の部分に登場するだけで、吉野教授の「脳内リセット」の話がメインのテーマです。

林家木久扇師匠は、2014年に喉頭がんであることを告白してテレビ番組『笑点』を降板しました。リウマチの専門医である吉野教授は、2008年に肝臓がんになり、3度の再発を乗り越えて、今でも現役で活躍されている方です。

ストレスがあると免疫力が低下する。ストレスをコントロールするためには「脳内リセット」という防御術が有効である、ということを多くの実験を通じて説明されています。

吉野医師は、がんの効果的な治療を行うためには3本の柱があるといいます。

  1. 信頼のできる主治医を持つ。がん専門医とかかりつけの家庭医を
  2. 現代医学による治療をきちんと受けること
  3. 患者ががんという病気と治療法を良く理解し、前向きな気持ちで日常生活を送る

3.のためには、積極的にストレスを解消すること。特に精神的ストレスを取り除き、「頭の中を真っ白な状態にする」=「脳内リセット」ことが効果的だと主張します。

  • 楽しい笑い
  • 泣くこと
  • 深い眠り
  • 没頭すること

により、「脳内リセット」のボタンが押され、神経系・内分泌系・免疫系のバランスが正常になり(ホメオスタシス)、全身の自然治癒力が高まり、少々の精神的ストレスにも強い身体になります。

これを証明するために、日本医科大学附属病院の大講堂に落語の寄席のような舞台を作り、関節リウマチの患者26人、対照群として健康な人たい31人を集め、出囃子も本格的に、前座の林家久蔵さん、続いて林家木久扇師匠の落語が披露されます。寄席の前後に血液検査をして、落語を聞く前と後での、β-エンドルフィン、アドレナリン、ドーパミン、コルチゾール、CD4/CD8比、インターロイキン-6などの数値を比較したのです。

わずか1時間の落語を聞いただけで、患者さん達の炎症を憎悪させるインターロイキン-6が著しく減少し、β-エンドルフィン値が増加、ノルアドレナリン値とドーパミン値が減少したのでした。

こうした実験を3回行い、同様の結果が得られて海外の著名な医学専門雑誌に掲載されました。

楽しく笑っているときに、こうした効果が出るのは、頭が空っぽになっているからではないか、ならば寝ているとき、なにかに没頭しているときも頭が空っぽの状態だから、同じような効果があるだろうとの予測で、全身麻酔状態の患者に同じ実験をしました。

ま、そういう実験の詳細な結果と、「脳内リセット」によって精神的ストレスを小さくすれば、免疫系が活発になり、がんと闘う力が強くなる、という主旨を説明されています。

私も「我が意を得たり」の思いです。治療は専門家に任せるとして、がん患者にできることは、免疫力を上げて自分の自然治癒力を高めることだけです。そのためのもっとも大きな要素は、「心の有り様」「ストレスを溜めない」「ストレスに強い精神力」です。

これらを育てるには、瞑想や座禅、イメージ療法、音楽療法なども有効でしょう。

自分の手術後の生活をふりかえってみても、膵臓がんのことで頭がいっぱいということはなかったですね。まず当時は膵臓がんに関する情報がほとんどなかったので、それを調べてブログに書くことで忙しかった(没頭していた)。睡眠も十分取れていました。メラトニンを服用していたおかげかもしれません。泣くようなことはなかったけど、インターネット落語もよく聞きました。趣味の写真やチェロ演奏にも没頭していましたね。サイモントン療法や瞑想も毎日のようにやりました。おかげで免疫細胞も全力を出してくれたのでしょう。そう思っています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • おいしい(我流)お茶の淹れ方おいしい(我流)お茶の淹れ方 お茶ミルで挽いたお茶があまりにおいしいので、一日に5、6杯は飲んでいます。抗がん作用があるかどうかはあまり気にせず、楽しくうっとりとしながら飲んでいますが、よりおいしく作るための […]
  • タルセバは膵癌に承認すべきだったのか?タルセバは膵癌に承認すべきだったのか? 中外製薬によるタルセバの説明会が7月8日にあったようです。高橋洋一郎統括マネジャーがタルセバの適正使用について講演し、「国内フェーズ2試験では重大な副作用の間質性肺炎の発現率が8 […]
  • 「お粥試し」が熊本地震を予知?「お粥試し」が熊本地震を予知? 佐賀県みやき町にある千栗八幡宮の「お粥試し」は、神亀元年(724年)に、壬生春成が始めたと伝えられており、1200年以上の歴史をもつ、日本三大粥祭りの一つに数えられるお祭りだそう […]
  • 世界初、がん患者のせん妄ガイドライン世界初、がん患者のせん妄ガイドライン 世界初のがん患者を対象としたせん妄ガイドライン 日本サイコオンコロジー学会が編集出版した「がん患者における せん妄ガイドライン […]
  • YouTube第三作目YouTube第三作目 しばらくはYouTube向けの画像編集の学習をやっています。 動画を作成するのは結構時間がかかりますね。ま、いまは初心者ですから、いずれはコット効率良くなるでしょう。 さて、術後 […]
  • 行者蕎麦「梅庵」と奈良井宿行者蕎麦「梅庵」と奈良井宿 高遠は高遠蕎麦で有名だが、天保年間、高遠城の殿様(保科正之)は、辛くて、甘いまろ味がある大根と焼味噌で作る"からつゆ"で食す「行者そば」が大好物だった。その行者そばを食ってみよう […]
  • 膵臓がんとビタミンD膵臓がんとビタミンD 昨年のMedエッジに『「暴れる膵臓がん」ビタミンDの刺激で治める』という記事がありました。 元になった論文は、2014年9月25日号の有力科学誌セル誌に掲載された「ビタミン […]
  • のんびりと 今年の正月は、雑煮を食って糖質ゼロの酒を飲み、昨年中に「ツンドク」に加わった本のいくつかを読み、それに飽きたらチェロを弾き、また本を読みの繰り返し。テレビはほとんど見ずにパソコン […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です